『和服女性』十ニ月の展示@ゑり華

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

青山・骨董通りわきにある「青山ゑり華」さんで、
思いつくままに描いたいろんな着物姿の人物画を
今年一年の間、月替わりで展示させていただいています。

今月は・・・あわわ、すっかり遅れてしまいましたが、
先月から気にかけていた樋口一葉さんをテーマにしてみました。
ムツカシイのは覚悟の上、勉強だ、勉強!と取りかかったまではよかったものの
最初に描いたものは見事に3枚とも失敗。
あらためて描き直そうとした矢先に父の訃報で実家へ帰省し中断。
丘の上に戻ってようよう描きあげるも月すでに半ばになってしまいました。(汗)

それでもこれで一年間描き続けてきた『和服女性』に
ひとまず区切りをつけることができました。やれやれといったところです。

****************************************

そもそも樋口一葉さんを気に留めるようになったキッカケは
秋口にNHKBSプレミアムのアーカイブスで放送していた
ドキュメンタリードラマ『恋する一葉』を見たからでした。

同じ20代前半でも、現代女性と一葉さんとでは、
時代も社会も精神もまるで違うワケですが、
今どき女子の視点で辿る一葉さんの肖像、なかなか興味深く拝見しました。

私自身、学生のころに触れた一葉さんの文章は相当にチンプンカンプンでしたが、
お芝居や古典芸能で昔の文語調に慣れたせいでしょうか、
この年齢になってようやく読めるようになったのでした。

ーーー我れはひとの世に 痛苦と失望とをなぐさめんために
生まれ来つる詩の神の子なり
おごれる者をおさえ なやめる者をすくうべきは わがつとめなり
されば四六時中 いづれのときか打ちやすみつつあらんや
我が血をもりし此ふくろの破れざる限り 我れはこの美を残すべく
しかしてこの世ほろびざる限り わが詩は人のいのちとなりぬべきなりーーー

読めば胸が痛くなるほどのこんな強い決意を
若い一葉さんが持っていたとは番組を見るまで知りませんでした。
あの貧苦の暮らしの中で、この誇り高い意志が
どれほど筆を持つ支えになったのだろう・・・と想像しています。

(*B4サイズでうちではスキャンできずに写真で掲載)

f0229926_230385.jpg


一葉さんが書き残したものを全部読んだワケではありませんが、
ちょうど師走を舞台にしたお話がふたつあったので、
今月はそのお話からシーンを選んで描いてみました。

ひとつは『わかれ道』。
仕事(仕立)屋のお京と、姉弟のように親しくしている傘張り職人の吉三。
和裁で一本立ちして食べているお京も、明日の大晦日には
新しい人生を歩むべく長屋を越していくのですが、
明治という時代に一人ぽっちで生きてゆかねばならない二人を
そっとスケッチしたような人情話でした。

f0229926_2305415.jpg


そしてよく知られた『大つごもり』。
貧しい奉公人のお峯が、大晦日(大つごもり)に切羽詰まって
辛抱しぬいている奉公先で起こす出来事が描かれていますが、
今回あらためて作品を読んでみて、いったい樋口一葉という人は
どれほどの世間の苦労や辛酸を舐めもし眺めもして、
こういうお話や言葉が書けたのかしら?・・・と想像していたら
読むこちらまで心臓がキュウ〜となってしまいました。

f0229926_23282528.jpg


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

写真画像もスキャニングもあまりよくなくてすいません。
もしもお近くにいらっしゃることがありましたら、
ぜひ「ゑり華」さんの店頭で、額絵としてご覧いただけましたらさいわいです。

青山ゑり華(水曜定休)
http://www.erihana.co.jp

****************************************

*お知らせです。
年明けのことになりますが、来年1月23日(木)〜28日(火)まで
今年一年間「青山ゑり華」さんで展示していただいた絵を
全部一同に集めて展示(及び販売)会を開きます。

f0229926_23353325.jpg   
designed by
Sakurako Hamamori

f0229926_23363953.jpg

また会期が近づきましたら、あらためてお知らせをさせていただきますので
この機会に、みなさまにご高覧いただけましたら嬉しく思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

岡田知子
Commented by 香子 at 2013-12-18 01:46 x
先日、歌舞伎の帰りにえり華さんに寄ったら早じまいの日でした (>_<)
Tomokoさんのカレンダーが欲しかったのですが、
来年の個展に合わせて伺うことにしようかな〜♪
てか、案内ハガキ出来上がったんですね (^-^)b
かわいい〜☆
Commented by team-osubachi2 at 2013-12-18 08:55
香子さん
あらら〜?!それはそれは申し訳ないことでした。
(って私のお店ではありませんが・・・)
年明けでもまだカレンダーは多少残っていると思いますが
もしもまたお時間がありましたらお寄りください。
もちろん、個展にまたゆっくりと足をお運びいただけましたら
嬉しく思いますです〜。(そのころには平日組ですかね?)
DM、かわゆく仕上げていただきましたん♪嬉しい。
なんだか残り日数、慌ただしいですよね。県人会はぜひ新年会で?!
Commented at 2013-12-18 10:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-12-18 10:26
鍵コメントさん
メッセージ、もろもろありがとうございます♪
世のみなさま同様に、
私もひとつ大人になるための経験をさせていただきました。
別件については、また後ほどメールさせていただきますネ〜。
Commented by 風子 at 2013-12-18 21:15 x
個展 開催 おめでとうございます。
私はお正月一週間くらい上京してしまうので、また行く、と
いうわけにはいかず 残念ですう~~~~~!

ご盛会をお祈りしています。
Commented by team-osubachi2 at 2013-12-19 09:29
風子さん
お気遣いいただき、どうもありがとうございます。
今回はタイミングが合いませんですが、ほんと、いつか見ていただける機会があることを祈っています〜。
って、それまで自分の技量ももちっとあげていかないと、って思いますです。励みまする〜!
Commented by sakurako_h at 2013-12-20 11:36
DMのデザインをさせていただいて、ありがとうございました。
今年はえり華さんには一度しか伺えませんでしたので、
個展は本当に楽しみです♪
新年会もぜひぜひ!!!
Commented by team-osubachi2 at 2013-12-20 15:05
sakurakoさん
この度は大変お世話になりました!
おかげさまでかわいいDMが出来上がってなんか自分でワクワクしています。笑
って、これまでの個展と違ってもう描きあがってるからプレッシャーがないだけ気が楽なのかもですが。ははは。
ま、あとは展示のための作業をもくもくとやるだけであります。
会場でお会いするのを楽しみにしています。新年会は、さて、どこにいたしませうね?
by team-osubachi2 | 2013-12-17 13:27 | 時代もの画 | Comments(8)