小格子の着物

その日の午後、カラッと干し上がった洗濯物を畳もうと思い、
テレビをつけたら、藤沢周平原作の『山桜』という映画が
ちょうど始まったところだった。

静かな映画だなあと思った。台詞も少なく、
ある小藩の出来事と、登場人物の心模様が無言のシーンで紡がれてゆく。

主人公・野江を演じていた田中麗奈さんの抑えの効いた芝居が案外に良く
手を動かしながらも、いつしか映画に見入っていた。

野江が家の中で着ていた着物のひとつに地味な小格子があった。
絣模様の着物も着ていたけれど、二度の不幸な結婚にも堪えて
自分の心を折るまいとする野江に
その小格子がことのほか似合っているように思えた。

映画のおしまいになって、野江は、自分がおおきく回り道をして
ようやく本来自分が居るべき場所を見つけたところで終わっている。

f0229926_0181080.jpg

先日、友だちが扱う古着物の中に一枚、まだ新しい小格子の単衣があり
羽織ってみたらば思いのほか似合ったので引き取ることにした。

10年前の私だったらまだ早かったかもしれない。
『山桜』の野江よりもずいぶん年齢がいっている自分は
彼女のような辛抱も経験していないし、そこまでの芯の強さはないが、
でも、私もまたずいぶん遠回りして
ようやく自分の居るべき場所に今いるという感じがしている。
心というものが自分の中でしっかり立っていないと
格子の着物は似合わないものかもしれない。

来月、この残暑も過ぎ、朝晩に涼風が立ち始めたら、
自分で手直ししたこぎん刺しの帯などをあわせて袖を通そうか・・・。
そろそろ秋が恋しくなってきた。
Commented by 香子 at 2013-08-24 00:57 x
ホント、秋の爽やかさが待たれますねえ。
いい感じの組み合わせです♪
あとひと月半くらいは待たないと…ですかね?
Commented by やま at 2013-08-24 10:30 x
居るべきところに、今、いる、ってすごい!
最高だ。
ともこさん、この格子のお着物、すごくお似合いだと思います。
Commented by 朋百香 at 2013-08-24 10:34 x
tomokoさま
藤沢周平さんのシリーズは好きで全部、見ました。
特に地方の下級武士の生活がよく描かれていて
当時にタイムスリップした感じでのめり込んで見て
ました(笑)  

小格子のきもの、いいですね〜。
格子や縞はやっぱり大好き。
このコーデで秋にはぜひ、また寄席にでも行きましょう
!   
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-24 16:13
香子さん
毎年夏の終わりに思うコトですが、
もういい加減、暑いのに飽きちゃいました( ;´Д`)
今年は早く来るといいですね、秋。
その前に、ダムのあるところに秋の長雨が来てほしいかもですが。
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-24 16:16
やまさん
映画を見てましたらね、ああ、そうだな、
自分は今ここに居てよかったなあ〜、と。。。
いろんな人さまのお導きのおかげさまでございますよ。感謝。
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-24 16:29
朋百香さん
個人的には、池波正太郎、吉川英治をよく読みましたが、藤沢周平も好いですよね。私はそう沢山は読んでないんですが、
ことに好きなのは「三屋清左衛門残日録」で、ドラマもDVD買っちゃったくらい大好きな作品です。
あと「用心棒日月抄」なんかもよく読みました。町人とはまた違う下級武士の結構しんどい暮らしぶり、心に沁みますですね。
また落語、ご一緒しませう!
Commented by 風子 at 2013-08-24 17:28 x
山桜 なんとはなしにTVをつけていて見ました。
いい映画でしたね。

↑ この一揃い いいなあ、、、
tomokoさんの選ばれるものは 私のツボにはまります。
といって自分に似合うわけではないのですが、、、。
まとわれているところを拝見したいものです。
その頃は 今の暑さを忘れてしまっていたいものです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-25 00:11
風子さん
はい、映画を見て、夏の午下がり、
暑さにしょうしょうへばり気味だったのが
すーっと気持ちが平らかになりました。

私も風子さんのお召し物の数々、ツボでございます。
>といって自分に似合うわけではないのですが、、、。
ご同様で(笑)。
Commented by 神奈川絵美 at 2013-08-25 13:10 x
こんにちは! 青色だけどもはや夏ではない、秋の空に稲穂の色を連想させる穏やかな小格子ですね。帯合わせがしやすそうで、長く付き合えるお着物との出合い、嬉しいものですね。

個人的には、若いころって何かと夢見がちだったり、無我夢中だったり、で、意外と「今、ここ」にいる自分を認められなかったりしてたなーなんて思います。
居るべき場所…は、自分が「今、ここ」にいる自分と向き合い、認めることができるようになったときにいた場所がそうなるのであり、実は探したり迷ったりして見つかる場所ではないのかも、なーんて思うことがあります。
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-25 16:28
絵美さん
今日は暑さもひと息、秋間近な心地。(もちろんまた残暑はぶり返すのでしょうけども・・・)秋単衣の青色は微妙なのがいいですよね。少し緑色に寄った青なので、秋の色味と馴染みそうです。嬉しいな。

「今、ここ」で自分自身と向きあい、自分を深く感じるというのは大切なことですよね。今ならそのコトバの意味がわかりますけども、でも、若かりし頃の私には意味がさっぱり分からなかっただろうな〜って(笑)。
世の中には、絵美さんが実感されているようなケースもたくさんあるのでしょうし、私は自分の経験のせいでしょうか、もしも「今、ここ」が本来の自分がいるべき場所でないと気づいたら、そこからやり直せばいい、若いうちはいくらでも間違ったり迷ったりすればいいと思う方です。
どちらにしても、自分の居るべき場所が簡単に分かるようなら人生こんな楽なことはありませんから、結局みんないろ〜んな苦労や辛いことを経験しながら悟っていくものかもしれないですねえ。
Commented by セージグリーン at 2013-08-25 19:56 x
鉄紺は実りの黄を帯びているせいか、秋に纏いたい色ですね。
おみ帯、帯締めのお色と、ご自分の個性をよくご存じの、さすがTomoko様ならではのセレクトです。

本来自分が居るべき場所を見つけた、、、若い頃から天職に就き、真っ直ぐに突き進んで成功する人を羨望の目で見つめることもありましたが、いや遠回りだからこそ、その時に感じる感慨も大きいのではないでしょうか?

Commented by sachiko at 2013-08-25 21:22 x
わぁ~♪ Tomokoさんカラーだわ(*^_^*)

こぎん刺繍の帯と秋色カラーの青がとっても素敵な組み合わせ
単衣の季節におめもじできますように・・・

いまだ悟れず これで良いかなぁ~ 元気にプラス思考で進めばおのずと道は開けるわ
とか・・・ いろいろなこと積み重さね 今の立ち位置? とか・・・
まだ何かチャレンジできそうな 発展途上と思っておりますぅ(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-26 09:05
セージグリーンさん
私もいよいよアラフィー世代に入って、自分の好みがはっきりしてきたものの、最近は、もしかしたら、似合うものの巾ってもう少し変化してきてもいい頃では?なんて思うこともあります。きっとまだまだ自分には可能性、余白部分があるわ!って感じで(笑)
自分なりの回り道を振り返ってみますと、馬鹿もいろいろやりましたが、ああ、ぜ〜んぶ無駄じゃないんだなあ〜と思えますね。
何ひとつ後悔することなんてないんです。その分だけ、反省は腐るほどありますが(苦笑)。
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-26 09:10
sachikoさ〜ん
なんだかんだ寒色着物ばかりが集まってしまいました。
でも、その分帯でいろんな色を楽しんでいます〜♪

sachikoさんの経験と想いから実感なさっていらっしゃることがいっぱいあっても、「まだ何かチャレンジできそうな 発展途上と思っておりますぅ(笑)」ってステキ!って思います。辿る道筋は違っても、いずれ私も後を追っかけて参ります〜!!
by team-osubachi2 | 2013-08-24 00:12 | 着物のこと | Comments(14)