アサリのお汁

もうじきお雛さまだなあ〜。
なんだかワヤワヤの毎日で、せっかく去年実家からひきとってきた
私のお雛さま(立ち雛)もいまだ飾れずにいる・・・。
なんとかしたい、なんとかせねばあ〜。

そういう時期でもあるせいか、スーパーの鮮魚コーナーを見ていると
貝のお味噌汁なんかときどき飲みたくなる。
でも、砂を吐かせる時間をたっぷりとりたい私は
夕方に買っても、お汁にするのはやっぱり翌日になってしまう。

f0229926_9385033.jpg

翌日、ボウルに海水濃度のお水を作って、
金網にアサリを敷いてカラダ半分にひたひたにしてあげて、
朝から夕方まで時間をかけてゆっくり砂出しをする。
吐かぬなら、吐かせてみせよう貝の砂・・・て?
(けっこうババッチイ汚れが底にたまるよね)

f0229926_9401263.jpg

ネットとかテレビで知り、口が開いてお出汁が出たところで
貝をいったんぜんぶ引きあげおき、お味噌を溶く。
貝だけを椀に盛ってからお汁を注ぐほうが、
身がプリプリして美味しいんだね。

貝のお汁こそは、生きたままを鍋に入れて火にかけるせいか
毎回ストレートに「お生命ちょいだいします」という感じがする。
「いただきます」ひとこと感謝してから口をつける。
う〜〜ん、おいすぃ〜〜いのぉ ♪ 貝さん、ありがとう。
by team-osubachi2 | 2013-02-27 09:52 | しみじみご飯 | Comments(0)