寿光織の無地は青磁色

明日は?年ぶりにお茶会におよばれ。
・・・何を着ようか、せっかくなのでやっぱり色無地かな?
あ、でもここ何年か虫干ししてなかったけど大丈夫かな?
着ようと心積もりしてから急に気になって、
箪笥から引っ張り出して広げてみた。

f0229926_9482329.jpg

30数年前、私にと誂えたサーモンピンクの江戸小紋が
いざ袖を通してみたらば、全く似合わないと知った私の母親はだいぶ失望したらしく
数年後、今度は無地紋付を誂えるにあたって十分用心した。

呉服関係の仕事をしていた親戚のおばちゃん絡みの展示会に足を運び、
そこで出会ったのが寿光織の白生地だった。
無地ながら留袖のように、裾にぐるりと四季の草花が波間に織り出してある。
母親はこの生地が気に入ったらしい。

f0229926_10115835.jpg

さて、次の問題は色である。どんな色にしたらいいのだろう?
すでにピンク系は似合わないのがハッキリしている。
一つ紋の紋付にするからには、色喪服としても通用するものにしたい。

親戚のおばちゃんはそんなうちの母親の話を聞き、
「マサちゃん、まかしとかっしゃい。こないだも一枚、
(どこだかの)娘さんの色無地、品の良いい〜い色に染めたん。
おんなしいが(同じ)に染めたげっちゃ。
まかしとかっしゃい、いいがにしたげっちゃ」
と肚を叩いて(?)請け負ってくれたそうな。

f0229926_12464798.jpg

とまあ、そんなこんなで仕立て上がってきた青磁色の絵羽無地は
母親も十分に納得がいく出来ばえで、
おかげで何十年も染め直す必要がない一生ものの一枚になった。
(ガード加工を施してあるのが、そそっかしい私には正解で・・・)

f0229926_1215564.jpg←実家の家紋。
丸に算木。硬いね。
でも好き!

さすがに誂えた当時の私にはまだ早いような色味だったけれど
20数年たった今もこれから先も、改まった場にはこれ一枚あれば十分かなと思う。
もう要らないね、色無地。(・・・って今の私にはとても買えないけど)

さ、明日の準備万端整えて、
久しぶりで味わう喫茶のひととき、存分に楽しませていただこう ♪
Commented by セージグリーン at 2013-11-01 12:48 x
青磁色で正解でしたね。1枚目の着物は色無地と言われますが、私も2,3回しか袖を通していません。賑やかな場面で活躍できて、お着物も喜ぶでしょう。
無地と呼ぶには躊躇するほどのふっくらとした織り柄がすばらしい、、、絵羽無地というのですね。ご親戚のおばさまの力作を晴れのお茶会でお目にしなって、何よりのご恩返しだと思います。
おみ帯も何ともおめでたい柄で、、、美味しいお茶を召し上がれますように!
Commented by straycat at 2013-11-01 13:33 x
わぁ、tomokoさん、とっても素敵ですね。
私も寿光織の色無地持っていますが、やはり母が誂えてくれたピンク、それもはんなり蛍光色が入っているかと思うような艶やかなピンクで、娘に「どう?」って訊いてみたのですが、「いやー・・」と言ったまま絶句されて・・。最近の若い人たちもシックですものね。
なので、染め変えようかなと思案していたのですが、青磁色いいですね~。うちのPCでは灰味がかった青というか緑に見えますが、中々伝えるのが難しい色でもありますね。
帯も、帆掛け船?お目出度くも、格調高い柄ですね。
Commented by ake at 2013-11-01 14:30 x
寿光さんですね。うれしく拝見しました。
ここさんのはほんとうに地模様が美しいので色無地とはいえ、訪問着に負けまへん。

京のお嬢さんがTomokoさんのようないい帯を締めて色無地でウチの娘の婚礼におこしになったのですが、美しくかっこうよかったと印象に残っております。

お茶会の記事をたのしみにしております。
Commented by 朋百香 at 2013-11-01 19:43 x
tomokoさま
わ〜、素敵! 青磁って好きな色の1つですー。
色無地ってお茶でもやってないと、着る機会も
少ないですよね。
そして地紋の素晴らしいこと。最近はこういうの
見なくなりましたよね、お母様のお見立て素晴らしい!
帯もtomokoさんのお好きな帆掛け船(宝舟?)で
なんとも言えない色使い。
ご一緒したかったのに、残念だわ〜。
Commented by 香子 at 2013-11-01 22:46 x
お下がりが数枚あるのに更に一枚追加しちゃいました@色無地
賑やかな柄が苦手なのでついついそちらに走っちゃうんですよね (^-^;;

上の方には柄が無いんですね。
地模様が訪問着調になっているんでしょうか?
オサレですねえ〜♪
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-01 23:11
セージグリーンさん
なにせこの色目ですから、私もなんだかんだ言ってほんの数回した袖を通しておりませんで、今回着るのを虫干し代わりに・・・(笑)。
お茶、楽しんできます。
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-01 23:16
straycatさん
寿光織にもいろんな織り模様があって、それこそバブル時代にはホントいろ〜んなのが出回っていましたよね。
ピンクは若い女子には一番肌映りがいいですもんねえ、残念ながら私の場合、優しいピンクはこの「男顔」が死んでしまうようでして(笑)。薄い色から補色のような薄い色に染め返すことが出来るかはわかりませんが、なにせ生地がいいですから、ぜひ染め直してお召しくださいませ♪
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-01 23:21
akeさん
akeさまも麗しいのをお持ちでいらっしゃいましたね。
>ここさんのはほんとうに地模様が美しいので色無地とはいえ、訪問着に負けまへん。
はい、私の一枚もたぶんそうだと思います〜(笑)。帯び合わせでいかようにも場をこなせそうな織りですもんね。私は着る機会もあまりないので、訪問着だとか付下げなどももう新しいのは要らない(ってゆーか買えない/笑)ので、この一枚を後生大事に着ることにしますわあ〜♪
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-01 23:25
朋百香さん
きっとこういう買い物自体が彼女のストレス解消にもなってたんだろうとは思うんですが(笑)、いやあ、しがない建具職人の女房ながら共働きでしたので、こーゆーの自分の稼ぎで誂えてくれたおふくろさんに感謝しなくちゃですね。
色無地シスターズ、またいい機会に恵まれますように!
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-01 23:34
香子さん
私も〜!もしも柔らかモンを自分で買えるとしたら、江戸小紋がいいなってくらい、もう柄々したものは要らないなって思います。
この無地、そうそう、上半身はまったくの無地で裾模様だけが絵羽になってます。私が自分で誂えた付下げやなんかも胸に柄がないのが気に入ってて、中途半端な胸の柄はいっそ無い方が好きですかねえ〜。
しかしハレ着、着る機会めっちゃくちゃ少ないィ〜〜!
Commented by sakurako_h at 2013-11-04 15:26
ウチの母もピンクを着せたがりました。何処も同じ(笑)
ここぞという時のお着物は、お母様が
ちゃんと揃えてくださってるんですね〜(羨)
親戚のおばさまの力強いお言葉、
イントネーション付きで拝読いたしました(^o^)
Commented by team-osubachi2 at 2013-11-04 23:37
sakurakoさん
ねえ、ピンクってそう誰でも似合うってワケじゃないですよねえ〜。(笑)
富山って、どういうんでしょう、娘が一人前になるまでにひと通り揃えるもんだっておふくろさんは云うんですが、そのせいで、留袖と振袖以外はもうぜ〜んぶこさえてくれたんですが、まあ、そう悪いラインナップではなかったようで、おかげでなんとか着られて助かっています。
>イントネーション付きで拝読いたしました
それが出来るのはやっぱり県人会ならではですね!笑
by team-osubachi2 | 2013-11-01 12:35 | 着物のこと | Comments(12)