手羽元と煮昆布のスープ

今年の冬は寒気の南下が早い気がする。
体が何か滋養のあるものを要求し始める晩秋から冬の間、
ときおり気が向くと、トリの手羽元を買ってきてスープを作る。

むかし友だちが作ってくれた手羽元と煮昆布の炊きものをヒントに
無手勝流にこさえているスープなのだが、
これをひと月に何度か続けると、
お肌がプリプリしてきて、喉の粘膜も潤う気がする・・・。
って、ただの気のせいかもしれないけど?

f0229926_19184360.jpg

煮込み鍋に、下茹でした手羽元と、結び切りにした煮昆布、
水、酒、ネギ、生姜、ローリエの葉一枚を鍋に入れて
中火からはじめて、アク取りと脂取りをしながら(ときどき水を足しつつ)
弱火でコトコト煮込むこと約3〜4時間。
最後に軽く塩・胡椒をして味を整えるだけ。

f0229926_19285948.jpg

煮込むほどに手羽元のお肉はマズくなっていくから、
お肉も楽しみたい人は、適度なところで火を止めるとよい。
人さまにあげるときはスープだけにするけれど、
私自身はお肉もネギも生姜も全部お腹に納めてしまう。

しっかりと煮込んだスープは冷やせば煮こごりになるので
グラスや小鉢に入れて冷蔵庫で冷やし固めた上に
針生姜をのせていただいても美味しい ♪

f0229926_19394312.jpg

たくさん出来たときは、友だちにもちょっとおすそ分け。
大ぶりのジャム瓶に詰めて、未使用のキッチンクロスで包み、
とってあったリボンやラフィアなど
手元にあったお飾り素材でクリスマス風のラッピング♪

風邪をひかないよう、この冬も元気に乗り切らなくっちゃネ!
by team-osubachi2 | 2012-12-12 00:15 | しみじみご飯 | Comments(0)