『和服女性』五月の展示@ゑり華

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

青山・骨董通りわきにある「青山ゑり華」さんで、
思いつくままに描いたいろんな着物姿の人物画を
今年一年の間、月替わりで展示させていただいています。

さて、絵の勉強のひとつに「模写」という方法があります。
好きな画家や題材の絵を模写して絵のことを学び覚えるやり方ですね。
これまでちゃんと模写の勉強をしてこなかった私ですが、
たまにはいいかも・・・と、今回は模写の真似事をやってみました。
そのまんま模写して学ぶというよりは、
自分なりに模写しながら遊ぶ「模写ごっこ」です。

****************************************

先日、浜松の茶畑で地割れから崖崩れを起こして
地域住民に避難勧告が出た場所でも、
様子を見ながら茶摘みがはじまったという報道がありました。
いまどきはもう新茶の茶摘みの季節なのですね。

江戸時代の着物に、その茶摘みの様子が描かれた振袖があるようでして、
その文様の絵を模写してみました。


f0229926_0424013.jpg


お日さまの下の茶摘みは煎茶、よしずの下の茶摘みは玉露だそうですから
これはだからきっと高級な玉露の茶摘み・・・かもしれませんね。
立派な五つ紋の入った振袖、生地は苧麻の平織りのように見えるのですが、
本物を見たことがないので詳しくはわかりません。
いずれにしても富裕な家の女子のお振袖には違いないですよね。
現代だったら夏の訪問着なんかに描かれてもよさそうな模様に思いました。

f0229926_0435954.jpg「茶摘み風景文様振袖」
国立博物館所蔵



日本列島は南北に長いので、ひと口に何月は是々とは言えないのですが
五月は田植えの季節といえるのではないでしょうか。
まだ幼かったころ、この大型連休かその後くらいに
富山の母方の実家では田植えをしていました。
まだ田植機を導入する以前の田植えは、水を張った田んぼに
木枠で方眼の目安をつけておいて、目の交差しているところに苗を植えていました。
ご近所や親戚一同総出でする田植えの日は
早朝から賑やかなお祭りのような雰囲気がありました。
(って、それは今もですかね?)


f0229926_0451068.jpg


室町時代に描かれた「月次風俗図」という絵を見ると、
(秀吉による太閤検地以前の)まだおおらかな田植えの風景が描かれていて
田植えというのは、現代よりもはるかに
「祝祭」の意味が大きかったんだなあ〜と想像されるのでした。

平安時代ころに発生した田楽って、こういう日のために起こったんだな、と
あらためてそんなことも気づかされる絵です。
それから、早乙女の笠の下、みんな白布をさげているのは
日焼けを防ぐため?な〜んて、つい下世話を想像してしまいます。

f0229926_0453959.jpg「月次風俗図」
(室町時代)
国立博物館所蔵



浮世絵はついつい着物の文様や着こなしに目がいってしまいます。
隅々まで見ていると、江戸の人たちの暮らしぶりもが見てとれて
いろんな発見があって面白いですよね。

むかしの人は、何月ごろから薄い木綿の単衣(浴衣など)に
袖を通すようになったのかな?と思います。
いまどきの五月の祭礼は、浴衣だけではまだ肌寒い日もありますが
旧暦でならもう素袷では暑いくらいでしょうから、
その頃までには浴衣などの心積もりをしていたのかな?と想像します。

f0229926_0463776.jpg

手元の資料にある一松斎芳宗(歌川芳宗)の仕立物をする娘の絵。
いかにも江戸好みな縞の着物に黒繻子の帯をしめて、
縫っているのは藍の絞りの薄木綿でしょうか?
タイトルから想像するに、自分の着るものではないかもしれませんね。
お針子として一人立ちした女子かな?・・・なんて、
フリーランスという自分と同じ立場を想像してしまうのでした。

f0229926_048356.jpg「栄草当世娘仕立て」
一松斎芳宗画

人さまに見ていただくにはいかにも消化不良な絵かもしれませんが、
ふと思いついてやってみた「模写ごっこ」。
たまにはこんな遊びも楽しいものですね ♪

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

****************************************

スキャニングがあまりよくなくてすいません。
もしもお近くにいらっしゃることがありましたら、
ぜひ「ゑり華」さんの店頭で、額絵としてご覧いただけましたらさいわいです。

青山ゑり華
http://www.erihana.co.jp
Commented by 朋百香 at 2013-05-03 07:33 x
tomokoさま
私もね、タロットの人物カードで模写してみたん
ですよ、月岡芳年の「八百屋お七」 。
そのポーズがどうしても描きたくて・・・。
なんか、その時代の何かに触れたみたいで、
新鮮な面白さを感じました。
まあ、全くの模写ではなくアレンジしましたけどね。
tomokoさんも同じようなことしてたんだ〜って
ビックリしてコメントしちゃいましたぁ(笑)
きものを着ているせいかもしれませんが、あの時代
独特の動き、雰囲気ってありますよね。
好きだな〜、あの感じ。
Commented by 香子 at 2013-05-03 16:53 x
今、明治座帰りに念願叶って拝見してきました。
行く行く言ってて5月になっちゃいましたね(^_^;)
や、絵を見ながらほっこりと優しい時間を
過ごさせていただきました。
また、近くに行く事があったらTomokoさんの絵に
お会いしに行きますね~♪
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-03 18:12
朋百香さん
あらあ〜〜、朋百香さんも同じことしていたんですね〜(笑)。
いただいたコメントのおっしゃる意味、よくわかります〜。
たとえば絵画でも、筆の跡を見るだけで、描いた手の動きが想像されるといいますか、なにか触れるものってありますよね。アンティーク時計の職人たちの世界のように・・・。
たまにこういうコトもやっぱり勉強にもなり刺激にもなり、何よりやっぱり楽しいですね〜。また何か模写ごっこしたいと思いました。
Commented by team-osubachi2 at 2013-05-03 19:00
香子さん
花形揃いの舞台、いかがでしたか〜?
それから、えり華さん、見に寄ってくださってありがとうございました!
わざわざ行っていただくのは申し訳ない展示ですので、何かのついでに寄って見ていただけるのがありがたいです。
(来年全部まとめて展示販売するつもりではおりますが)
また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。(ぺこり)
by team-osubachi2 | 2013-05-02 14:02 | 時代もの画 | Comments(4)