枯葉よ・・・枯葉よ

この秋は紅葉の進み具合が早くて色付きもいい気がする。
・・・って、でも、もしかしたら、地球温暖化以前は
これくらいのペースだったのかもしれないけど。

近くの公園のケヤキもモミジもサクラの木々の葉も
今年は綺麗に色を染め、いまさかんに葉を落としている。
その様子を見て、ああ、しまった、この秋も袖を通しそびれた
・・・と思う着物が一枚、脳裏をよぎる。

f0229926_15575849.jpg

能州紬という。生まれたときから朝に夕に眺めて育った私には
馴染み深い能登半島の産である。

ごわごわしてかたい紬のイメージとは異なり
やわらかく光沢のあるドレープができる明るい鳥の子色の地に、
舞い散る枯葉を「すくい」という手技で織り出してあるこの付下げ、
(胸元に柄がないってところがまたツボで・・・)
紬ながらも帯を変えて、お茶会だのパーティーだの、
ちょっとしたおよばれに幾度となく重宝に袖を通してきた。

f0229926_1684010.jpg


出会ったのは、私がまだ20代のころ。
エラい赤い “札つき” でお店にいたのを、私が見初めて
ちょっと頑張って引き取ることにした。

・・・そうだ、すっかり忘れていたけど、呉服屋さんで頑張って手に入れたんだった。
今ごろになって思うのは、当時も金欠でぴーぴー鳴いてたハズの自分に
いったいどうしてこんなものが買えたんだろう?ということだ。
不思議・・・。

f0229926_16154442.jpg

それにしても、ああ、この木の葉たち・・・!
魔法や忍法、はてまた狐や狸の通力でお札に化けたなら、
どんなにか好いのになあ〜。

いや、でも、化けものは結局元に戻ってしまうから使えないんだな。
・・・なんてね、ブツブツ・・・。

さあさあ、余計なことをボヤいてないで、
明日の糧にむかって精進、精進!!
Commented by cello87 at 2013-11-25 17:04 x
またうっとりするほど素敵な着物が出てきましたね。柔らかそうで 紬には見えませんが。
いつもため息つきながらtomokoさんの過去の記事を眺めてます。
Commented by 朋百香 at 2013-11-25 20:40 x
tomokoさま
なんかこう、一段トーンを落としたような色彩の
枯れ葉、いいなぁ〜。
明るい鳥の子色の地がまたいい感じ。
着るなら今!ですよね。
お腰の状態をみて、着てくださいましー。
Commented by sachiko at 2013-11-25 22:10 x
tomokoさま♪

なんとも微妙な枯葉の色目
烏の子色にすくい織りで舞い散る木の葉・・・
なんとも手の込んだ 澄んだ空気まで感じるお着物ですね~

絹物さわさわで気分転換しながら
お腰 養生なさってくださいませ

アッ・・・ でも 状態見ながら着るんだったら 「今!でしょ」
朋百香さんにおなじ~(^_-)-☆
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-25 23:05
cello87さん
私の着物はどうもお救いものばかりで、
かなり限られた予算でどうお気に入りを見つけるか
そんなコトにエネルギーを費やしてたかもしれないです。笑
でも買えるときに買っておいて良かったなって今頃になって実感。
着物って、息が長くて助かります。
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-25 23:15
朋百香さん
いやあ、コレ着て行こうと思ってたのでございます、歌舞伎座へ〜。。。
もうお席のまわり中の、ええべべの方々をながめながら、
自分も参戦したかったなあ〜と指くわえて見てました。笑
腰が回復したところで、また海にトライですから、
うん、年内はもうないかもですねえ。
ま、また来年に期待です。
Commented by 香子 at 2013-11-26 00:05 x
あぁ、ステキ♪ ため息が出ますね。
来年か再来年の紅葉の時季にぜひお目にかかりたいです (^-^)b
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-26 00:07
sachikoさん
あの頃は、思えば寿光織さんだとか、この絵羽の紬だとか、
着物にもいろいろな商品があった時代でしたでしょうか?
ご縁があって、そのうえ長く手元に置いておきたい着物って
そう沢山あるワケではないのですが、
もう少し着てあげられたらもっといいなあって思います。
木枯らしが吹く季節ならいいかな?と思いつつも
来月はまたクラシック好きの相方と
コンサートの予定がありますが、たぶん別物を着てゆくかもです〜。
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-26 00:11
香子さん
この着物と一緒に並んでいたもうひとつの「札つき」は
たしか瓢箪柄だったと思いましたが、
その方が枯葉よりも着られる期間が長かったかな?
ま、ご縁でこっちを貰い受けましてございます。
また来年ね。・・・あっちゅー間に来そうでコワイ(笑)
Commented by sogno at 2013-11-26 06:46 x
枯葉よ~♪ ってシャンソンが思い浮かぶような
素敵なお着物ではありませんか!
来年と言わず、今季着て欲しいなあ。

お札、なんて言われるとそんな風にも見えたりして
困るじゃありませんか(笑)私出来れば、福ちゃんの
方がいいなあ。↑クラシックコンサート、いいですね。
いいなあ
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-26 13:27
sognoさん
おかげさまで着物はもう着られるようになったのに、
残念ながら、いますぐ着てゆこうにも、着てゆくところがない〜(苦笑)。
なんか冬のお茶会とかないかなあ。
やるほど、お札よりもお福さん、ね〜。
うん、品もよくてご利益ありますわ、その方が。笑
コンサートは私が独身時代にいた町へ行きます。四年ぶりに元居たアパート、外からチラと眺めてこようかな、なんて思ってます〜♫
Commented by セージグリーン at 2013-11-26 14:35 x
ワントーン落とした何とも微妙なニュアンスの枯れ葉の風情、、、お若い頃にお求めになったとは言え、これから活躍しそうですね。
腰痛は適切な判断あって、快方に向かわれている由、ようございました。引き続きご自愛くださいね。
Commented by abe-mayu at 2013-11-26 15:09
秋が深まると濃い色を着たくなりますが
温かみのある白色もすてきですねぇ。澄んだ秋の空気のよう。
着物を見たら「白秋」という言葉を思い出しました。

確かに若いときの方がお金がないのに高い物を買っていた。
何とかなるもんですね。
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-26 19:41
セージグリーンさん
若い頃に老けても着られそうなものとの出会いばかり
狙っていました。おかげでまだ20年ほどいけそうです。(笑)
腰の具合はよくなりましたが、体質でしょうか、
かばった背中やお尻の筋肉なんかもちょっと硬くなってますが、
ま、おいおいにほぐしていくことにしましょう。
お気遣いありがとうございました。
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-26 19:44
abe-mayuさん
そうですよね、よそゆきにはこんな明るいのもアリでも
秋から冬場の年内にかけては、やっぱり
こっくりと深みのある色目に惹かれますですよね〜♬
白秋って、ああ、いい言葉の響き・・・。

>確かに若いときの方がお金がないのに高い物を買っていた。
何とかなるもんですね。
はい、まったくで(笑)。

by team-osubachi2 | 2013-11-25 16:40 | 着物のこと | Comments(14)