京焼の帯留め

先日、京都で着物好きの方とお昼ご飯をいただいたあと、
一緒に寺町通りをそのまま四条からちょい上がって「ゑり正」さんへ寄った。

あれもこれも欲しくなるのをぐっと堪えて、
心三分ほどに商品のあれこれを眺めていたら、
「れ?・・・コレなあに?」と目にとまった陶製の帯留めがひとつ。

「それは『ふくろう』です」と売り子さん。
「なんや中国にあるものを京焼の職人さんが焼かはったものやそうで」
へえ〜、ふくろう?これが?

f0229926_10155651.jpg

でも、すぐに売り子さん、間違いに気がついた。
「あ、すいません!それ『こうもり』です〜」
あ、そう、こうもりかあ!

うん、ふくろうよかこうもりの方がより好きかも。
一割引だって言うし、ちょっと検討して京土産にいただいた。

帰宅して、相方にお土産を広げて見せた。
これ、こうもりだって〜!
見るなり相方が「向き、こうじゃない?」とひっくり返して言った。
ん?・・・あれ?

f0229926_10214182.jpg

あ〜!ホントだ、なあ〜んだ、こっちかあ。
たしかに、こっちがこうもりだわ。
実はお店では、これがこうもり?・・・ってちょっと思ってたんだ。

f0229926_10232067.jpg

って、な〜に見てたんだ?アタシ・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おまけ:四条通りにある柘植櫛などの小間物を売っている店先で
「アタイを連れて帰って〜!」と声がした(?)ような気がしたので、
ちいさな「ふくら雀」もいただいてきた。

f0229926_1037264.jpg

ワンコインでおつりがくる可愛らしさ。
なんかこういうの、好き ♪
Commented by 香子 at 2013-07-15 10:57 x
蝙蝠の意匠って結構好きです。
止まるときは逆さになるので、それでいいですね (^-^)b
ミドレンジャーとしては緑の具合も好物です(笑)
雀ちゃんも好き〜♪

この間「サイボーグ009」の最終回を見て、
ワタシはジェット(002)が好きだったなと思い出しました(笑)
でも「佐武と市捕物控」の方が萌えだったヲヤジ脳のワタシ(爆)
Commented by team-osubachi2 at 2013-07-15 16:21
香子さん
はい、自分が最初に見てたのが、逆さまになってはじめて顔が見えてきました。認識できてないまま買うなんてね、ははは。色の加減、陶製ってところもツボでした、コレ。(なぜか帯留め、彫金や金属類は性に合わなくて・・・)
相方に買った京大セットとほぼ同額を自分へのお土産に投入。うひ ♪

>「佐武と市捕物控」の方が萌えだったヲヤジ脳のワタシ(爆)
こちらも子供のときから時代劇を見せられて育ったせいか、作家は違えど、私も子供心にめちゃ萌えたのは「カムイ外伝」よ「木枯らし紋次郎」でした〜!って、暗っ?!(笑)
Commented by sachiko at 2013-07-15 23:37 x
可愛い蝙蝠・・・ 福を呼びますね(●^o^●)

以前 蝙蝠が飛び込んできて(3階に)
 捕まえるのに我が家の男性軍は腰が引けているので
 虫取り網で私が捕まえて窓の外へ

凄く早く飛び回るので 天井にぶら下がった時に捕まえました
昔から男前(笑)

Commented by セージグリーン at 2013-07-16 08:08 x
あぁ、これは殷の青銅器に描かれているような意匠に見えますね。
それでもこの色と形、、、愛らしいです。ふくら雀ちゃんも縁起がよいですね。
私は宮脇賣扇庵で、扇子を頂いてきました。いつか、細々と着物周りのお買い物をしたいです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-07-16 12:41
sachikoさん
ふふふ、武勇伝のおひとつですね!
sachikoさんの武勇伝を読んでいて、中学生の頃、うちの二階部屋にも蝙蝠が紛れ込んできたときの騒動を思い出しました。ホントに飛び回るの速いですよねえ〜!
うちは、入ってきた窓を全開にして、兄弟が箒の枝を振り回してるうちに出ていったような。。。?結末はおぼろな思い出になっちゃいましたが、皆して案外ビビってしまったのだけは鮮明に覚えています。
Commented by team-osubachi2 at 2013-07-16 12:55
セージグリーンさん
ああ、殷の時代の、ね、ありそうですねえ!陶肌の色あいもそのあたりを意識したのでせうか?
ふくら雀か飛ぶ雀、かまぼこ板で掘ろうかなと思いつつ、この根付を見つけたら、こっちもいいなあ、なんて思ってつい。(笑)
宮脇さん、ちょこっと頭をよぎりましたが、今回はパスでした。どんなお扇子お求めに?こと和モノになると、人さまの買い物も興味湧きますね〜。
Commented by cello87 at 2013-07-16 19:04 x
はじめまして。
再来年の娘の振り袖を着物の展示会に見に行き、すっかり着物にはまってしまいました。展示会も初めてですし、着物の単語もまだ英単語のほうがましな状態です。着物の本も5冊買い込みましたが 唯一参考になったのは 着物のブログを読む事です。の1文。ブログランキング1位の方からすぐたどり着きました。3日かけて読破し 何十年ぶりにノートまで作りました。娘の振り袖はさておき 結婚式以外の着物デビューを目指してます。色留3枚からの出発です。亡くなった義母の着物を20数年ぶりにひっぱりだし 衣干し中です。よろしくお願いします。 
Commented by team-osubachi2 at 2013-07-16 22:52
cello87さん
はじめまして。コメントをどうもありがとうございました。
お嬢さんのお振袖を見に行ったことから着物の世界にハマってしまわれたとのこと、人それぞれキッカケってさまざまですが、礼装はもちろんのこと、普段着もお召しいただくと、お洒落の巾がグンと広がって愉しくなりますよ〜♪ 絹は仕舞いっぱなしよりも着て風を通してこそ本領発揮しますので、どうぞこれからいろいろをお召しになってエンジョイなさってくださいませ。ようこそ!めくるめく着物世界へ ♪
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by simako at 2013-07-17 08:36 x
お礼申しあげたくてはじめてのコメントです。
はるか昔 大学で勉強よりも部活の能楽に夢中ですごした私です。
そして一昨年より仕舞 謡のお稽古を再開し日々ときめいています.
着物を再び着る事も多くなりました.
亡くなった祖母 母 伯母の着物が手元に集まり,染め変えやらリフォームに悩んでた時にこのブログで田崎染工さんを知りお世話になる事に.
丁寧に対応していただいて感謝しています.
また日々のブログも楽しみにさせていただいてます.
Commented by team-osubachi2 at 2013-07-17 14:32
simakoさん
はじめまして。嬉しいコメントをありがとうございました♪
仕舞、謡、お能の世界をまた愉しんでいらっしゃるとのこと、そしてお身内のお着物のことで田崎染工さんとのおつきあいもして下さったとのこと、何よりです。
仕事関係から田崎染工の田崎さんとお会いしたことがあり、その職人魂に信頼感を持ち、以来私もお世話になっていますが、つい先日、八掛けの替えが出来上がってきて、これでまた一枚気に入ったコーディネートが愉しめそうと喜んでいるところです。(夏のお手入れ、冬の洗い張りキャンペーンがことにありがたくて/笑)
どうぞ田崎染工さんともども、こちらへもまた覗きにいらしてください。これからもよろしくお願いいたします♪
Commented by 朋百香 at 2013-07-18 09:30 x
tomokoさま
おおー、さすが山ちゃん、こちら方向の方がコウモリと
容易に認識できますね〜。耳が可愛かったりして。
私もね、この色にハマってて持ってる帯留めが、
この色系が多くて・・・きっと好きなんですね(って、
今頃か・・・) 京都ってちょっとした小物やさんが、
カワイイですね。 行きたいな〜、もう何年行って
ないだろう?  
雀ちゃん、カワイー。
Commented by 神奈川絵美 at 2013-07-18 23:19 x
こんにちは! こういうちょい抽象的な形って飽きがこないし、ほかにも見立てられそうでいいですね。私にはエンゼルフィッシュや、青磁っぽい壺にも見えました。
指輪もそうなんですが、あえて逆向きにつけて、自分が上からみたときに正位置になる、という遊び方もあるそうです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-07-19 00:26
朋百香さん
自分は何をこうもりと見て買う気になったんだか?
ってカンジでした。いやはや。
朋百香さんはこの色味がお好きですか?
自分も好きですが、帯留めの箱を覗くと、決まりがないほどいろんな色があふれてしまっています。三分紐もいろいろ欲しくなっちゃいますね〜。
Commented by team-osubachi2 at 2013-07-19 00:29
絵美さん
>自分が上からみたときに正位置になる、という遊び方もあるそうです。
ああ〜。それ、なんかわかります。ペンダントトップから指輪に直したお気に入りの指輪があるんですが、ごくちいさなサンゴのバラの花の向き、自分に向けてつけちゃいますもんね♪
季節感がないこうもりの帯留め、なにか縁起のよさそうなときにつけましょうか。夕方からのお出かけにも使えそうです(笑)。
by team-osubachi2 | 2013-07-15 10:40 | 着物のこと | Comments(14)