年に一度の、ピザ de ホームシアター

ゆうべは年に一度の「ピザを齧りながら映画を見る」夜だった。
店屋ものにとんと縁がない我が家だけど、去年の今ごろだったか、
「いっぺんくらいピザを齧りながら映画を見てみたいな〜♪ 」
(一人暮らしのときもデリもの・店屋ものにはまったく無縁だったし)
というコトで、映画『Barry Lyndon』を見るときにやってみた。
なんといっても夕飯の仕度や片付けをしなくて済むのがありがたいんである。

とはいえ、昨年はピザのお供にとったサラダやチキンにガッカリしたので
今年はスープと人参サラダだけ用意して、ピザとポテトを注文した。

f0229926_10111125.jpg

f0229926_9581840.jpg

今年のピザdeホームシアターのお題は『The Deer Hunter』。
先日テレビ番組のインタビュー(見逃した〜)で
高倉健さんが挙げた一本だと知り、あらためて見てみたくなっちゃった映画。

1978年製作の3時間近い大作。
食事はこの映画の平和な前半部分のうちに食べ終えるのが正解である。

f0229926_0423869.jpg

クリストファー・ウォーケン、まだ若くて役にピッタリで、
今回あらためて戦地の病院で心が傷ついて苦しむ場面を見て、
別な意味でズーーン・・・と胸が痛んだ。
メリル・ストリープも若くて、こんなに細かったっけか〜!とビックリ。
でもって、美しい・・・!
『Music of the Heart』のこの人も大好きだけれど、
ミュージカル映画の『Mamma Mia!』を見てビックリした。
いまだ第一線で主役をはれる女優ってなんてスゴイんだろう、尊敬する。

ロバート・デ・ニーロはいわずもがなの存在感で、
毎度惚れ惚れするような男ぶり。
この人が出る映画はいろいろ好きな作品があるけれど、
ときどき本棚からひっぱり出してきて見たくなる映画『Midnight Run』。
この映画のロバート・デ・ニーロは大好きだ!
これを見るといつも元気をもらう気がする。
な〜んて書いてると、また見たくなってくる。

?年ぶりに見た『The Deer Hunter』。
すっかり忘れていたシーンもたくさんあったけれど、
はじめて見たときは、もう心臓がバクバクして痛くなるくらいに
顔をゆがめながら見た部分は、その先がわかっているのに、
今回もやっぱり胸が痛む思いで見た。
戦争映画でもあるけど、深い人間ドラマだなあ〜と思う。
テーマ音楽のギターの調べががしみじみ心に沁みる映画だ。
Commented by sogno-3080 at 2012-10-08 20:12
映画と聞くと、のこのこやってくる私です(笑)
健さんオススメのディアハンター、私の場合、デニーロさんより
クリストファー・ウォーケンの方にシビレてしまいました。
後半の鬼気迫る狂気、震えました~
こんな良い映画何で今まで観なかったんだろうと、損した
気分でしたよ。最近のオットの口癖が「ピザを食べたーーい!」
なんです。
Commented by team-osubachi2 at 2012-10-08 21:35
sognoさん
わかります〜!!この映画、ニック役のキャスティングの成功に負うところも一部ありますよね?!って思っちゃうくらいクリストファー・ウォーケン、ハマってると思います〜。
>こんな良い映画何で今まで観なかったんだろうと、
ジャンルを勘違いされていたからでは?でも今のsognoさんのお歳になったからこそ、映画の良さが深く分かるってコト、あるんじゃないですかね。ご主人、ピザに早くありつけますように〜♬(笑)。
Commented by miki_kawa at 2012-10-11 22:42
クリストファー・ウォーケン、好きでした!映画の題名忘れちゃったけど、事故で植物状態になってしまい、何年も経って目が覚めた時には、手が触れた相手の未来が見える能力が備わってたという教師の役で。結局可哀想な役なんだけど、そういうのが似合う役者よね〜。女が何かしてあげたくなるタイプ?確か、マーチン・シーンが悪役で出てたけど、見たことない?私はTVで何回も観たの。
Commented by team-osubachi2 at 2012-10-12 07:34
mikiさん
検索してみました〜。『デッドゾーン』という映画みたいですね。スティーブン・キングの原作だそうですよ。残念ながら見たことないですが、またテレビでやってくれるかしらん?
>結局可哀想な役なんだけど、そういうのが似合う役者よね〜。女が何かしてあげたくなるタイプ?
たしかにそういう顔かも〜(笑)。「薄幸系」男子の代表かもですね。
by team-osubachi2 | 2012-10-08 10:58 | 日々いろいろ | Comments(4)