帯に化けた還付金

今日は春分の日。え?もうそんな・・・?
世の中がお休みだということをすっかり失念していた。

仕事がちょっと一段落したので、次の準備がてら
古い書類などを整理していたら、懐かしいものが出てきた。
ああ〜、むかしこんな阿呆なコトを書いては
友だちにFAXレターを送りつけたりしてたっけ〜。バカだねえ〜。

その中の一枚に、15年前の今日の日付を見つけたので
まあ、これも何かの縁だろう、ここに載せておくことにする。
(切り貼りしたテープが茶色く変色しちゃってるね)

f0229926_11513794.jpg


そうそう、こんなコトもあったっけ。
フリーランス稼業である私の収入は
広告制作会社や出版社からギャランティをいただく身なので、
先に税金分を天引きしてもらったその残りが支払われる。
なので確定申告をしたあと、
払い過ぎた税金を「還付金」として戻してもらうのだけど、
30代のころ、還付金をあてにして買ってしまった帯があった。

f0229926_11584155.jpg

「自由が丘・扇屋」さんでの買い物は、後にも(?)先にもこの一度きり。
15年たったいまも大活躍してくれている八寸帯。
ま、十分モトはとれたからいいんだけどネ。

30代、もう目一杯働いて、買って、遊んだ時代だった。
思い出すと、なんか遠い目になってしまう・・・。
Commented by むーちょ at 2013-03-20 13:46 x
まさに今の自分が岡田さんの30代時代状態(笑)。勉強の名の下に散財する日々でございますよー!10年たったのちでも、愛用しているものがいくつもあることを願うばかりです…
Commented by 朋百香 at 2013-03-20 14:27 x
tomokoさま
アハハ、まるで私のことが書かれているようで・・・
あれ、何なんですかね、聞かれてもいないのに
一生懸命いい訳するのは・・・。きっと自分に言って
いるのですね(笑)  それにしても運命の出会いは
怖い。  でもこの帯、活躍してますよね、それで良し
ですね!
Commented by 神奈川絵美 at 2013-03-20 21:51 x
あはは、私も私も…。その「あてにする」というのが、もう還付金だけにとどまってないですね、すでに(笑)。昔の物書きさんは、出版社からよく前借りしていたようですし、“そういう”気質なのかも。
それにしても、こんな風にさらさらっと絵手紙が書けるなんていいなあ。良い思い出ですね。
Commented by team-osubachi2 at 2013-03-20 23:22
*むーちょさん
いい〜のです、それで。ぜひ世の中の経済をまわしていただきたく思います(笑)。稼げるうちはどんどん経済をまわしませう。その上で余力があれば少しでも貯めておくですね。私はもちっとしっかり貯めておくべきだったかなあ〜と今ごろになってそう思います。ま、天下のまわりものですから、いずれまた私もまわすど〜!
>10年たったのちでも、愛用しているものが...
きっと大丈夫でありましょう。そういう品選びしてると思いますよ♪
Commented by team-osubachi2 at 2013-03-20 23:27
*朋百香さん
そう、何も私だけがこうなんぢゃありません。着物にハマった人はみ〜んな間違いなくこういう経験をなさるんだと思います〜(笑)。
自分への言い訳、これってなんでしょうねえホント。洋服だとそんな気はおきないんですが、こと着物の買い物は煩悩との戦いです。予算がないときは素直に引き下がるんですが、いやあ〜、煩悩には負けますね(笑)。
Commented by team-osubachi2 at 2013-03-20 23:37
*絵美さん
着物好きなら誰しも少なからず経験するんですよねえ〜。より深みにハマるための通過儀礼です。(笑)
それにしても、この当時はかしましかったですねえ。今はすっかり大人しくなりました(?)って、今買い物より直し物・・・の私ですが、それでも着物はやっぱり金喰い虫ですよね、ホントに。
>良い思い出ですね
はい。捨て魔の私にはめずらしい保存レターです。捨てないでよかった。内容の阿呆ぶりに思わずニヤリとなっちゃいます〜。
Commented by 香子 at 2013-03-21 10:29 x
手に届きそうな値段ってのがミソですよねえ ((-_-))ウンウン
高額商品だとハナから見るだけで諦め付くんだけど(笑)
ま、出会いだしね。S島先生が「病気(着物)は治らないわよ。
薬代を稼がなくっちゃっていまだにがんばってるのよ」ですってw

FAX通信〜♪ ワタシはコピーを封書に入れてましたが
同じように子育て通信なるものを出してました(笑)
もちろん原紙とってありますよ (^-^;;
Commented by team-osubachi2 at 2013-03-21 10:54
*香子さん
そうですよ、自分の財布ではどうにもならないお値段だったらいっそ諦めがついて気が楽ですもんねえ〜。あれから私の財布もガツン!と小ぶりになりましたのに、それでも欲しいと思うものがあったりして、煩悩には財布の大きさはカンケーないんですかね。S島先生もM田先生も、先生方ですら同じですよね、そのために一所懸命働いていらっしゃるんだから、自分ごときは何をか言わんや ^_^; )
子育て通信ですか、やがてムスメさんが母になったときに見せる機会が来るかもしれませんね?私の友人は昭和村へ織姫研修に行き、縁あって奥会津に嫁入ってからはじめて見る聞くいろいろな出来事をやっぱり通信レターにしていました。なんだかアナロジーな時間でよかったですよね。
Commented by camelstraycat at 2013-03-21 21:34
tomokoさま

私が今まさにそれ状態です、言い訳しつつ、着物を買うという(爆)着物にかけたお金を計算したら、一体どれくらいの額が貯金できただろうと・・考えるだに恐ろしくて、なるべく思い出さないようにしています。
私の場合、娘がいるので、これをあの子に、こちらをこの子に・・と計画したりしますが、当の本人たちが着てくれるかどうかわかりませんものね。でも私が着ている祖母の着物や帯を娘に着せたとしたら、4代に渡って受け継がれることになり、そのコスパはとんでもなく高い?!・・なんて、また言い訳をしてしまった。
Commented by team-osubachi2 at 2013-03-22 09:46
*straycatさん
今その状態でいらっしゃるというのは素晴らしいことです!今現在の経済をまわすそういう方々がいてくださらないと、作家さんも職人さんも食べていけないのですから、とっても大切な存在なんですよ。いえ、ホントに(笑)。
お嬢さん方がいらっしゃるのでしたら、なおよいではありませんか。私だって二十歳すぎるまで、着物の色や柄には興味があっても(絵として)、着たいなんてちっとも思わなかったのが、歌舞伎座でいぶし銀のような洒落たおばあさん方を見て、これだ!っとビビビときました。以来20数年ハマりっぱなしです。いつどこで興味を持ってくれるかわかりませんよ。どうぞこれからもおおいに着物世界を深めていってくださいまし〜♪
Commented by 楽艸 at 2013-03-22 15:54 x
自由が丘扇やさんにお供した【友人 ゆきこ】で~す。。
あれ、15年前ですか!!!!ほんと?うわあ。
私の記憶だと 扇やさん覗こうよぉとせがむ知子ちゃん、そして言うがままに付いて行き、一目ぼれの帯にあっさり購入を決めたとしか。(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2013-03-22 16:36
*「ゆきこ」さん
そうですのよ、いつの間にやらもう15年・・・はやっ!!
>一目ぼれの帯にあっさり購入を決めたとしか。(笑)
いやいや、私の中では上の図のような大葛藤が渦巻いておりましたんですのよお〜。思い返すと、この頃からのちの10年間、まるでジェットコースターのような人生の浮き沈みをいろいろ経験いたしました。今の暮らしにたどりつけたのもあなた様のおかげでゴザイマスよ、はい。太々謝々。
ま、「事業主」としてはいまだにジェットコースターが続いてますけどもねえー、くうーっ!?(笑)
Commented by 櫻子 at 2013-03-22 17:15 x
自由が丘扇屋さんって、そんな有名店なんですか?
餃子屋に行く途中に、こんな所に着物屋さんがあるなぁ…
ぐらいにしか思っとりませんでした(^^;
まぁ、でも知らなかったことにします。近過ぎて怖い(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2013-03-22 19:18
*櫻子さん
ああ、そう言われると、扇屋さんも雑誌に登場しなくなって久しいですねえ。どうされているのかなあ〜。代替わりしたのかなあ〜。バブルがはじけた後くらいまでは本当に一風変わったお洒落着をたくさん取り揃えていたお店でした(横浜のJさんみたいな品揃えに近いかもです・・・)。
こう眺めてみれば、この15年で見ても呉服店の勢力図もずいぶん変わったなあ〜と思います。憧れだった銀座のあの店この店も今はむかし。ネットや雑誌に出ていなくてもいいお店ってあるんですけど、時代でしょうかねえ。着物を着る人口がこれだけ少ないと、呉服屋で何代も続くお店ってかなり厳しいかもですね。
by team-osubachi2 | 2013-03-20 12:10 | 着物のこと | Comments(14)