梅の盛りに

よく木綿は「通年単衣で着られる」とは言われるようだけれど、
まだまだ寒いこの季節、冷え性の私には「そんなの無理!」。
というワケで、一昨日出かけた上野の博物館へは、
長年愛用している久留米絣の袷に袖を通した。

帯も木綿。もとは布団皮だったという古い藍染めの手紡木綿。
おかげで着付けているときからカラダがポカポカしていた。
(こんな組み合わせのときはフランネルの裾よけは不要だネ)

f0229926_91326.jpg

季節の柄の帯や着物はほとんど持っていないので、
せいぜい色や小物で季節感を心がける。
いまは梅の花が盛りだ。加えて受験シーズン。
菅原道真公の御名がよく登場する時期でもあるし、
季節感のない自分の装いに、ほんのぽっちり梅を添えてみる。
(この帯留めは、もちろん自作のかまぼこ彫り〜♪ )

「書聖」に書を学ぶつもりで「書生」気分の久留米絣と梅の花・・・。
自分だけのお楽しみとしてのコーディネートに、
ひとり “悦に入る” といえば、まだ聞こえはいいけれど、
実際は “ほくそ笑む” というのがホントのところかしらん?

この日本には四季があって、歳時があって、花には咲くべきときがある。
この冬、梅の帯留めはここまでかな。
また次のシーズンまでお休みしていただこう。

個人的に小絣は手堅くまじめ、堅実といった印象があって、
学びの場に向く着物だと思っている。
まあ、たとえば仮名の展覧会なんかだと、
女流書家といったような佳人には優美な染めが似合うだろうなあ〜
・・・な〜んて、自分にはない世界を妄想しつつ、
今日はこれでおしまい。
Commented by sogno at 2013-02-22 11:11 x
うーん、この帯やっぱり素敵です!
梅の帯留がよく映えますね ♪
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-22 13:03
sognoさん
此の手の模様とか、私も好きで、よくリサイクルのネットショップなんかでもついチェックして、「見るだけ」を楽しんでます~♪( ´θ`)ノ
Commented by 香子 at 2013-02-23 01:45 x
あぁ、白梅ちゃん やっぱり可愛い♪
そういえば自分は梅の小物って帯揚げくらいしか
持っていなかったような…。
季節物ってなかなか揃わないですねえ (^-^;;
Commented by りら at 2013-02-23 03:25 x
同系色の取り合わせの粋(すい)ですねぇ。
(梅がまた利いてます~)
この帯、以前紹介されていた時に、わぁぁ!と思いながら拝見してました。
逸品とはこのことか・・・・ですねぇ。
Commented by ake at 2013-02-23 08:52 x
やっぱりこの木彫りはいいです!!
お宝ですわ!
それに今回は西と東うれしい偶然です。
梅の帯留め,菅公のお名前。
こちらはお気楽にウイークデーの梅見でした。
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-23 10:53
香子さん
ね〜、ホントに季節ものってなかなか揃わなくて。でも実際に自分がシーズン中に着る回数を考えると、着物も帯も高くついちゃいますし、分相応にこれくらいが一番持て余さないのかな。これで私もようやく「梅のもの」持てました~ん ♪
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-23 11:02
りらさん
着物と帯、きっぱり色を違わせるのが好みの私でも、めずらしくこの組み合わせは好きでなんですわあ ♪
この帯の模様、もしも織り帯だと格が上がり過ぎちゃいますけど、何せ出自は布団皮の木綿ですのでね。ただ摩擦係数が高くて、締めるときにちょいとコツが要るかもです~。
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-23 11:16
akeさん
ブログ拝見しております!帯留めは洒落た紅梅、それから以前の写真のお召し物なんて、色の取り合わせもバッチリ決まっていらっしゃいましたね!
北野さんは梅花祭りの頃でせうか?北野さんの梅林は本当に見事ですよね。またいつか訪ねたいものです。お江戸はなんといっても湯島の梅。ラブホ街にあるのも、昔のしもた屋風ならまだ風情あったかも?
そうそう、越中富山のお正月には、何故か必ず天神様のお軸を床の間にかけるんですよ。各戸に男子が生まれると、その度に新しい天神様のお軸をお嫁さんの実家から贈られたり嫁ぎ先で用意したり。うちは兄と弟がいましたので、子供の頃からお正月といえば天神様にも手を合わせて学業のことなどお願いしていました。ま、今は学業ならず画業の向上をお願い申しておりまする~。
Commented by 朋百香 at 2013-02-23 13:16 x
tomokoさま
うーん、好き好きこの組み合わせ。
私もどちらかというと、帯ときものは反対色をもってきますが
この藍の同系は素敵すぎです。
梅の帯留めが効いてますね。
うちの梅はちょっと遅くてまだ三部咲きくらいです。
梅春ですね〜。
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-23 17:14
朋百香さん
こんな小絣から素朴な絵絣まで、自分らしいと思える着物はやはり愛着もひとしおですね~♪
梅は三分咲きくらいが一番様子がいいと感じるのは、書画の見過ぎか刷り込みのせい…かも?(^_^)
Commented by 櫻子 at 2013-02-24 10:22 x
梅の帯留、スゴイスゴイ!
帯揚のグリーンといい、三分紐のオレンジといい
さすがの色合わせですね〜
お召しになったtomokoさんのお顔が浮かびました。まさにドンピシャのコーデですね(^^)
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-24 21:07
櫻子さん
グリーン系の帯揚げと帯締めって好きなんですよねえ〜。 この真田紐はホントはもっとカドミウムイエローに近い?でもなぜかこの帯にあわせるとこんな色味に写ってしまいます。写真における色の出し方、ムツカシイですね〜!
かまぼこ彫り、団扇にツバメとか、磯舟なんか目論んでます〜♪
by team-osubachi2 | 2013-02-22 00:07 | 着物のこと | Comments(12)