福浦の海の絵日記

あわわ・・・もう今日から師走だ!?
いろんな事に取り紛れていたらあっという間に
今年も終わってしまいそうだ。
(頭の中はあれも出来てないこれも出来てない、そんなのばっか)

そのくせ、今年はじめたダイビングについては
身投げ状態で資本を投入した分だけ元を取らずにおくべきや、で一所懸命。
昨日は二ヶ月半ぶりに海に入った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*11月30日(土)ピーカン晴れ〜♪

この日は、ダイビング歴16年になる相方が
15年ぶりにドライスーツを新調したので、
彼のドライスーツ実習(復習)につきあって
私はの〜んびりファン(お遊び)ダイブ。

場所は真鶴半島のつけ根、福浦っていう漁港のわきのポイント。
↓湾の向こう側にちいさく見えるのは湯河原と熱海。
こんなところで潜れるなんて、前は考えてみたこともなかったなあ。

f0229926_23363645.jpg

お天気も朝からピーカン、風がない凪で波もおだやかなダイビング日和。
ここは最大水深14mくらいしかないらしくて
釣り客も船も潜るエリアには来ないから安心して潜れるところみたい。
↓ココから入水(エントリー)・出水(エキジット)するんだって。

f0229926_12364363.jpg

山の紅葉も海際までおりてきてた。
ここまできて、お山の紅葉は終了するんだね。

この日の水温は17度。
スーツの下はヒートテックだの登山用の防寒着など重ね着して潜るから
最初に海に入るときだけ顔がヒヤッとするけどあとは快適だった。
相方は一本目はみっちり新しいドライスーツの使い方を練習して
その間私は見学しながら自分も復習気分で二ヶ月半ぶりの慣らしダイビング。

私はまだ写真が撮れるような技量ではないから
「あ、そうだ!」と思いついて、様子を絵日記にすることにした。

f0229926_12395154.jpg


f0229926_23405567.jpg


(*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます)

海底の砂地に着くと、ダイバーに慣れてるのか
ベラだのトラギスだの「砂地でエサを食べるのかな?」っていう魚が
ひょろひょろり〜と近づいてきて、
私たちが砂をちょっと巻き上げるのを待ってたりするんだけど、
そうやって魚の方から近づいてきてくれると
「ひゃ〜嬉しい!」って思っちゃう。

f0229926_12443885.jpg2センチくらいのミツボシクロスズメダイの子供
photo by S.Y.

f0229926_12435550.jpgでんでろれんな
ウツボ

f0229926_12452219.jpgちびっこいトゲチョウチョウウオもいたけど、越冬できるかなあ〜?

f0229926_12454829.jpgおなじみの
クマノミは
気が強いんだって

海流に流されてきたのか、南洋の魚もチラホラ。
福浦には名物のイソギンチャク畑(?)もあって
透明度はイマイチ悪くても、私には十分愉しいダイビングだった。

二本潜って90分ちょっと。たっぷりとダイビングを楽しんで
お昼は漁港のところにある「さかな食堂」で遅めのランチ。
私はイシダイとメアジの刺身定食。
コリコリとした歯ごたえのあるお刺身の新鮮さや
揚げたてサクサクのアジフライもついてきて美味しかった〜ん♬

f0229926_23425054.jpg

ダイビングショップの近くにいたおとなしくてのんきな猫。
なでさせてくれてありがとね。
食堂の兄ちゃんが魚を捌いてる間、
まな板の横でじーーーっと待ってた。
港にいる猫たちを見るのも私のひそかな愉しみのひとつ。

f0229926_233928100.jpg

まだまだビギナーの私。この真鶴と伊豆の海と仲良くなりながら
もっともっと潜りが上手になりたいな〜。

それにしても、私がこの間腰のトラブルでキャンセルした
ディープ1とボート1の実習はまた次回に持ち越し。
・・・はて、いったいいつになるのやら?ってカンジ。
Commented by sogno-3080 at 2013-12-01 15:47
うわーん、楽しそう~!!

絵日記が面白い!じっくり見させて頂きました。
ドライスーツが興味津々。
海の中ってこんななのね~
刺身定食、生唾ゴクリ、美味しそうですね。
Commented by 朋百香 at 2013-12-01 21:33 x
tomokoさま
おおー、何と言う素晴らしいお天気。
海と空の青(碧?)が目にしみる〜。
海中のお魚も美しー&可愛いー。
でも食べるお魚はもっと美味しそ〜(涎)
こういう所で食べるお魚、新鮮なんでしょうねぇ。
まな板の横で待つ気持ち、分かります(笑)
クロスズメダイの背景は珊瑚の一種なんでしょうか?
面白い形ですね。
Commented by team-osubachi2 at 2013-12-01 22:17
sognoさん
なんか前回から間があいてしまったせいか、
前の晩早く寝たのに、真夜中に完全に気がたっちゃって困りました(笑)。いえ、嬉しさというよりももう緊張感いっぱいで。
心底「あ〜面白かった〜!」と思えるのは、いつも無事に潜れた後になってから。もちろんお魚との時間は嬉しいのですが・・・。ま、それだけビギナーなのですね。
刺身定食、もう抜群の美味しさでしたよ〜!!
Commented by team-osubachi2 at 2013-12-01 22:30
朋百香さん
同じ青空をきっと朋百香さんのお家からでも私の住まいのベランダからでも見られただろうと思うのですが、なんでしょうね、海や山で出会う青空って、なんだかもう、まるで違うなあ〜!って思います。
青空の下、ひろ〜い海原も太陽の光で青く輝いていて、箱根から丹沢の山並と後ろにそびえたつ白い富士山の眺めは本当に素晴らしく、行き来の時間もすこぶるいい気分になるのであります〜♪
あいにくと、透明度はインストラクターさん達にいわせると、例年11月にはこんな濁ってるはずはないんだそうですが、今年の秋からの台風と爆弾低気圧の数の多さははじめてだそうで・・・。アウトドアのスポーツやレジャーは(命がけですから)気象の変化にもより敏感になりますね。
クロスズメダイの後ろは、どうやらサンゴイソギンチャクっていう生物みたいです。ソフトコーラルもキレイでした。この世には本当にいろんな生命であふれているのを海からも教えてもらっているところです♪
Commented by 神奈川絵美 at 2013-12-03 22:14 x
こんにちは!
こうして美しい海の底の写真を見せていただくと、
私たちが生きている「世界」って、ほんの一部に過ぎないんだな
とつくづく思います。
自分の知っている世界を、世界のすべてと思っちゃいけないよね。
海の色もきれい~。
Commented by team-osubachi2 at 2013-12-04 01:33
絵美さん
街中で見る青空もキモチいいときがありますけど、海や山で見る青空はナゼか格別なものがありますね〜。
絵美さんご存知でしたか?インストラクターさんによれば、ダイバーで一番多い職業はドクターや看護師さん達なんですって。
ある看護師さんが言ってたそうですが、病院などではどうしても気といいますかエネルギーが吸い取られてしまうそうで(なんか分かる気がしますよね)、どこかで補充、エナジーチャージしたくなるそうです。そういえば、海も山も行った後は肉体的には疲れてても、なんだか胸のあたり満たされるような感じってありますよね。
私たちのちいさな世界も、このおおきな世界の一部には違いないですが、知らない世界って沢山あるもんだなあって地元の足元だけで感動させてもらっています。
by team-osubachi2 | 2013-12-01 10:31 | 海に潜る | Comments(6)