枇杷のお福分け

この時期、住宅街を歩いていて、
ときどきたわわに実っている枇杷の木を見かけると、
条件反射で枇杷糖の甘みを思い出し、思わず口の中がジュワ〜っとなる。
枇杷はだ〜い好きな果物のひとつだ。

f0229926_13382644.jpg

昨日嬉しいお福分けをちょうだいした♬
くれたお人にきいたところ、千葉から送ってもらったものだとか。
ひとつひとつロゴの入った紙袋で包んである。
きっと大事に育てられたんだね。
実ひとつで食べ応えもあり、みずみずしくてとても美味しかった。
作ったお人と、お福分けしてくれたお人に深く感謝。
Commented by はつき at 2012-06-25 16:24 x
びわって、いつまでも素朴な甘みのままで、あまり品種改良なんぞをしていない気がします。そんなところが好きです。
Commented by team-osubachi2 at 2012-06-25 17:41
はつきさん
なるほど、品種改良、いわれてみればそんな印象ありますねえ。
実が大きかろうが小さかろうが、種っていつまでたってもコロンと存在感がありますし。いつも「もっと果肉が食べたい〜!」(笑)って思うくらいが、美味しく食べられる程の良さ、かもですね。
by team-osubachi2 | 2012-06-24 13:46 | 食べる | Comments(2)