お蚕さんのチョコレート

連休中の一日、相方が友だちと群馬へスノボしに行ったその帰りに
土産菓子をいろいろ買ってきた。

そのうちのひとつ、『かいこの王国』。
群馬にはかの有名な富岡製糸場があって
そこにちなんだチョコレートだって。
フタをあけたら・・・ムフ、お蚕さんが三匹 ♪

f0229926_8263936.jpg

葉っぱのカタチをしたチョコレートには
クワの葉が練り込んであるそうで、
口に入れるとクワの葉っぱの香りがした。

f0229926_8322457.jpg

虫嫌いな人には、ちょっとばかりギョッ!とされるかも?
・・・なチョコレート。でも面白くて、こういうの好きだ。
ごちそうさまでした ♪
Commented by 朋百香 at 2013-05-07 10:08 x
tomokoさま
きゃ〜、可愛い!!  こーんなお菓子があるなんて。
やまちゃんらしい、ナイスチョイス。
うちにはレモンの木に緑色の「こんなの」がくっついて
いますよ。 どんな蝶になるのか楽しみです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-07 10:23
朋百香さん
ははは、たしかに山ちゃんらしいかもですね。
レモンの木にどんなコがいるのかな?いいないいな。こちらの山椒、現在のところまだ一匹もいないんですけど、そのうち来てくれないかなあ〜。
気温のせいでしょうか、虫の動きが鈍い春に思います。
Commented by fuko346 at 2013-05-07 12:33
わは (^v^)
これデザインした人 けっこう勇気があるのでは 笑

富岡製糸工場 前を通っただけだけど、すごく広くて
この国が以前 糸、で貿易していたときのことを
彷彿とさせてくれます。
どんな女工さんたちがはたらいていたのかなあ、とか
もう妄想が膨らみます。

あたりはど~~~んと桑畑だったのでしょうね。
今も少し残っているけど、、、。
今は昔。

虫さん こちらも少ないです。
今日も冷たい風が吹いています。
Commented by りら at 2013-05-07 12:41 x
あー!びっくりした!!
遠目の画像、ものすごくリアルなむくむく感がありますねぇ。
アップにしたら・・・美味しそう!が勝りました。
Commented by 櫻子 at 2013-05-07 15:22 x
きゃ〜、無理ですぅ(>ω<*)
虫嫌いであります。。。
お蚕さんが紡ぎだすものは好きですけど(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-07 21:29
fukoさん
ね!お蚕さんをお菓子にするとき、見せ方はいっぱいあると思うんですが、この案、このカタチ、会社内でよく通ったなあとちょっと業界的なことを考えてしまいました。でも、こういうのが好き!という私たちのような人間もいたのかもですね。(笑)
私もまだ着物に興味を持つちょっと前に行ったことがあるように思います。「ああ野麦峠」はこういう場所で生まれたのかなあと思った記憶が・・・。今だったらもっと違う見方感じ方が出来るでしょうから、いつかまた訪れる機会があるといいなあ〜と思います。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-07 21:31
りらさん
箱をあけて、半透明の個別包装の様子がね、いかにも幼虫がいそうな雰囲気なんですよ〜。(笑)
パフなどが入ったお蚕さんのホワイトチョコよりも、クワの葉っぱの方が香りがよくて好きでした。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-07 21:36
櫻子さん
あれえ〜、そうだったんですか〜。まあ、なるべく虫の写真は相方のブログに載せてもらう方針なんですが(って、一向に更新されないんだけど)、虫の写真もそこそこ撮ってる私です。ま、ここでは虫よりも着物の方に重きを置いてますので、あんまり載せないよ〜に気をつけてます、はい。(笑)
Commented by ハル at 2013-05-07 22:44 x
腰、大丈夫ですか?どうぞお大切になさってくださいね。
私は今日、前回に続いて2度目の整体に行ってきました。PCでずうっと文字を打つ仕事(テープ起こし)をこのところやっているので、もう頸も目も腰もガタガタなんですが、諸悪の根源は「冷え」だと言われました。ずっと坐っていると血のめぐりが悪くなって冷えてあちこちに支障をきたす、と。時々寝ころがって膝を抱えて深呼吸したり、両手を挙げて深呼吸したり、というのをやるといいそうです。

さて。このお蚕さまですが。私はエラク気に入りました。ホワイトチョコレートなんですね^^
Commented by miki_kawa at 2013-05-08 12:27
これ、うちの子供たち&その友達みんなに見せたいな!!
ギョッとして、それからカワイイ!、スゴイ!・・・いっぱい感動の声が聞こえてきそう^_^ 私自身は小学校の頃、教室でカイコを育てたことをふっと思い出したよ。クラスで桑の葉を探してきて交代で世話して、マユを作るための部屋を作ったりして。マユを作るところは神秘的だったなぁ。
Commented by ペタコ at 2013-05-08 13:35 x
面白いですね♪けっこう好きです。落雁の型を作るときに、食べ物の型としての限界ってどこら辺だろうと考えています。蚕は・・・、アリですかね。腰お大事に!私も昨日鍼に行き、メンテナンスしてきました。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-08 14:31
ハルさん
ありがとうございます。腰、ぼつぼつ普段通りになってきたので、足のプチ筋トレとかプレ・ピラティスとかちょびっとずつ補強を心がけています。ハルさんのそのやり方もよさげですね。昨日さっそくやってみました。
私も月一回平均でソフトカイロプラクティクに行ってカラダを整体してもらっていますが、ホントならせめて二週間に一回は行きたいんですけどもねえ、なかなか(苦笑)、明後日、整えてもらいに行ってきます。ハルさんのお仕事も相当カラダに負担がきそうですが、お互いメンテしながらやっていきましょ〜ねえ〜。
お蚕さんチョコレート、これ、お蚕さんだからまだ受け入れられてるのかもですね。毛虫とかじゃダメかな?(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-08 14:37
mikiさん
そうそう、そうでした、私も小学生のときにやりました〜蚕の飼育。平たい箱の底にうらうら羽根を動かしても飛べない蛾っていうのが子供心にけっこうインパクトありました。
チョコの中の栞に「どうぞ、おいしく・楽しく・そしてちょっと気味の悪いチョコレートをご賞味くださいませ」とありました。子供にプレゼントしたいですね。箱のフタをあけたときのリアクション、ぜひ見てみたいです〜。(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-08 14:44
ペタコさん
>食べ物の型としての限界ってどこら辺だろう
そうですよね、どこかに一線ひくところってありますよね、きっと。
そういう意味では、拒絶反応もありうるワケですから、このお菓子、けっこう博打・・・といいますか、チャレンジャーなお菓子ですね(笑)
でも、そう、好きな人は案外多かったりして・・・。このチョコレートにこんなにコメントいただけるって思ってなかったですから〜(笑)。
Commented by cello87 at 2013-07-19 07:24 x
おとといの朝の情報番組で取り上げてました。いつもは何がでても美味しいと言うコメンター陣がさすがにひいてました。
Commented by team-osubachi2 at 2013-07-19 09:43
cello87さん
>コメンター陣がさすがにひいてました。
ははは、これ、パッと見ドキッとしますよ、ホントに。
もしもどこかで見つけることがありましたら、ぜひ手にとってご覧ください〜(笑)
by team-osubachi2 | 2013-05-07 08:37 | 食べる | Comments(16)