お初もののピオーネ

子どものころ、ブドウといえば
だいたい小粒の種なしブドウ・デラウェア。
これは今も好き。

稀に大きな粒の黄緑色したのなんて登場すると、
子どもながらに興奮してた気がする。
ちょうどフルーツカルピスをもらったときと同じような興奮かな。
そのうちに巨峰なんて大粒のブドウが登場した。
こんな大粒!皮をきれいにむいて口に入れるとウットリした。

とはいっても、そんな高級なブドウを口にできるのは
お葬式や親戚の見舞いのお裾分けをいただいたときぐらいなんだけど。
そのくせわがままがでた。
「この大粒、種がないといいのになあ〜」
稀にしか食べられないくせに、そんなコトを思っていたら
いつしか種なしのピオーネが登場した。

f0229926_953098.jpg

週一で届けてもらう野菜箱に、先週ピオーネが入っていた。
今年我が家でのお初もの。
秋が来たんだな〜、やっと♬
Commented by 神奈川絵美 at 2012-09-24 20:23 x
こんにちは! ブログを拝読して「ああ、葡萄の帯を早く締めなくては」と焦った私です(笑 だって結構早く旬が過ぎちゃう)。
葡萄のお隣の豆皿が可愛い~☆テーブルウエアも秋の装いですね。
Commented by team-osubachi2 at 2012-09-25 10:18
絵美さん
葡萄の帯・・・意識をむけてみれば、ああ〜たしかに旬は短いですよね〜。持ってないんですけど、いつか欲しい帯のひとつです。
咲く花や旬の食べもの、日本の文様と密接にかかわってて、その移り変わりを見ながら装いを積もっておくなんて、やっぱりいい文化だなあって思いますよね。
by team-osubachi2 | 2012-09-24 09:57 | 食べる | Comments(2)