立冬をすぎて

この秋も、昨年同様残暑に気を取られているうちに
秋よりも先に冬が来た?!・・・というイメージが自分の中にある。
でも、考えてみたら、もう立冬を過ぎているのだから
この寒さはむしろ昔なみに普通なのかもしれない。
むしろ近年の暖冬に慣れてしまっていたのかな?とも思ったりする。

昨日の夕方、突然に時雨れて、その後いっそう寒さがキツくなった。
その雨を見ていて思い出した。
ずいぶん前の号だったけれど、銀座のタウン誌『銀座百点』の
おしまいの投稿俳句のページで、その月高橋睦郎さんが選んだ一句に

ーーー時雨るも京都は上ガル下ガル入ルーーー

というのがあって、読んだとたん、
むかし紅葉シーズンで混雑する京都の町なかを歩いていて
急に時雨れてきたので、あわてて喫茶店に入った記憶が蘇ってきたのだった。

はじめて紅葉の京都を観に行った四半世紀ほど前は
11月後半の連休中が見頃じゃなかったかな?(宿の予約が大変だったっけ)
京の町に住み暮らしていないから実のところはよくわからないけど・・・。



f0229926_18243817.jpg




いまや夏がのさばって、春と秋がちいさく短くなってしまった。
暦の上ではもう冬か・・・。この寒さは当然かも?


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
Commented by 朋百香 at 2013-11-12 21:26 x
tomokoさま
「いまや夏がのさばって、春と秋がちいさく短くなって
しまった」・・・私もそう思います。
今年は帯付きの良い時期が本当に短かったような。
もう羽織かコートがなくては、寒いですもの。
あの気持ちの良い春の宵、清々しい秋の空はだんだん
思い出になってしまうのでしょうか・・・?
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-12 23:26
朋百香さん
そうですよ、帯つきシーズン、短いなあ〜って思っちゃいますよねえ。
あと、若い時よりも冷えに敏感で耐性も弱くなりました。
数年前までは真冬は絹ものの羽織ものとショールでOKで、和装で毛織物のコート着たいなんて思ってもなかったんですけどねえ〜。冬場にウールの道中着が手放せなくなりました。
>気持ちの良い春の宵、清々しい秋の空はだんだん思い出に
もはや刹那的・・・ですねえ。ふうむ。
Commented by 香子 at 2013-11-12 23:42 x
昨年も秋が短かったですよね。
今日はホント冬…ひと月前に30度だったなんてウソみたいです。
先週から羽織も出しました。
この冬はあまり寒くならないと良いですねえ。
北国生まれですが寒いの苦手なんですよ (-_-;;
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-13 09:49
香子さん
>ひと月前に30度だったなんてウソみたい
まったくですよね。この間の日曜は真鶴の海に潜りに行く予定だったんですけど(東北の低気圧が強くて波に影響でキャンセルになっちゃいましたけど)いま時分は海の中で20度くらい。外気の方が断然寒いそうです。
着物はあったかい衣服とはいえ、やっぱり寒さは身にしみますですね〜。
Commented by 神奈川絵美 at 2013-11-15 22:42 x
ああ本当に…ちょっと前まで「暑くて着物、どうしよう!」だったのに、今は衿元と袖口が寒いこと。
紅葉の時期もなんだか慌ただしいですよね。今年はあまり色づきがよくないと聞いています。これも自然の営みの結果なら仕方ないけど、人間の犠牲になっていたら悲しいですね。
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-18 15:11
絵美さん
あれれ、昨日スマホからコメントをお返ししたつもりが、どこで消失したのやら?れ?未送信のままだったかもしれません。失礼しました。
紅葉、いよいよ色付いてきましたね。もろ暖冬だった年よりは
今年は寒暖の差が大きいのでまだマシかもしれませんね。
どこかお山のあたりへ紅葉を愛でに行きたいものです〜。
by team-osubachi2 | 2013-11-12 09:11 | らくがき帖 | Comments(6)