人馬一体となって・・・(午の年に)

2014年があけた。
横浜のはずれの丘の上は、恒例の横浜港に停泊中の
船からの汽笛の音でしずかに新年を迎えた。
今年は馬の年、甲午(きのえうま)の年だ。
これからいったいどんな一年間になるだろう?

f0229926_15291195.jpg

7〜8年ほど前のことだったか、
新宿のパークハイアット東京の「ニューヨーク・バー」へ
ご招待していただいたことがあった。
予約まで少し時間があったので、バーの階下のちいさな図書室へ寄り、
(少数ながら、さすがにセンスのいい本ばかり置いてあって)
書棚の鍵をあけてもらい、たまたまタイトルが目について
手にとった一冊を開いて見てみたら、たちまちその写真集の虜になってしまった。

『AFGHANISTAN - The Land that Was -』
 by Roland and Sabrina Michaud

f0229926_1529387.jpg


アフガニスタンには「ズブカシ」という有名な馬追いがある。
テレビでしか見たことがないけれど、
人馬一体となって子羊の躯を奪い合う競技は勇壮で、
遊牧の民の血がさぞや騒ぐに違いない。

f0229926_15324962.jpg

戦火に焼かれる前のアフガニスタン。
撮影されたのは、かの蛮行以前だから、バーミヤーンの仏像も
地元の人びとの向こうにちゃんと写っている。

雪の山岳地帯は一見して険しいというよりも、
むしろ非情なほどに厳しいと云った方がよさそうな景色だ。
でも、その厳しいままの自然が・・・とても美しい!
もしもこの目で見れたなら、言葉を失ってしまうかもしれない。

行ってみたかったな、そんな時代のアフガニスタンに・・・。
Commented by sogno-3080 at 2014-01-01 06:49
美しい写真ですね。
「馬追い」のシーン、見ている私も血が騒ぐ感じ
です。写真でこんなに感動するのだから、実際は
どれほどのものだろうかと、想いを馳せています。
Tomokoさんのブログにはいつも新しい世界を教えて
頂いており、とても感謝しています。
この写真の様に、今年も強く逞しく美しく、共に駆け抜けましょう!(私、途中で息切れするかもしれませんが・・)
Commented by team-osubachi2 at 2014-01-01 15:54
sognoさん
この写真集、アフガニスタンの自然や風土と人が写ってる大型本なんですけども、あんまり良いのでタイトルと出版社をメモしておいて、翌年にネットで探して買っちゃいました。
たまたまですがこの年、元新聞社にいらしたおじさん方からアフガニスタンへ2週間ほど行かないかと誘われたんですが、いかんせん資金がなくて泣く泣く諦めましたが、高峰秀子さんと松山善三さんが旅した当時のアフガンのバーミヤーンは、日本から仏さんを観にじいじ・ばあば達が観光バスに乗って来ていたと何かで読んだことがあって、やっぱり戦争以前のアフガニスタンへ行ってみたかったなあ〜って思いました。

>今年も強く逞しく美しく、共に駆け抜けましょう!
はい!時おりは下馬して馬にも休息をあたえつつ走り抜けたいと思います〜(笑)。
by team-osubachi2 | 2014-01-01 00:44 | これが好き | Comments(2)