家庭画報・新年月号から

世界文化社の『家庭画報』さんの新年号が発売されています。
(安西水丸さんのイラストによる「新春いろはかるた」の付録つき♪)

f0229926_891576.jpg

その2013年1月号から一年間、
雑誌のうしろにあります医療や健康のページで、
在宅ケアや終末期の看取りの専門家、訪問看護士としてご活躍の
秋山正子さんのエッセイがはじまりました(325頁に掲載)。
その挿し絵を担当させていただいています。

f0229926_815394.jpg


病院で最期を迎えることが普通になったいま
あらためて、家族や自分の最期はどう迎えるのがいいのか、
どうしたらその人らしい最期、自分らしい最期を迎えることが出来るだろうか
ということを、ちょこっと考えてみる・・・。
そんなテーマのお話が今号から続いていきます。

f0229926_8242027.jpg

秋山正子さんにはたくさんの著書があります。
参考までに一冊読んでみました。
これまで考えてもみなかったことなど、いろいろ教えていただきました。
自分自身、ちょっと目を向けて、
まずは知るところから、かなあ〜と思っています。

これから一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

家庭画報.com
http://www.kateigaho.com
Commented by sogno-3080 at 2012-12-10 20:03
Tomokoさんの絵、秋山正子さんという方の文章、
どちらも楽しみです。一年間のお仕事、頑張ってくださいね。
Commented by team-osubachi2 at 2012-12-10 21:31
sognoさん
ありがとうゴザイマス。
二色刷り頁でのお仕事ですが、コツコツがんばります〜♪
Commented by 香子 at 2012-12-11 11:11 x
「終活」…いろいろ気になります。
そして、あら〜M丸さんにお近い方と
先日観劇してましたわ (^-^;;
Commented by team-osubachi2 at 2012-12-11 11:25
香子さん
最近は「終活」って言うそうですね。うちは子どももいませんし、願いはただひとつ、「アタシは相方よりもかならず後に逝くワ」ですかね。でも慌てるこたァありませんけども。
かるた、かわいいですよ♪よかったら一冊いかがですか〜?
Commented by sachiko at 2012-12-12 00:12 x
お正月お料理で惹かれるものがあり購入
あら~ かるた 懐かしい「いろはかるた」可愛いです

お写真をぱらぱらとしか見ていないので(何やら忙しくじっくり読む時間がまだ取れないの)
週末にゆっくり秋山正子さんのエッセイ拝読しましょ

Tomokoさんのイラストでよりいろいろな思いが伝わると思います
お仕事頑張ってくださいね 
 
Commented by team-osubachi2 at 2012-12-12 00:38
sachikoさん
かわいいかるたですよね〜♪ 子どもの頃、新年号についてくる付録の愉しさ嬉しさを思い出しました。お正月にやろうかな?と一瞬思いましたが、あ、二人じゃ無理・・・(苦笑)。
私もなんやかやもうバッタバタしていて、雑誌はざっとしか目を通せていません。あれもやってない、これもやってない、あれしなくちゃ、これしなくちゃ。その合間にお出かけして・・・。で、気がついたらもう大晦日・・・ですね、きっと。
お時間のあるときにでも、秋山さんの文をお読みいただければと思います。一年間がんばります、ありがとうございます。
by team-osubachi2 | 2012-12-10 08:41 | 仕事をする | Comments(6)