忘れないで夢を

漫画家のやなせたかしさんが亡くなられました。享年94。

1月にやなせたかしさんと奥さまの若かりし頃のドキュメンタリードラマを見て
なんだかとても励まされたので、それを日記に書いていました。
絵本『やさしいライオン』は今でも読めば涙がこぼれます。
「ほぼ日」のやなせさんと糸井さんの対談『「箱入りじいさん」の94年』を
読み返すと、やなせさんの人と成りの面白さをあらためて感じます。

心からご冥福をお祈りいたします。

*************************************

2013年1月28日(月)

30代のあるころ、突然、仕事でお会いする人たちに
「岡田さん、女優の戸田恵子さんに似てるって言われませんか?」と
声をかけられた時期があった。
「いや、戸田恵子さんって?」
「ほら、アンパンマンの声やってる人ですよ」
「アンパンマンって・・・、たしか、アニメの?」
それが私のアンパンマン(と、戸田恵子さん)を知るキッカケだった。

f0229926_1432487.jpg

のちにアンパンマンの作者が
思いのほか高齢の“おじいさん”でビックリしたことがあったが、
とはいえ、ことさらな興味を持つこともないまま時間が過ぎて、
作者のやなせたかしさんにしっかりと注目したのは
東日本大震災後、ネット上のある記事でインタビューを読んでからだ。
アンパンマンの精神をここで初めて知った。

f0229926_14505514.jpg

去年、テレビで見た100年インタビューも良かったけれど、
この間テレビで、やなせたかしさんと
すでに故人でいらっしゃる夫人の暢(のぶ)さんのドキュメンタリー・ドラマ
『忘れないで夢を〜漫画家やなせたかしと妻・暢』を見て、
ここでもはじめて知ることがいくつもいくつもあった。

食べるための仕事でいろいろ活躍しつつも漫画家として売れずに
遅咲きも遅咲き、それまでずいぶん悩んでこられたこと、
絵本「あんぱんまん」に最初に寄せられた無理解な親たちの投書、
けれども大人とは異なる子どもたちの正直な反応などなど。
そして、素敵な奥さまの暢(のぶ)さんのこと。

奥さまが亡くなられてからもうじき20年。
御歳93のやなせたかしさんは今日も机にむかっていらっしゃるのだろう。
静かだけれど、お肚の底で励まされる思いがする。
Commented by 香子 at 2013-01-29 11:06 x
戸田さんのファンなんで、ライブはかかさず行っております。
ま、今月は大人の事情で初欠席しましたけれど… (^-^;;
戸田さん、芸達者で歌もうまく見応えありますよ。
そしてやなせ先生はホントお元気!
アンパンマンが生まれて30数年…ウチの子たちも大好きでしたわ。
Commented by team-osubachi2 at 2013-01-29 11:34
香子さん
そうなんですか〜。三谷芝居のミューズで、歌もやってらっしゃるんですよねえ〜。舞台で一度拝見したのみで、もっぱらテレビで見るだけなんですが、達者ですよね。
ひところあんまり言われるので(自分でもそう思ったりしました)、テレビのお仕事をいただいたときに「あ、父方の従姉妹なんです」なんて言ったら「ああ〜!どうりで」って。マジな反応に思わず「違う違う、冗談ですってば!」って。そんなコトして遊んだ時期もありました。ちゃんちゃん♪
Commented by abe-mayu at 2013-01-29 16:25
インフルエンザは治りましたか?
お腹の足しにならない絵でも、何か役に立つ事が出来ればと思っています。
心に響く絵を描きたいですね。
Commented by team-osubachi2 at 2013-01-29 16:51
abe-mayuさん
はいい〜、どうにか治りましてございます。が、入れ違いに起こした鼻ヘルペスがまだまだ治ってない状態ですが、今日仕事で外にでましたが、娑婆(?)の空気はやっぱり広々していいものですね(笑)。

>心に響く絵を描きたいですね。
はい、本当に。これからもコツコツ励みたいです〜。
Commented at 2013-01-29 16:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by team-osubachi2 at 2013-01-29 17:23
鍵コメントさん
そうですねえ〜、どっちがいい?な〜んて訊かれたら、あたしゃ50代半ばからブレイクして花咲かせたい!!って・・・どっちの答えにもなってないか?(笑)
どっちにしても、あと数年で50代。白髪にシワ、加齢なる現象はあってもやっぱりアタシもキラキラしてたいわあ〜!ってところでしょうか。あなたも私も、もちろんご一緒に!(笑)
by team-osubachi2 | 2013-10-15 15:12 | 日々いろいろ | Comments(6)