いつでもどこでも星空を

ゆうべ、すっかり日が落ちてから
夕刊をとりにポストへいこうと玄関を出たら、
西の少し高い空に、細い三日月と明るく輝く星が近くに見えていた。
昨晩は、月と木星とアルデバランという大きな星が
すぐ近くでランデブーした夜だった。

f0229926_003116.jpg

iPhoneのアプリに『Star Walk』というのがあって
いつでもどこでも星空を見ることが出来る。
自分が今いる位置から360度ぐるりと宇宙の星を見渡せて
地球の裏側の星空も、小惑星や人工衛星もどこにいるか見ることが出来る。
もちろん昼間の星空もどうなっているのか見えるのであ〜る ♪

高校の先生がこんなようなお話をしてくれたのを思い出す。
「むかし、ある中国人に空の色を訊いたら『黒だ』と答えたそうだ。
その人は昼間も青い空の向こうに宇宙の色があるって知ってるんだ」
へえ〜〜!そうだ!空の色は青だけじゃない・・・。
まだ10代だった私の目からウロコが落ちた。

『Star Walk』・・・紙の星座表をくるくる回していたころとは
隔世の感があるネ。
Commented by naomu-cyo at 2013-04-18 08:51
 ビニール傘に星座を書き込んで、星空のことを憶えたものです。バンプオブチキンの「天体観測」って歌、YouTubeにあるんで是非聴いてみてくださーい!
Commented by team-osubachi2 at 2013-04-18 11:40
naomu-cyoさん
さっそくそれ聴きながらこれ書いてます♪
天体天文に惹かれる人間には何か共通項があるかもですね。しかしビニール傘とはまあナルホド!(笑)自分では書かないですけど、星座の傘が欲しいんですよ〜!科博のショップに売ってたの、今度行ってまだあったら買おうかな♪
by team-osubachi2 | 2013-04-16 09:15 | 日々いろいろ | Comments(2)