『和服女性』二月の展示@青山ゑり華

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先月から、青山・骨董通りわきにある「青山ゑり華」さんで、
思いつくままに描いたいろんな着物姿の人物画を
月替わりで展示させていただいています。

****************************************

二月はまず節分にちなんだものから。
これは一昨年、好きなお話、浜田廣介の「泣いた赤鬼」から
お福さんと仲がいい鬼もいていいんじゃない?・・・と
ひょいと思いついて描いたものです。
題して「豆ひろう鬼」です。*非売品

「なんと、このように豆を散らかしてしもうて。
そなたたちも早うひろうてたも」

「へーーーーい」

f0229926_23511180.jpg



下の絵は、虚子の句から。
うちのベランダにある鉢の日本水仙も日に日に育って、
もうつぼみをつけ始めました。
いまから花がひらいて漂う香りが楽しみです。

「日についで めぐれる月や 水仙花   高浜虚子」


f0229926_21102297.jpg



ひところ、都々逸の文句が面白くて、まだパソコンを持つ以前、
自分で拾える限りの都々逸を集めて
半紙に書き記してみたことがありました。
憎し恋し、皮肉もまっ正直も洒落に込めた七 七 七 五の言葉。
下の絵はそのひとつから。

「うちの亭主と 炬燵の柱 なくてはならぬが あって邪魔」


f0229926_21105687.jpg



*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

****************************************

スキャニングがあまりよくなくてすいません。
もしもお近くにいらっしゃることがありましたら、
ぜひ「ゑり華」さんの店頭で、額絵としてご覧いただけましたらさいわいです。

青山ゑり華
http://www.erihana.co.jp
Commented by 朋百香 at 2013-02-02 10:18 x
tomokoさま
tomokoさんの描く女性の醸し出してる雰囲気、
好きだわ〜。 私にはないものを持ってる感じ。

亭主と炬燵の柱、面白い比喩だけど真理ですね。
あ、いえいえ決して邪魔じゃないですよ、うちの
旦那様(笑)
Commented by 香子 at 2013-02-02 11:48 x
先月は慌ただしく行きそびれましたが
今月は拝見しに行けるかな、行きたいな♪
鬼さんがかわいいじゃありませんか (^-^)b
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-02 14:24
朋百香さん
そうですか?自分では自分の描いたものが醸す何かをつかめた試しがないんですけども、見てくださる方々の感想で推し量るのみで・・・。どんなものを持ってるのかな〜?
都々逸とか江戸川柳を読むと、うわ〜イタイとこ突くのがホントにうまいなあ〜っていっつも感心しちゃいます。ちなみに、うちの相方も邪魔じゃないですよ〜(笑)。
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-02 14:32
香子さん
もしもお近くて行くことがありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ〜。
「泣いた赤鬼」好きでよく読みました。って「お菓子とお茶」ってところにいちばん惹かれたのかもですが(苦笑)、子ども心にせつなくてあったかくて、よく泣きましたっけ。
Commented by 神奈川絵美 at 2013-02-02 22:18 x
こんにちは! ああ、1月観に行きたかったのですが…。私も2月の「炬燵の絵」好きです♪ 猫がお尻を向けているところも…。
「豆ひろう鬼」の、お福さんの淡々とした表情もまた、好みです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-02 23:18
絵美さん
炬燵の絵の猫さん、最初は別のところ(もっと女房のそば)にいたんですが下書きするうちにだんだん亭主の脇にいっちゃいまして・・・。亭主の味方なのかもしれません(笑)
2月のゑり華さんでは、14〜18日に名品・逸品百選会をなさるそうですし、もしもその頃にお出かけするようなことがありましたら、ちょいと覗いてみてください〜。
Commented by 櫻子 at 2013-02-03 16:05 x
鬼さんの神妙な顔が想像できて微笑ましいですね〜
炬燵の絵はぜんぜん答えを期待しないで
「ねぇ…」と問いかける妻に、生返事をする亭主という
いつもの夜のひとときな感じもして、ほっこりします(^^)
もっともウチは私が生返事の方ですけど(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2013-02-04 01:10
櫻子さん
鬼さんの顔、想像出来そうでせうか〜?そうだと嬉しいな。
炬燵の都々逸、もっと辛辣になるとそれはもう都々逸ではないんですよね。その加減ってやっぱりムツカシイものですね。もしもお時間ありましたら、ぜひ骨董通りへお立ち寄りくださいまし〜。
by team-osubachi2 | 2013-02-01 00:10 | 時代もの画 | Comments(8)