七夕祭り(残暑見舞い)

                                  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 残暑お見舞い申し上げます 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     暦のうえでは秋に入りましたが、まだまだ厳しい暑さが続きます。
   どうぞくれぐれもご自愛いただき、元気に夏をお過ごしくださいますよう 。


                                       
f0229926_23394474.jpg




(イラストは以前いただいた雑誌の仕事から)
*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本日七日は立秋。
そして郷里の富山では七夕祭りの日である。
むかし親父さんがどこかからか笹竹を手に入れてきて
玄関わきにくくりつけて立てたところへ、
押し入れからとっておきの七夕飾りを出してきて笹へ飾りつけた。
さらには保育園や小学校で作った飾りものや、折り紙の飾りものや短冊をさげ、
お盆と七夕のときに使う赤い提灯をだしてろうそくを用意しておくと、
しょぼいながらも七夕らしい行事を子どもながらに感じて
わくわくして楽しかったのを覚えている。

この日は早くに夕飯をすませ、
親父さんにもなんとか早く仕事から帰ってきてもらって
遠くにある町の中心で毎年行われる七夕祭りへと
繰り出すのが本当に楽しみだったものだ。
町の中央通りには大きな七夕飾りがいくつも下がり、
屋台もたくさん立ち、お化け屋敷も来るのがおおきな楽しみだった。
思えば当時は娯楽も少なくて、大人も子どもも
田舎の人はみんなこんな季節の行事やお祭りを楽しみにしていた。
人でごった返す町の中央通りがとても大きく感じられ、
迷子になりそうだったし、弟も迷子になったりしたっけ。

中学・高校生ともなると、もう親がかりでは行かなくなった。
中学からは自転車通学だったこともあり、
町まで10km近くあるのを自分で自転車をこいで友だちと出かけた。
夜遅くに帰ると親によく叱られたりもしたけれど、
暗い夜道にはいつも天の川が大きく横たわっていたのを見上げながら帰った。
私にとっての七夕はだからまだ梅雨空が残る七月ではなく八月のものだ。

高校を卒業して上京した後は、もうそんな郷里のお祭りにも行けなくなった。
お盆に帰省してみれば、どこまでも続いているように見えた町の中央通りは
ただ単に二車線のちいさな道路でしかない。
どうして幼い頃はあんなに大きく幅広く見えたのだろう?
七夕さまの翌朝、来年も使うちょっと大きなお飾りを外した笹竹は
裏の浜辺で焼いておしまいにしていた。
今はそんな家もないのだろうし、何より自治体で禁じられている。

お祭りが終わってしまったあとは、なんだかぼんやりして、
これから一所懸命にやらなくちゃいけない夏休みの宿題と、
夏の暑さでなんだかぐったりしたような気分になるのだった。

今も自分が知っている唯一の七夕祭りは
昭和40年代の富山の端っこのちいさな町のものだけである。
Commented by sogno-3080 at 2012-08-08 20:17
七夕祭り、私の故郷では特別なことをしないので
興味深く読ませていただきました。
夏休み、まず思い出すのが、最終日に泣きべそかきながら
宿題をやったことです(笑)
 ↑
気になる映画ですね。
Commented by 櫻子 at 2012-08-08 23:52 x
小さい頃は、魚津がものすごく大きな町に見えていましたが、
今行ってみると「あれ?」ってほど小さい田舎町です(笑)
ウチの田舎も区画整理の波が押し寄せていて、
ここ何年かで行く度に村の景色が急変しています。
若者は街へ行ってしまって年寄り世帯ばかりだそうです。
あぁ、だったらそのまま住まわせてあげれば良いのに…とは
よそ者だから言える事なんでしょうかねぇ。
Commented by team-osubachi2 at 2012-08-09 07:09
sognoさん
七夕さまもお飾りする祭りですが、地域によって違いがありますね。どこでしたか、たしか里芋の葉っぱで朝の露を集めて墨をすって短冊に字をかくなんていうのも風情あるなあ〜って。
しかし大人になって何が嬉しいって、夏休みの宿題やんなくてよくなった事ですね!いまだに「自由研究」って聞くとぐんにゃりしそうになりますもん。(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2012-08-09 07:15
櫻子さん
いやあ〜入善町から見れば魚津は大きかったですよお〜。たしかに大人になってみれば、あまり変わりない気もしますが・・・ってローカルな話題(笑)。
地方はなんでこう魅力のない地域になっていくんでしょうかね?もっとベタで「オラが村、オラが町」ならではの色って出せないんですかねえ?いまではその方が元気が出そうだし、注目もされる気がしますが、でも、やっぱり実家にいたら同じことしてるかもですが・・・って、ポリシーないですねえ、自分も(苦笑)。
Commented by sachiko at 2012-08-09 11:07 x
お飾りを家族でいろいろ作り 短冊に願い事を書き飾ったものでした
昔は時節になるとお花屋さんに竹売ってました

そして 翌朝川に流しに行ったこと 子供の頃の思い出です
都内でも外れなのでできたことでしょうか
しかし浄水場が整備され 川流しできなくなりましたけれど・・・

昨夜過ごしやすかったですが 残暑厳しそうですよね
どうぞお元気にお過ごしくださいませ
Commented by team-osubachi2 at 2012-08-09 12:10
sachikoさん
お暑うございます。
そうでしたか、都内でも昔は川流しができたんですねえ。(あ、うちの村のすぐヨコは黒部川の河口なのですが、なぜか浜辺で仕舞いにしていましたねえ)短冊にお願いごと、やっぱりいい風情ですよね。いまの住まいではすぐ側にいくらでも笹竹があるんですが、さすがによそ様の土地のものなので、どうにもなりませんですね。 ^_^;)

ほんと昨日は過ごしやすい一日でしたが、残暑はまだまだこれからですね〜。って、考えないようにしてはいますが、どうぞsachikoさんもご自愛くださいませ〜。

by team-osubachi2 | 2012-08-07 00:39 | 仕事をする | Comments(6)