北陸の味をちょこっと

昨夜は金沢へ移動して一泊した。
でもって夜は、繁華街の片町にあるビジネスホテルからほど近い
木倉町通りの割烹居酒屋で、北陸の味をちょいと堪能した。

旬も最後のホタルイカのお造りに刺身の盛り合わせでしょ、
能登の岩もずくは素晴らしい歯ごたえで買って帰りたいくらいだった。
それから加賀野菜の天ぷらでしょ~♬
治部煮もいきたかったけど、さすがに胃袋にも限界があって
今回はあきらめた。

甲殻類アレルギーの相方には申し訳ないけれど、
ここで食べずして帰らりょ~か!の白海老の唐揚げに、甘エビの刺身。
仕上げは冷た~くした越中の氷見うどんをツルツルッとたぐって満腹満腹。
そりゃ富山の実家でも甘エビをしこたま食べて、
氷見うどんも大門素麺も買えるんだけど、
やっぱり板さんの手にかかったお造りや天ぷらや
冷たいうどんと汁の味わいってもうぜんぜん違うんだも~ん。
しこたま食して、歩いてすぐのところに
ホテルのベッドがあるとはありがたかった。

昨日今日は金沢もいいお天気。
これから相方の所用で野々市市へ移動。
おっとその前に、バス停前の香林坊の大和百貨店で
加賀麩をお土産にいろいろ買い込む。
冬場であれば「かぶら寿し」という、
麹漬けにした魚とかぶの珍味も買いたいところなんだけどね。

あとは夕方、小松空港で見るとしましょうか。
好物の「あんころ餅」も食べたくてしょうがないんだけど、
これは早々と売り切れてしまうから無理かもしれないな~。
もっとも、日持ちしないあんころ餅は
今日中には食べられないかもしれない。
どこかへ行くたびに、胃袋が小さくなっていくのを実感する。

・・・とまあ、どこへ行くにしても、
いやしんぼの考えることなんて、そんなところである。
by team-osubachi2 | 2012-05-27 10:28 | 旅をする | Comments(0)