二十年はふた昔、夢だ、夢だ

昨日、亥の子餅のことを書いたら、
急にむかし習っていたお茶のことが懐かしくなって、
少し残してあるお茶のお稽古時代の写真を探してみたら
こんなスナップが一枚でてきた。
日付は1993年11月とある。

ドゥわあ〜っ!!自分で見てビックリ!!
19年前のこのとき、私はまだ20代後半。
すっかり忘れてるけど、フリーランスになって最初の数年間だけ
髪をロングに伸ばしてたんだった!

f0229926_18374191.jpg

この時代は江戸千家のお茶を習っていた。
昨年97歳で鬼籍に入られた先生のお宅のお稽古場で、
たしか何か研究会のようなごく内輪のお茶会で
お手前をさせていただいたときのものらしい。

でもって、こんな小紋にこんな名古屋帯を締めたりしたのよねえ〜。
着物や帯から小物のことまではよ〜く覚えているのに、
肝心のお茶のことはな〜〜んのお点前やってんだか
もはや遠い忘却の彼方へ・・・である。

草葉の陰から見ておられるでしょうか?・・・先生、すいません。
不肖の弟子は、着物と美味しいお茶とお菓子以外のことは
すっかり忘れてしまって、この通りであります。

歌舞伎「熊谷陣屋」の熊谷の台詞ぢゃあないけれど、
二十年はふた昔、夢だ、夢っ!!
Commented by さらさ at 2012-11-25 05:32 x
まあ〜、おきれいですね。
理知的で、きもの美人とはこのこと。人様のことながら羨ましいほどいいお写真です。私などはこの頃子育てに髪振り乱していましたから、こんな優雅な思い出はありません。でも、誰のどんな人生にだって、「華」はあるもの。そして、今も又充分幸せ。世界はグンと広くなったし、傍らには大事な人もいる。しみじみご飯が美味しい。・・・そうなんだ。歳を重ねるということは、こういうことなんだわ。ね。
Commented by sogno-3080 at 2012-11-25 08:32
わあ~~ビックリ~~
Tomokoさん、凄いお綺麗じゃないですか!女優さんみたいですよ。綺麗な柄のお着物ですねえ。華やかです。
ショートカットでないTomokoさん、まるで別人みたいです ♪
Commented by 朋百香 at 2012-11-25 09:57 x
tomokoさま
きゃ〜、tomokoさん、きりっとお美しい!
今のおきものの好みとは、かなり異なりますね〜。
でも私もそうでした。20代の頃、やっぱりお茶を
やって(・・・というか強制的にやらされて)いた頃は
やわらかもののきものでしたね。
私も右に同じ。あの頃のお作法はどこに置いてきて
しまったのか?  ガサツな所作のおばはんになって
しまった・・・。もっと真面目にやっておくのだった。
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-25 18:55
さらささん
今ごろになって、若いときの写真はもう二度と撮れないことに気づかされます。そのときそのときに写真を撮っておくのって大事かもしれませんね。
それぞれの人にそれぞれの人生。眺めてみれば良いときもあり沈むとき嵐のとき、いろいろあるものですよね。まだまだこれからも続くワケですが、どんな人生も、うんと俯瞰から見れば愛おしいものに思えます〜。
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-25 18:59
sognoさん
こんな時代もありましたねえ〜。(遠い目・・・/笑)
でも今振り返ってみると、この頃からだんだん本来の自分からは少しずつズレていくんですよねえ〜私。40代に入って元に軌道修正しましたが、今の自分の方がこの頃よりも「自分らしい顔」してる気がします。まあ、さすがにお肌はこの時には負けてますが〜(笑)。
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-25 19:07
朋百香さん
そうそう、当時はまだ平成に入ってすぐでしたし、着てるものはどれも昭和らしい流れのものが多かったです。こんな小紋、いま着てる人あまり見かけませんよね。
お茶のお稽古をやめて、どんどんがさつで大雑把な本性に戻っていくのが分かりました〜(苦笑)。茶道って、そういう自分の本性と向きあって、そこを多少矯正しながら磨いていくものなのかもしれません。つまり、私のお稽古は上っ面のものだったんだなあ〜って、今ごろになって気づきました。そう思えるようになっただけ成長したのだと思いたいです(笑)。
Commented by りら at 2012-11-26 04:09 x
わわ!皆さん書いてらっしゃいますけど、綺麗~!
着物雑誌のモデルさんかと思いました。
手指の揃え方など、所作も美しいですねぇ。

離れると忘れることもあるでしょうが「昔取った杵柄」という言葉もあるくらいで、きっとちょっとやったすぐ思い出されるのでは?
若い頃基礎を習うというのは、結構大事なことだと思います。
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-26 08:15
りらさん
昔取った杵柄・・・そうありたいもので、いずれまたご縁がありましたら、いい先生のもとでお茶をやりたいな〜と思っているのですが、どうもまだ時期ではないようで。
お茶やお習字のときは集中している部分といいますか、脳とか感覚とかがいつもとは違う部分が活発になっている感じがして、雑事から隔離されたひとときが心地よかったりするのでした。
いつかまたご縁があるといいな〜♪
Commented by naomu-cyo at 2012-11-26 10:45
 先日久しぶりに電源を入れたら一瞬湯気が出た我が家のこたつは1992年製。「もう20年も使っているんだ!」と驚いたところです・・・
 上京して20年です。あっという間ですねえ・・・(そんなわけないんですけど、あっという間と思わずにはいられない・・・)
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-26 10:56
naomu-cyoさん!!
電熱ものの古いのはキケンであります!!買い替えをオススメします。
って、もし買うなら、そのこたつの熱源をはずして櫓だけそのまま生かしておき、下に新しいホットカーペットを敷いてはいかが?こたつ同様あったかいですよ〜。オススメです。
人生の大先輩方にうかがえば、過ぎてしまえば20年も50年もあっという間らしいです。そんなものかもですね。
Commented by wildrose53 at 2012-11-26 20:17
まあ!このお姿、懐かしいです。
実はショートヘアのTomokoさんにびっくりしていたのです。
どちらもお似合いと思いますよ。お美しい!

一気にフタ昔前に戻って、胸のあたりがしん、としました。
Commented by sakurako_h at 2012-11-27 00:15
きゃあ〜、お美し〜〜♪
20代から着物をお召しになっていたんですね。
私は中学でお菓子目当てに茶道部に在籍するも、
正座が辛くて半年しか続かなかった前科持ちです(笑)
地元にいた時間より東京で過ごした時間の方が
長くなってしまいました。(遠い目…)
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-27 00:38
wildroseさん
そうでしたね〜〜〜!そうそう、そうでした。あの頃は美容院行くお金を節約してたのと、着物を着るので結ってみたかったのとで伸ばしてたんですが、もともとショート人間なので、4〜5年やって30才を期にまたショートに戻りました。
小野寺荘、ほんと懐かしいですね。今もよく覚えています。若いときの記憶だからでしょうか?(笑)。
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-27 00:42
sakurakoさん
はい、なんだかんだもう20数年着物着ています。10年を過ぎたころから、よくも飽きずに続いているな〜って思いました。でもって、コスプレ感覚も卒業したのか、着物着てますって意識がグンと薄れました。
ほんと、いつのまにか子ども時代よりもずっとずっとこちらでの暮らしが長くなりましたね。
Commented by ルリ子 at 2012-12-27 07:27 x
Tomokoさん、

アップ姿のTomokoさんも素敵ですね。 またお着物がはんなり系で、今のテイストとはまた違いますね。 お茶にはピッタリで所作も美しいです。 また伸ばすのはどうですか!
Commented by team-osubachi2 at 2012-12-27 08:18
ルリ子さん
まだ着始めて数年たった頃の写真ですが、着物を着たときに結ってみたかったのと、フリー稼業で美容院へ行くのを節約したかったのと・・・。なんだか別人みたいですね(笑)。今のこれが私らしいと思いますし、たぶんもう伸ばすことはないんじゃないかと思います。そういう意味でも、いっぺん伸ばして、こんなおべべ着ておいてよかったデス、ふふふ♪
by team-osubachi2 | 2012-11-24 18:57 | 着物のこと | Comments(16)