クジラの帯留め

昨日はブログにイルカと泳ぎたいなあ〜っていう夢を書いた。
でも、海の生きもので好きなのは他にもいっぱいいてね。
ほんの1、2センチくらいの極小な魚たちから
大物はやっぱりジンベエザメやクジラまでいろいろ。

3年前の1月に慶良間諸島へホエールウォッチングに行って見た
ザトウクジラの背中の大きかったこと!
大小二頭ならんでいたのは、あれは親子だったのかなあ。
(見た直後に船酔いでヘロヘロってなっちゃったけど)

去年デパートで見つけた山野辺 彩さんの陶製の箸置き。
洋菓子の型を使って焼かれた陶絵に、
海で潮をふく白いクジラが描かれていたので思わず買ってしまった。
でもって、自分で金具をくっつけて帯留めにヘンシ〜ン!!

f0229926_8442522.jpg

今年になってリサイクル店で見つけた新古品の紗紬は
深い藍色の地に、白と水色の絣で水紋が織られていて、
探していたイメージにピッタリ〜!
(お値段もほんの数千円で、懐にもやさしいの〜♪ )

ホントなら、この夏にもすぐに袖を通したいところだけど、
ちょっと寸法直さないと・・・かな。
そうすると、この組み合わせで着るのは、
またまた来年以降になっちゃいそうだけど、ま、それはそれで。
帯留めだけ先にデビューさせても、
この組み合わせなら、おばあちゃんになっても着られそうだしネ。

f0229926_9112546.jpg←小物を替えて・・・

それにしても、私の箪笥には藍色の着物がいっぱい。
でも、水の色、海の色・・・。
もしもヘリコプターに乗って大海原を見下ろしたなら、
シロナガスクジラはこんな風に見えるかもしれないな〜って想う。
Commented by 朋百香 at 2013-05-21 10:18 x
tomokoさま
上の組み合わせ、いかにも海、いかにも夏!って感じで
これからの季節にピッタリですね。(来年の夏ですね。)
下は帯締めが焦げ茶になっただけで、初秋の感じ。
紗紬、いいお色ですね〜。柄も素敵。
私も藍色、大好きなのになぜか藍色のきものにまだご縁が
ありません。ほんと、この組み合わせならずーっと長く
着られそう。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-21 12:16
朋百香さん
ホントはね、流水模様の帯なんかがあるといいな〜って思ってたんですけど、しつけ糸ついたまんまの紗紬、思わず買っちゃいました♪ わりと小柄な寸法って、リサイクルでもさらに廉価なんです。(寸法は織り込んであるので出せそうです)それにしても・・・なんで着ないのかなあ〜お着物・・・。まあ、そのおかげで私とご縁が出来たワケですが(苦笑)。

>大好きなのになぜか藍色のきものにまだご縁がありません。
きっと今の朋百香さんのベクトルが白茶とかベージュに向いているからかもしれませんね。いつか矢印の向きが変わるかもですよ。そしたら、いいご縁があるといいですね。
Commented by straycat at 2013-05-21 21:59 x
あっ、本当だ。大海原を泳ぐ鯨に見えますね。
帯はシナ布ですか?
紗紬ってどんなものか知らないのですが、単衣の素材でしょうか?
私もお下がりは藍のものが多くて、どれも大好きなのですが、着ると同じような印象になってしまうのが難点です。
気に入った箸置きを帯留めにするのってグッドアイデアですね。
Commented by 神奈川絵美 at 2013-05-21 22:57 x
こんにちは! 着物もお手製の帯留めも素敵なのですが、私は帯に注目! こういう色の帯(できれば六寸)を、久米島に合わせたいと思っているのですよー。どちらでご縁があったのかしら、今度教えてくださーい。
Commented by りら at 2013-05-22 04:45 x
鯨帯留の台に見える部分は金具でしょうか?それとも元々の厚み?
その部分があるから箸置きだったようには見えません!
白っぽいドットがお着物の水紋にピッタリですね。
紗紬もよくお似合いになりそうで、本当に素敵!
良くぞ出会われた!そんな感じがします。
いつもTomokoさんのリサイクル店でのお買い物には唸らされますわぁ。
Commented by 櫻子 at 2013-05-22 14:57 x
コーディネートにストーリーがあってステキ♪
帯留かわいいですね〜
側面のジグザグ模様が上から見るとサイダーの王冠に見える(^o^)
Commented by abe-mayu at 2013-05-22 15:48
これから大汗をかく季節が始まりますね。
麻や絽の質感は見ていいる方も涼しげです。
夏の着物をさらりと着こなしてねー。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-22 17:45
straycatさん
大海原の鯨・・・一人悦に入る世界ですけど(笑)そういうの自分の中にあるといっそう愉しいですよね〜着物って♪
帯はしな布です。味も素っ気もない無地です。これまたリサイクルの新古品?って買い物で、まだ新しいぶんだけ固くてなかなか手強いんですよ〜これが。
着物の紗紬は読んで字のごとく、紬なんですが紗のように薄手です。いわゆる「紗」よりも目は詰まってるんですが、糸が紗よりも細いように思います。サラリとして手触りが好きです。でも、着ればやっぱり暑いと思います(麻だって暑いですから)。紗紬は盛夏のものですが、陽気によっては6月半ばから9月半ばくらいまで着ようかと思います〜、だってこのごろは残暑も凄まじいですから〜。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-22 17:53
絵美さん
帯はシナ布の名古屋帯です。straycatさんのお返事にも書きましたが、こういう糸も細くなくて透かしてもいないシナ布は、まるで形状記憶合金・・・。先生によっては濡らしてから締めるとおっしゃる先生もいらっしゃるくらいに手強いですよ〜新しいとさらに。
自然布でも、元の植物によりかなり張りと弾力がありますので、この手の色や自然布は、素材と糸の細さやしなやかさ、張りの具合をよ〜く吟味なさった方がよさそうですよ。いつかいい出会いがあるといいですね ♪
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-22 18:04
りらさん
帯留め、ハイ想像してみましょう。コーンパフの入ったココアスポンジの上に、トロッとブルーベリージャムをならして、ホワイトクリームで描かれたクジラと水玉。スポンジのわきには白いアイシングで飾りつけ・・・な〜んちゃって♪ http://okakara.exblog.jp/17973095/
そもそもこれが箸置きってこと事態がユニークなんですけどね。
ここんとこ、本当に稼ぎが悪くて、リサイクル、大助かりなんです。て言っても、お直しもかかりますけどね、それでも質のいい着物がなんで着てもらえなくてこんな値段で売られているのか・・・。その恩恵にあやかりつつも、ため息つきたくなるくらい打ち捨てられている着物たちです。りらさんの「看取り」のキモチ、なんかわかるなあ〜、って。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-22 18:09
櫻子さん
前の方のお返事にもペーストしておきましたが、もともと、これのどこが箸置きなんだ?ってくらい他にもカワイイのいくつもあって、お値段英世クン一人だけ。面白い作家さんの作品です。
http://okakara.exblog.jp/17973095/
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-22 18:15
abe-mayuさん
すでに汗かき始めています〜。汗かくのはもうしょうがないです。みっともなかろうとなんだろうと、かかないよりはかいた方が健康のためですし〜。な〜んて言ってても、汗ひとつかかずにスーっとした着姿の女性なんかと並ぶと、いたたまれないキモチになりますね。穴掘って自分で入りたくなるくらい(苦笑)。abeさんも着てくださいましよおおお〜〜〜。
Commented by 風子 at 2013-05-22 23:09 x
ゆらゆら 揺れる蒼い海原、 とおく クジラが一頭
ゆったりと過ぎて行く、、、なんて、夏の海が思い
浮かびます。
海風が吹いてくるよう、、、

科布、使ってみるとそう 手ごわくもない、と思うの
ですが、、
とても涼しいので好きです♪
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-23 10:49
風子さん
10年くらい前にタクラマカン砂漠の真ん中を、朝から夕方まで、ただただバスで爆走して突っ切ったことがありました。
砂漠と空と太陽、海と空と太陽・・・エレメントとして完全にそれしかない景色でした。その中で人間が生きてゆくことはできないんですけど、
両者には決定的な違いがあるのをはじめてちゃんと悟ったのでした。
海は生命のゆりかごだ〜!・・・砂漠のど真ん中で、海を想いました。
砂漠の民はみなさん「海が見てみたい」と言ってました。
うん、そのキモチわかる!って思いました。
海育ちの私は、正真正銘本物の砂漠が見たくて行ったクチでした。

私のしな布の帯、麻の八寸よりもうぜ〜んぜん手強いんですが、手なずけたら麻よりうんと愛しいものになるんだろうな〜。これからも仲良くやっていきます〜(笑)
Commented by 毬姐 at 2013-05-25 13:36 x
突然失礼します!とても可愛い帯留めですね!欲しいですー!そしていつもブログ拝見してます。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-25 16:39
毬姐さん
お立ち寄りいただき、ありがとうございまーす。
これからも、ちょいちょい覗きにいらしてくださいね〜!
by team-osubachi2 | 2013-05-21 09:29 | 着物のこと | Comments(16)