うちのダンデライオン

去年の夏の終わり頃、ブログで知り合ったお方のもとから
我が草むら園にやってきた野の草のひとつに
「千島タンポポ」と呼ばれたひと鉢があった。

普通のタンポポとはちょっと違って、葉っぱがギザギザしてなくて
しかも粗い毛がほけほけと生えている。
冬の間、じ〜〜〜っとロゼッタ葉のまま辛抱してくれて、
春あたたかくなったらどんどん毛の生えた葉っぱを伸ばし、株も増えて
そして今月に入って可憐な花を咲かせるようになった♬

f0229926_1148552.jpg

花の形や、花の土台裏の部分が反り返らないことから
日本タンポポのひとつだと思っていた。

先ほどになって、あらためて送り主のメールで名前を確認したところ、
間抜けな自分が、「千島」を「蝦夷」と勝手に勘違いしていたために
このタンポポの正体がずっとわからずにいたけれど
これでようやく判明した〜!やれやれ。

「千島タンポポ」という
この可憐な野の草のお里は遠いヨーロッパだそうである。
by team-osubachi2 | 2012-05-15 11:50 | 生きものの世界 | Comments(0)