ドラマ「かすてぃら」

この何年かは “昭和30年代” が流行りのようだ。
私自身はその年代に生まれてはいないので、
当時のことは知るハズもないのだけど、
見れば懐かしみを覚えるのはナゼだろう・・・?
もっとも、昭和40年代の富山の片田舎も
世の30年代とそうたいして変わらなかったとは思うけれど。

NHKBSプレミアムで放送中のドラマ「かすてぃら」。
原作はさだまさしさんの『かすてぃら 僕と親父の一番長い日』だって。
第2回目を何気に見て、面白くてハマってしまった。

f0229926_11273140.jpg

戦後日本が徐々に元気を取り戻しつつあっても、
モノは少なく、物価高なんて
いまどきの野菜の高騰どころの騒ぎじゃなかっただろうし、
どこの家でもお金がなくて(持ってる人はうんと持っていた時代?)
み〜んな貧しかったんだよねえ〜。

まあ、ドラマというのはどんなビンボー暮らしでも
そこはお約束で、ある程度は小綺麗な見せ方をするのだけど、
それでも、このドラマを見ていると、
ああ、貧乏な暮らしは辛抱のしどころ、苦しい、ツライ、哀しい、
そんなこんなしんどいことの連続だけど、
でも、お金がないのは、決して「不幸」ってコトじゃないんだなあ〜!
・・・と気付かされる。

お父さん役の遠藤憲一さん、以前の朝ドラよりこっちの方が断然いいネ。
西田尚美さんもハマってるし、また子役がいいんだ〜!
あ、そういえば、原作のさだまさしさん、若い頃の細面より
今のふっくらしてからの方が好い顔だなって思う。
ドラマの放送は明日と来週のあと2回。楽しみ〜♪

NHKBS プレミアムドラマ「かすてぃら」
http://www.nhk.or.jp/drama/castella/index.html
by team-osubachi2 | 2013-07-27 11:50 | 日々いろいろ | Comments(0)