Coming soon!

春先から手がけてきたお仕事が、ようやくカタチになりました ♬

f0229926_829928.jpg

Amazonでは9月28日に出る予定です(ただ今予約受付中)。
書店にまわるのは、10月に入っちゃうかもですが、
後日またあらためてお知らせさせていただきます。
Commented by 神奈川絵美 at 2013-09-20 23:29 x
出版おめでとうございます!認知症は親も自分も気になります。ぜひ、拝読したいと思います。AB判?ちょっと変わったサイズですね。
Commented by 香子 at 2013-09-21 00:02 x
お仕事上場おめでとうございます。
笑えないタイトルでございますよ。
Commented by sogno-3080 at 2013-09-21 06:28
よかったですね~
おめでとうございます!
なんだか身につまされる内容です。
Commented by team-osubachi2 at 2013-09-21 09:13
絵美さん
ありがとうございます。
これは藤川幸之助さんの詩集ですが、こちらの出版社から既刊の藤川さんの詩集はみんなこの寸法でそろえていらっしゃるみたいです。
よければぜひ読んでみてください〜!
Commented by team-osubachi2 at 2013-09-21 09:19
香子さん
ありがとうございます。
>笑えないタイトルでございますよ。
はい、他人事ではないのであります。が、心って経験を通してこうも昇華するものなんだなあ〜って思う詩集です。もしも機会がありましたらお目通しください。
Commented by team-osubachi2 at 2013-09-21 09:23
sognoさん
ありがとうございます〜。
詩というカタチではありますが、とってもリアルな場面場面が見てとれる詩集であります。でも、最後まで読み終えると深くて清々しくて明るいものが感じられます。sognoさんのお仕事柄もあるので、よかったらぜひ読んで感想をお聞きしたいです。
Commented by セージグリーン at 2013-09-21 14:58 x
おめでとうございます。規格から、浅はかにもまるで大人の絵本?と思いましたが、笑えないタイトルとは、、、身につまされます。
Tomokoさまならではの温かいイラストが、何を描き出しているのでしょう、楽しみです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-09-21 17:59
セージグリーンさん
いやいや、もしかしたら、これは本当の意味で大人の絵本みたいなものかもしれませんです、はい。
心と身体から生まれてくる言葉に、私の絵がはたしてどの程度寄り添えるものか自分ではわからないんですが、藤川さんの世界観の邪魔にだけはならないことを祈るばかり・・・です。(笑)
よろしければぜひご覧いただいて感想をお聞かせいただければ・・・と思います。
Commented by 朋百香 at 2013-09-22 06:37 x
tomokosさま
おめでとうございます! こうして仕事が形になった時の喜び、
達成感て何ともいえないですよね。本を前にやまちゃんと祝杯ですか?
ぜひぜひ読ませて頂きます。うちなんて高齢の夫がいますから、ほんと、人ごとじゃないです・・・。
Commented by team-osubachi2 at 2013-09-22 10:00
朋百香さん
ありがとうございます。
山ちゃんと祝杯こそ特にはあげなかったですけど(笑)、さっそく読んで丁寧な感想をくれました。
どんな介護も苦労や困難を伴うものではないかと思いますが、認知症の介護はなかなかに難しいものがあるのだろうなと思います(うちは父方祖母、母方祖父がそうでして)。うちも親がみんなまだおりますので、この先本当に他人事ではないのでありますが、この詩集を読んでいると、怖がらず一所懸命にやるしかないんだな、と感じ入るのであります。よかったらぜひ読んでみてください。
Commented by 櫻子 at 2013-09-23 11:34 x
おめでとうございます!
表紙の女性の表情が穏やかで、
優しい気持ちがたくさん詰まった本なんだろうなと思いました。
実際には優しさだけでは、なかなか辛いものがありますが。
義父が亡くなる前の数ヶ月間まだらボケになったんですけど、
それだけでも慣れぬことで対応に戸惑いました。
親達はすでに見送っておりますが、
年寄り夫婦には互いの介護が待っておりますので、
やはり他人事ではありません。。。
Commented by team-osubachi2 at 2013-09-23 15:07
櫻子さん
ありがとうございます。
親四人、お互い離れた暮らしですが、まだまだこれから見ていかねばの我が家です。でも、これから先子供はうんと減りますし、夫婦互いの老老介護は必須ですよね。
認知症や介護の問題。こればっかりは出たとこ勝負ですし(でも、情報は多少知っておいたほうがいいかもですけど)まあ、みんな明日は我が身。
どのみち、楽して年取って最期まで、な〜んてハナっからないと思いますもん。今を謳歌しておきませう!
by team-osubachi2 | 2013-09-20 08:31 | 仕事をする | Comments(12)