亥の子餅

昨日は旧暦でいえば、亥の月、亥の日。
・・・とくれば、和菓子屋さんには亥の子餅が出回り、
炉開きのお茶席などでも亥の子餅が登場したりする。

由来について、よくは知らないのだけれど、
無病息災を願ってこんな可愛らしいお餅を食べるらしい。

f0229926_095143.jpg

昨日、その亥の子餅を手土産に
所用で都内某所にある友だちMの事務所へ行き、
この事務所に仕事で訪れていた若いK君と、友だちMと私、
お互い身ひとつで働く三人でこの餅菓子を食べた。

ことに来春あらたなスタートをきるK君にとって
彼のこれまでの人生で大一番になる一年間、
無病息災で活躍出来る年であるよう、
友だちMも私もエールを送るキモチになった一日だった。
Commented by 香子 at 2012-11-23 23:10 x
Tomokoさんは、ちゃんと歳時記にのっとって過ごしてらして
エラいなあ〜といつも思います。
ワタシなんて日々の暮らしで簡略化の一途。反省 (-_-)/
酉の市に引き続き、亥の子餅も未体験です(恥)
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-24 01:33
香子さん
いえいえ、まさか。このオラオラな毎日ではいちいち歳時ものに気をつけていられないのが現実ですよ〜。私のはたまたま気がついたときに気がむいたらする「歳時もの」ってスタンスで。^_^;)
お茶をやめて大分たちますが、先生方が季節にそったお菓子を出してくださったおかげじゃないですかねえ。ことに水無月や、この亥の子餅とぜんざい、それからお正月の花びら餅が好きでした〜♪
Commented by sogno at 2012-11-24 17:18 x
その季節季節のお菓子をいただく、それを聞いただけで
お茶を習っている方が羨ましくなったりする私です(笑)
お茶の入っている器、ステキですね。
蕎麦猪口にも使えるようなカタチですね。
Commented by team-osubachi2 at 2012-11-24 19:07
sognoさん
お茶は本当に習って損なものは何ひとつなかったです。まだ若かった私は、上座下座からして知りませんでしたし、季節の歳時には無知でしたし、お花やお軸や器の扱いから何まで、すごく勉強になりました。とはいえ、今やこのていたらく・・・ですが(苦笑)
そうそう、その当時の写真をアップしたので見てやってください。さすがにうつむいてもたるみのない顔してますね〜(笑)

Mさんの事務所のお茶碗、こだわりで手に入れたカワイらしさです♪
by team-osubachi2 | 2012-11-23 00:25 | 食べる | Comments(4)