帰省の途中

東京駅から上越新幹線に乗り込み、
ただいま駅弁を楽しみながら移動中。
こちらは五目のわっぱ飯、相方は深川めし。

ごく普通程度に駅弁が好きで、
列車の旅のさいの楽しみのひとつにしているが、
食べながら、ふと、世界の駅弁事情をしりたくなった。
ネット検索していくつか読んでみても、
もちろん日本のようなお惣菜弁当の文化はない。

あれはポルトガルを旅したときのことだったっけ。
リスボンからオビドスへ列車で移動したときのコトを思い出した。
リスボンの駅の売店で、朝食がわりのサンドイッチを買いに行った友達2人は、
20分近くかかったのち、なんと手ぶらで
荷物番をしていた私のところに戻ってきた。
売店のアルバイトらしき女子店員が、てんで役立たずで、
拉致があかないというコトだった。

え~!そんな~!この日の朝、ホテルから食べずに出てきて
移動する列車の中で空腹なのは耐えられな~い!!
というコトで、友達と交代して今度は私が売店にいき、
3人分のパンを注文しようとしたところ、
若い女子店員はニヤニヤするだけで、こちらの注文にまったく動こうとしない。

やっぱり拉致があかないコトに業を煮やした私は、
下手な英語で、しまいには怒鳴りつけてオーダーを言ったところ、
そのとき、奥からベテランらしき女性が登場して
テキパキと捌いてくれ、なんとか発車に間に合ったのだった。

どこのどんな飲食店でも、お兄さんやおじさんたちが
テキパキと気持ちよく立ち働く姿と、何を食べても美味しかった
という印象があるポルトガル。

でも、このときばかりは、車内で食べたサンドイッチの味よりも、
この役立たずな若い女子店員(それが2人もいたんである)のことが
ポルトガルの列車旅の思い出になってしまった。
・・・ま、いいけどね。

こんなことを綴っていたら、列車はいつの間にかあの長いトンネルにいた。
さて、そろそろ越後湯沢駅である。
乗り換える準備に入る。

越後湯沢。棚田は田植えを終えたばかり。
今日は肌寒い雨。
by team-osubachi2 | 2012-05-25 12:44 | 旅をする | Comments(0)