おだやかな春の日に着る木綿

ことさらな花見は予定していないけれど、
街や公園のあちらこちらで、やさしげな淡いピンク色が
華やかに膨らんでいるのを見ると
もうそれだけでなんだか足取りも軽くなり、
ああ〜春だなあ〜!と、よい心持ちになる。

昨日は歩けば汗ばむほどの暖かさと、満開の花が咲く中、
まるで “女学校時代の恩師” のように慕っている方と
(女学校も女子校も私には経験がないけれど)
久しぶりにお会いするため表参道へ出かけた。

f0229926_2310574.jpg

昨年体調を崩されてしばらくお会いできなかったその方と、
とあるカフェでゆっくりとお昼ご飯を食べながら
たくさんおしゃべりをした。

以前、芸能関係のプロデューサーをしておられたこともあって、
この方の人を見抜く力はずば抜けていらっしゃる。
そして、その人が、よりその人らしく素敵に輝くように・・・と
アドバイスする能力には卓越したものがあるように感じられる。
(もちろんかなり厳しいご指摘も受けたりするのだけど)
たまたま友人知人を通してはじめてお会いしたころ、
この方に言われたアドバイスが忘れられない。

「あなたは顔がしっかりしているのね。ボーイッシュな感じ。
だから女らしいふんわりしたものや、着物でも錦紗みたいなのを着ると
あなたのキツさがよりキツく出てしまうの。
せっかくあなたが持っている良さが消えてしまう。
それよりも、カチッとマニッシュなジャケットや、
そうねジーンズもいいわよ、着物なら紬だとか木綿ね。
そういうちょっと硬くて男性的な感じのものを着た方が
逆にあなたの内面の優しさや女らしさが表に現れるのよ」

・・・目からウロコ、だった。
当時自分の中にある男らしさみたいなものが
コンプレックスだった私には、このアドバイスはことのほか効いた。

f0229926_234099.jpg

ということで、昨日はごくごく普段着ではあるけれど、
弓浜木綿の紺絣を着ていった。
「あら〜いいわ〜、すごく似合う!
やっぱりあなたはそういう方が似合うのね、とっても素敵よ」
そしてこうも言っておられた。
「これからだんだん年とともに、
少しずつ柔らかいものも似合うようになっていきますよ」

この方はすこぶる褒め上手でもいらっしゃる。
いつでもどんな時にも、人と会えば、
瞬時にその人のいいところを見つけて褒めてあげる。
そうしてご自分は、どんな若い人からでも、まわりから受けた好意に
キチンと「ありがとうございます」と言い、頭をさげていらっしゃる。
見習いたいものだなあ〜・・・と、お会いする度に思う。

いまだ年齢をうかがったことはないけれど、
おそらく私の母親と同じくらいのお歳ではないだろうか。
3年前に最愛のご主人を亡くされ、体調もまだ万全でないせいか
以前に比べてひとまわり小さくなられたような感じがしたけれど、
どうぞこれからもお元気で・・・。
またお会い出来る日を楽しみにしています。
Commented by りら at 2012-04-11 01:18 x
わぁ~!なぁんて素敵な春の装い!
弓浜の藍に明るい水色の帯が輝くようですねぇ。
帯のモダンなお花柄もすてきぃ。
久々にTomokoさんのお着物姿を拝見して、すっかり嬉しくなりました。

大好きな方とお目にかかる、そんな弾んだ気持ちが伝わってくるようです。
こういう人生の先輩がいてくださるって、大事な大事な宝ですねぇ。
Commented by sogno-3080 at 2012-04-11 06:41
あら~~素敵ですわ~~!!着物雑誌のモデルさん?
って感じですよ。帯がインパクトありますね。
こういうアドヴァイスしてくださる方、貴重だと思います。
見抜かれていてちょっとコワイような気もしますけど・・・
Commented by ルリ子 at 2012-04-11 08:45 x
Tomokoさん、 とっても素敵な藍の弓浜木綿の着物と帯ですね。
春らしい、モダンなデザインですね。  私も木綿やウールが好きでもっと普段に着たいなぁ、と思います。

この装い、Tomokoさんらしさが引き出される感じです。 初めてお会いした時、私も同じような印象を受けました。ボーイッシュでしかもチャーミングな方だなぁ、と。 
Commented by team-osubachi2 at 2012-04-11 10:03
りらさん
楽しいおしゃべりのあと、この弓浜絣でお世話になった呉服店へはじめて着姿を見せに行き(求めてからもう何年にもなりますが)、自分の着姿よりも桜撮りたさにめずらしくカメラを持参していたので撮ってもらいました〜♬
私には、イラストの恩師と、この女学校の生活指導の先生(?)みたいな恩師のお二人がいまもこうしてお元気でいてくださって、叱って(優しく厳しい批評)くださるんです。40代も後半になってくると、だんだんと人は褒めてはくれますが、厳しい事を面と向かって言わなくなるものなんですよねえ、そんな中でとてもありがたい存在です。感謝ですねえ。
Commented by team-osubachi2 at 2012-04-11 10:16
sognoさん
いやあ〜、お恥ずかしい限りですが、ちょいとたまには(顔がたたない程度に)記録しておこうと思いまして。

>見抜かれていてちょっとコワイような気もしますけど・・・
そ〜なんです、人って、自分のことなのに、自分で見たくない部分や卑下してる部分や受け容れたくない部分があると、そこをアカの他人に突かれるのが、怖かったり不愉快だったりするんですよねえ。
本当の意味で、あるがままの自分を知って受け容れていくと、そういうのってなくなるようですが、本当の自分を知るって実は簡単なようですごくムズカシくてイタイんです(笑)。日々修行だな〜って思います〜。
Commented by team-osubachi2 at 2012-04-11 10:42
ルリ子さん
ね。大よそゆきに袋帯を締めると、それはそれでバーン!と高揚感があっていい気分ですけども、着物の面白さってやっぱり普段着にたくさんあるように思いますよね。
ボーイッシュ、男らしい、中身オヤジ(笑)。赤ちゃんのときから男子に間違われてきた私にとっては、知らず知らずこれが悩みの種だったんですよ〜。でもこれが私らしいんだな、と40も過ぎてようやっとのことで受け容れることが出来ました。これでいいや、と思えるようになり、逆に自分の個性として魅力の素になってくれるといいな〜って思えるようになりました。そこが自分なりに成長したところだと思いたいです(笑)。
Commented by すいれん at 2012-04-11 10:45 x
tomokoさま
素敵! tomokoさんがブルーの帯って、私初めて見たかも・・・。
シャープでよくお似合いです。 tomokoさんが木綿を着ていると私も着たくなってしまうのですが・・・暫くは「買い物」出来ません(笑)  いいですね、こういう人生の先輩がいらっしゃると。 ズバッと言ってくれる先輩というと、私の場合は黒澤の姉かな・・・。
本当のこと言ってくれる人って貴重ですよね。
Commented by team-osubachi2 at 2012-04-11 12:39
すいれんさん
これ、大好きな帯であったかくなってきたらよく締めてるんですが、着物を着始めたころに住んでいたアパートの大家さんのローケツ染めの帯です。この大家さん宅で茶道を習っていた姉弟子さんが買い求めたものの「私にはもう若いから」と反物のまま私にくださったお福ものです〜♬

>本当のこと言ってくれる人って貴重ですよね。
まったくです。自分に自覚がないとグッサリきたりもしますが、愛情の賜物だと、そのあとちゃ〜んと感謝になっていきますね〜。

すいれんさ〜ん、買いましょうよ〜〜あの久留米絣ぃ〜〜(笑)。
by team-osubachi2 | 2012-04-11 00:08 | 着物のこと | Comments(8)