『和服女性』六月の展示@ゑり華

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

青山・骨董通りわきにある「青山ゑり華」さんで、
思いつくままに描いたいろんな着物姿の人物画を
今年一年の間、月替わりで展示させていただいています。

今月は、物語やお話の“女主人公”をテーマにしてみました。

****************************************

20年ほど前、幸田文さんの『きもの』が出版されました。
すでに着物の世界にハマっていましたから、
紅い絹布張りの単行本を、それこそ夢中になって読んだものでした。

当時の東京下町の人びとの暮らしの中の着物の描写が興味深く、
着るものがこうも人の性分と深くつながるものかと思ったことと、
主人公るつ子のおばあさんの、るつ子への仕込み方がすこぶる良くて、
本を読みながら、このおばあさんの情も道理もある知恵に教えられることが
私自身とても多かったのでした。
今もときどき読みたくなる小説のひとつです。

お話の中で、女学校にあがったるつ子が
新しく木綿絣の単衣を誂えてもらう場面があります。
市松の紺絣にところどころ赤を配色してある着物・・・。
いったいどんな着物かしら?と、想像しながら描くのは愉しいです。


f0229926_15501985.jpg


「好きな女優は?」と訊かれたら、筆頭にあげるのが杉村春子さん。
もっぱら昔の映画でばかり観ていて、残念ながら舞台のほうは
最晩年の二舞台しか観ずに終わってしまったのですが(もったいないコトした〜)、
有吉佐和子さんが杉村さんのために書いたという舞台
『ふるあめりかに袖はぬらさじ』は以前テレビで見ました。

吉原から横浜の遊郭へ流れてきた主人公お園。
情もあって茶目っ気もあって、
御酒が過ぎてつい調子に乗り過ぎてしまうところもあって・・・。
舞台の最後の幕は、七月の雨の日。
それで今月のネタに描いてみたくなりました。

今年の年明けに、坂東玉三郎さんが演じていらっしゃるお園も
テレビで見ましたが(キャラとして美しすぎて・・・)、
私はやっぱり杉村さんの方が好ましく思ってしまいます。
それにしても、有吉佐和子さんはスゴイ!今もそう思う作家さんです。


f0229926_15504549.jpg


六月のテーマに何を描こうかなあ〜と思っていたら、
紫陽花の花から「オタクサ」を思い出したので、
シーボルトの日本人妻だったお滝さんのことを知りたくなりました。

吉村昭さんの『ふぉん・しいほるとの娘』は
最近買ったばかりでまだ読んでいないのですが、ざっと調べてみただけでも、
お滝さんの娘のお稲さんもまた、時代や世間や身の上の縛りがからんで
波瀾万丈な人生だったようです。

彼女らの実像は、私などには知るよしもありませんが、
彼女らが何を想い、どんな暮らしぶりだったのか興味が湧きます。
読書の方はこれからですが、吉村さんの視点で
これからゆっくりと追ってみたいと思います。


f0229926_1551899.jpg



*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

****************************************

スキャニングがあまりよくなくてすいません。
もしもお近くにいらっしゃることがありましたら、
ぜひ「ゑり華」さんの店頭で、額絵としてご覧いただけましたらさいわいです。

青山ゑり華
http://www.erihana.co.jp
Commented by 朋百香 at 2013-06-07 20:51 x
tomokoさま
おっしゃる通り、着るものは その人を表しますね。
現代の洋服は画一化して、カジュアル化して同じ
ようなものが多いですが、きものは特にその人らしさ
が際立つような気がします。小物や目立たないところ
にその人らしさが現れて・・・   そんなところが好き
なんだなぁ、きっと。
杉村春子さん、味のある女優さんでしたねぇ。
祖母もきもので生活していた人でしたが、どんな
きものを着ていたのか・・・覚えていません。
でも何か杉村春子さんとだぶるところがあります。
Commented by camelstraycat at 2013-06-07 23:22
tomokoさま♪
有吉佐和子さん、一時期夢中になって読んだ覚えがあります。
主人公は芯の強い、個性的な女性が多かったような。
一番好きなのは紀ノ川かなぁ。
川を下るお嫁入りの様子や、婚礼のシーンなど、有吉さんは着物がお好きなんだろうなと思わせるものがありますよね。
玉さまのお園は、確かに美しすぎ 笑。
ゑり華さんは、時々越南仕立てで、古い着物のお仕立てを頼んだりするんです。
tomokoさんの絵も見れるんだなと思いつつまだお邪魔していません。今度はいつ行けるかな。
Commented by team-osubachi2 at 2013-06-08 10:59
朋百香さん
朋百香さんのお若い頃のはもちろん知らないのですが、今の朋百香さんの凛々しく美しい着物姿(パーフェクトな着付け方から小物の合わせ方にいたるまで)はまさに朋百香さんらしさの現れだな〜って、いつも感心しながら拝見いたしておりまする〜♪
でも、たぶん自分もそうですが、似合うもの・好きなものの本質は変わらなくても、時とともに少しづつ変容するといいますか、許容する範囲が広がっていくところもあって、この先、自分の好みもどう変化していくのか愉しみでもあります。
子供のころ、ドラマに登場されていた杉村さんの品のある着物姿が印象的で、「この人はだあれ?」と思って見ていたのを思い出します。杉村さんの着物姿、いつだって袖のたもと・振りが中途半端に中折れしなくてと〜てもキレイなのです。仕立てなのか着方なのか、真似たい袖の美しさなのでした。
Commented by team-osubachi2 at 2013-06-08 11:14
straycatさん
有吉作品、全部は読んでいなくて、もっぱら時代物ばかり気に入ったのをくり返し読んでいるのですが、私は「芝桜」とその続編の「木瓜の花」がことに好きでよく読みました。「紀ノ川」は原作は読んではいませんが、司葉子さん主演の松竹の映画で見て、これも好きな映画の一本です。ご覧になったことありませんか?(お祖母の東山千栄子さんがまたいい味!!)司葉子さんのお嫁入りのときから晩年までの日本髪の移り変わり、それにあわせて着る物の変化(衣紋の抜き加減までも)、美術さんの仕事も素晴らしいのですが、昔の衣装さんと結髪さんの技術に感心して何度も見てしまうのでした。(余談ですが、テレビで再放送中の「おしん」の結髪さんのお仕事も素晴らしいです)「紀ノ川」も今度読んでみようかな。読書する時間をどう確保するかが課題ですけども〜(笑)。

まあ、えり華さん、ご利用でいらしたのですね。いまは月替りでせいぜい数点ずつの展示ですが、来年ぜんぶまとめて展示させていただく予定です。もしも機会があるときにでも見ていただけましたらさいわいです。
Commented by 香子 at 2013-06-08 21:49 x
拝見して参りました〜 (^-^)b
「女学生の絵、Tomokoさんに面影が似てますね」と
お店の方と意見が揃いました(笑)
他の作品もそれぞれ味わいがあり、よかったでした♪

「ふぉん・しいほるとの娘」を見ながら
「オランダおいね」って昼ドラがあったなあとつらつらと…。
今は昼の帯ドラマってないみたいですねえ。
Commented by team-osubachi2 at 2013-06-09 17:23
香子さん
わ〜、今月もお運びいただいてありがとうございます!感激でゴザイマス!
物語に出てくるるつ子の着物、想像ですが、私も似たような好みでして、つい自分を同化しちゃいます(笑)。
年がら年中見るのは自分の顔のせいでしょうか、描いた絵の顔って、描く人顔に似るコトが多いのでした。

オランダおいね、誰が主演でしたか?そういえば昼ドラ、聞かなくなりましたね。
Commented by 香子 at 2013-06-09 22:51 x
なんのなんの〜♪
ちょっと欲しい物もあったんでさぁ(笑)

オランダおいね、たしか丘みつ子さんだったと思います。
Tomokoさんはお若いから見てないかも〜 (^-^;;
Commented by team-osubachi2 at 2013-06-10 06:14
香子さん
へ〜、丘みつ子さん!見た記憶なしですが、昼ドラもけっこう時代物やったりしてたんですよねえ。名取裕子さんや樋口可南子さんなんかもたしか昼ドラの出身じゃなかったかな?いつの間にか昼ドラって話題にならなくなりましたね。
Commented at 2013-06-11 12:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-06-11 14:59
鍵コメントさん
近況のご報告、ありがとうございました〜♪女将さんに可愛がっていただいてるようで嬉しいデス。
そうでしたか!杉村センセのお稽古までもご覧になっていたとはさすがですねえ。沢村貞子さんも好きな女優さんのお一人です。エッセイもいいですよね〜。
東山千栄子さんの『桜の園』、以前テレビで見たんですよ、へええ〜でした。そのときの番組で聞いたのかなあ、昔の山の手の言葉で喋る人だったとか。築地小劇場時代に、杉村さんが東山さんとこへ借金をお願いに行き、おっとりと釘を差したエピソードとかも知って、面白いなって思ってました。草履のプレゼントのお話も面白いですね!杉村さんのおみ足、あの具合でいらっしゃったじゃないですか、すげ替えなどなさいましたかね?今度どぜう鍋つつきながら聞かせてくださいまし♪
晴れてCカード取得したあかつきには「***(鍵コメ)さんとどじょう行こう」ってうちの相方が申しておりました〜。明後日の海洋実習で終了予定なんですが、台風に邪魔されそうです〜。
by team-osubachi2 | 2013-06-07 13:04 | 時代もの画 | Comments(10)