里の海

日本海は冬場たいそうな荒波にさらされるので
自分の古里の海は、いまやすっかり護岸された海岸線。

数年前に、村はよりまわり波という強烈な高波に襲われて、
そのため海岸に出る堤防も二重になってしまった。

f0229926_105246100.jpg

テトラポットの向こうに浮かぶ沿岸漁の船が数艘。
堤防の上から、引退した漁師のじいちゃんが海を見晴らしている。
今日は穏やかな波。ヒバリもさかんに鳴いてるね。
振り返れば海の反対側には立山連峰。今年は残雪が多い。
日本海の海はこれから夏にかけて透明に澄んでいく・・・。
Commented at 2013-05-25 21:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-26 08:33
鍵コメントさん
この海も、私がまだ小学校にあがる前か後か、そのくらいまではまだ自然海岸でしたよね。地引き網、船小屋、船を出し入れさせる丸太、浜辺の植物など懐かしい景色です。が、いつの間にかテトラポットが入れられて、その上を飛びまわって遊ぶようになってました。今のテトラポットももはや当時のものではないみたいです。それだけ波が荒いんだなあ。風情はなくても、村のために護岸された海が私たちの古里なのですよねえ。海、すでに青く透明になって綺麗でした ♪
Commented by 櫻子 at 2013-05-26 11:21 x
ウチの方は漁港なので船がずらっと停泊していますが、
小さい時は泳いだような記憶があるので、
やはり今とはずいぶん違ったのでしょう。
振り返ると立山連峰なのには、いつも感動します♪
今年は秋に行こうかなぁ〜
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-26 19:51
櫻子さん
そちらの方はこちらの浜の漁港より大きい方ですもんね。どちらも水と魚が美味しいですよね!
あ、そういえば、うちの相方はまだ黒部峡谷へ行ったコトがないので、来年以降、機会があえばちょっとお休みとって黒部峡谷とトロッコ電車を体験させてあげたいなと思います〜。可能なら立山雄山山頂への登山もと思いますけどね、なかなか。
by team-osubachi2 | 2013-05-25 11:06 | 日々いろいろ | Comments(4)