2014年の個展に着た着物ー1

*1月23日(木)初日、晴れ

なんだかんだ言って個展をやるのも9回目になるのだけど、
今回は午前中に搬入で、午後から開催という運び。
洋服で行って着替えるのも面倒なので、着物に伊達締めを締め、
その上からウールの上っ張りを着て展示作業を終えたあと、
帯だけ会場の奥で締めて仕度を整えた。

f0229926_14225218.jpg


初日でもあるので、自分勝手に『雨滴』とよぶ江戸小紋に
やや淡い焦茶色地に松皮菱に花紋の袋帯。
(写真はやや赤みがあるけど実際にはもっとローアンバーな色目)
小物は白いちりめんに灰色とび絞りの帯揚げと、
道明さんの黄色い冠組という組み合わせにした。

私事ながら、この日は昨年暮れに亡くなった親父どのの
四十九日と重なってしまったので、気は心、
せめて色目は抑えておこうか・・・とまあ、こんな組み合わせになった。
お客様にはさぞや地味に映ったことだろうと思う。

f0229926_14294385.jpg


*1月24日(金)二日目、晴れ

この日は喪明けである。
なのでちょっぴりだけ目出度い気分で・・・と、
前の晩にしつけ糸をとったばかりの藍染めの紬に袖を通したものの、
個展がはじまる数日前に喉を腫らしていたのがいったん治まっていたのに、
これまで溜まった疲れがこの日の朝になってドーッ!と出てしまった。

ヘロヘロしながら着替えて出かけようとしたが、ふとリビングにある
「電気ストーブのコンセントを抜いていこう」と思ったのが運のツキ。
勢いよくリビングに戻ろうとしたその直後、
「ビリリッ!」と布の裂ける音でハッとした!

あわてて右脇の袖つけを見ると5センチほど破れてしまっているではないか?!
ガチョ〜〜〜〜ン!!おのれ、おのれっ、このドアノブめがっ!!

f0229926_1682992.jpg

・・・と怒髪で天を突いている場合ではない。
何もかも放り出して泣きたいところを「落ち着け、落ち着け」となだめながら
針箱を出してきて、取り急ぎ木綿糸で前の袖つけだけ縫いとめて
(焦ると針穴に糸が通らないんだ〜これが)
あとは「青山ゑり華」さんのスタッフさんにおまかせであった。

f0229926_14524635.jpg

それでも洗い張りして仕立て直した紬はふんわ〜りと柔らかくて
着ていてとても心地よかった。
合わせた帯は、冬になったらよく締めるポップな鶴の染め帯。
帯揚げは20年くらい前に先斗町生まれの大ねえさんからいただいた
ゑり萬さんの白ちりめん地とび絞りに、
(・・・って、今ごろ着たもののメモが出てきて、よく見たら
あ、帯揚げ、違ったー!草色のちりめん帯揚げにしたんだった!?)
帯締めも雪のイメージで白を合わせるのが私好み ♪

いやあ〜しかし体調が優れないと、ホント神経がまわらない。
その上にそそっかしさが加わると、もうお手上げである。
無惨な袖つけの破れもさいわい表地に裂けはなさそうで、
着物のトラブルも心配ご無用!な会場だったのがさいわい。
翌日すぐに「青山ゑり華」さんからお直しに出してもらい、この件はひとまず落着。
・・・ホッとした。

***************************************

おまけ:初日にいらしてくださったお客様の個性的な着物姿。

f0229926_1516252.jpg

偶然にお二人とも黒系縞着物に、この帯合わせ!
それぞれお好きな布を帯に仕立てて・・・♬
Commented by 神奈川絵美 at 2014-01-31 23:35 x
こんにちは! お加減はいかがですか。
私が伺った日は喪明けだったのですね…すきっと透明感あるグレー地の帯に白の帯締めがまぶしかったです。
黒系の縞にレトロ感覚の帯をきゅっと…小粋でいいですね!

下の記事も拝読しました。私、一月の着物の色、やっぱり好きだなあ。。。
Commented by sakurako_h at 2014-02-01 00:20
私、グリーンの紬って書いてた。スンマセン〜(汗)

2日めはいろいろと波乱の幕開けだったんですねぇ。
ドアノブめには私もいつもヒヤヒヤです。
同様のことが起こりそうで何とか踏みとどまるの繰り返し。
いつかやっちゃいそう(゚Д゚;)

そして、まさかの2ショット〜
嬉し恥ずかしでありまする(〃▽〃)
Commented by 香子 at 2014-02-01 01:02 x
ありゃりゃ、大変でしたねえ (@_@;;
ゆっくり休まれて飲み会には体調万全で。
Tomokoさんのすべてのお着物、ナマで拝見したかったです☆
Commented by セージグリーン at 2014-02-01 09:24 x
地色を含めて、「雨滴」のお着物、好みです。
お父上へのお気持ち、ちゃんと託されていたのですね、、、。
ご一緒した日にお召しだった藍の紬、ご自分でも「愛!」と仰るように
(*^_^*)とってもよくお似合いでした。楽しいポップな柄でも、控え目な色目なら、ずっとお召しになれそうです。袖が修復できたとのこと、生地が傷まなくて何よりでした。
お客さまのマダムお二人も、個性的なおみ帯ですね。着物を普段に着こなしたいと思っている方々のお手本になりそうです。
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-01 11:00
絵美さん
先日はお忙しい中をありがとうございました。
期間中あの朝が一番不調でしたが、なんとかキープできて会期が終わり
いまは喉も治って、夕方などに少しだけ咳が出るくらいでしょうか。
後半は二日間ほど半幅帯姿で会場につめていましたが
自分でもよく保ったなと思います。(苦笑)
マダムお二人はお互い見知らぬ方同士でしたが、互いの装いを見て意気投合なさっていらしたようです。趣味趣向が洋装よりもくっきり出るところも着物の面白さですよね。
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-01 11:04
sakurakoさん
紬の記述、いえ、どうぞおかまいなく〜。なんら問題ありませんから。
いやあ〜しかしドアノブめ!には本当にヒヤヒヤさせられますよね〜。
衣食住、と一口に云いますけど、
日本家屋の引き戸は着物と相性もいいんだなってよく分かりますた〜。
お二人の個性的な後ろ姿、キマってましたえ♬
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-01 11:06
香子さん
はい、二日目にどひゃどひゃな洗礼を受けましてございます。
って、ドジはいろいろやっていますけど
体調があれではダブルでしんどい思いをしました。
快癒のあかつきにはぜひ♬
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-01 11:10
セージグリーンさん
思えば私の着物や帯は「おばあちゃんになってもなるべくこれ着たい、締めたい」っていう基準がベースにあって(全部が全部とはいいませんが)手に入れたときよりも、いまようやく似合うようになったものがいろいろ出てきました。
マダムお二人の装いもそうですけど、家庭着でもなくおおよそゆきでもなく、フツーに外出時に着物、もっと着ていただきたいものです。
Commented by sachiko at 2014-02-02 10:17 x
おはようございます♪

お加減いかがですか・・・
毎日のお着物拝見するの楽しみにしていました
いずれもtomokoさんこだわりセレクト
可愛い鶴さんが並んでいましたね〜
ドアノブ事件 やはりみなさま時間が押せ押せの時 注意ですね
私は以前コートを・・・

6日間お着物お召しになり 準備&お手入れ
楽しいけれど お疲れ様でした

次のお目もじ ドレス(お着物)コード は な〜んでしょ(*^^*)
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-02 14:57
sachikoさ〜ん
個展最終日からまた咳喘息がぶり返していたのですが、
無理せずに過ごして少しずつ回復しています。
ドアノブ事件簿、調査してみれば、みなさまそれぞれに名を連ねていらっしゃるようですね(笑)。私も今後は気をつけねばデス。
少し仕事も着物備忘録もまだ四日分ありますので、
おいおいアップしていきますね。
>次のお目もじ ドレス(お着物)コード は な〜んでしょ(*^^*)
さて、な〜んでしょ〜? ^_^ )
Commented by 横浜南 at 2014-02-10 01:22 x
後姿の私、素敵な方とご一緒のお写真、ありがとうございます。後向いてますが、ちゃんと笑顔で撮っていただきました:) 出かけるときに着ていく選択肢に「洋服」と「着物」があるのが理想。着物は、気持ちが元気になって嬉しくなるので大好き。
ドアノブは、何回あの「ビリッ!」という音を耳にしたことか・・・気をつけましょう。焦るとやります。
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-10 14:56
横浜南さん
恐れ入ります、断りを入れる機会を逸して、
勝手に掲載させていただきました〜 f^_^; )
この帯にもみなさん釘付けになられたようですよ。
>出かけるときに着ていく選択肢に「洋服」と「着物」があるのが理想
はい、ホントにそうですね。(って、私の洋服はジーンズが基本の普段着ばかりですが)
ドアノブ、ですねえ〜。はい。焦らないよう気をつけたいものです。
日本家屋の引き戸と着物の袖は、ごく自然に理にかなっていたんだなあ〜って、そんな余計な事まで考えてしまいました。
by team-osubachi2 | 2014-01-31 18:03 | 着物のこと | Comments(12)