青い野の花

うっかりしていて気がつかなかったけれど
今年は春一番が吹かなかったそうだ。
それだけ寒い冬だったというコトなのだろうが、
春分の日より前に吹かないかぎり
それはもう春一番とは言わないのだと今回はじめて知った。

去年道ばたから無理矢理(?)連れてこられた
我が “草むら園” のいろいろな雑草たち・・・。
ここで花を咲かせ、種を持ち、
その種を自ら飛ばしたのか、
またはこぼれた種が風で飛ばされたのか、
植えた覚えもない鉢からもキュウリグサやスミレが
ひょいひょいと生えてきている。

f0229926_1541535.jpg

株はまだちいさいのに、そのキュウリグサの花がもう咲き出した。
ワスレナグサよりもうんと地味で目立たない花ながら、
虫眼鏡で覗いてみれば、直径わずか2〜3ミリの花も
すこぶる可憐な姿をしていて、見ているとキモチが和む。

オオイヌノフグリも芽が出てまだ間もないのに、さっそく咲き出した。
去年、この鉢に実ったたくさんの「フグリ」の可愛らしさと、
まさに的を射たような名前の珍妙さに苦笑しながら
「来年も咲くといいな〜」なんて思っていたら、
いつの間にか、もう春になって咲いてるじゃん!・・・と
いまさらだが、月日のたつ早さにビックリしている。

f0229926_1602432.jpg

大好きな青い野の花たち、今年も咲いてくれてありがとう。
寒い寒いと言っていても、春はもう本番だね♬
Commented by りら at 2012-03-22 04:12 x
オオイヌノフグリ!懐かしいです!!
日本ではよく見かける花ですのに、こちらでは無いようなんです。
こうやって見せていただくと、花の青って、心が洗われるような気がしますねぇ。
Commented by team-osubachi2 at 2012-03-22 23:36
りらさん
オオイヌノフグリ、青い星を地面にこぼしてしまって散らばったみたいにキレイですよねえ〜♬
私も子どものころからこれが馴染みのフグリだったんですけど、これよりちいさくて色も淡いイヌノフグリ、なっかなか見かけなくて危惧種かもしれません。日本在来種のたんぽぽも西洋たんぽぽに圧されて、かなり絶滅危惧らしいです。植物の世界も、一見穏やかそうで、すごいサバイバル競争なんですよ〜。
Commented by すいれん at 2012-03-23 10:51 x
tomokoさま
オオイヌノフグリ、私も大好きな花です。いつも名前が可哀そうだと思いますが・・・。青い花ってお日様があたると、きらきら光っているような・・・。キュウリグサも青というか水色が、発色良くて小さいのにパッと目に飛び込んできますよね。春なんですね~、まだ寒いけど。
Commented by team-osubachi2 at 2012-03-23 17:37
すいれんさん
ねえ。相方ともよく話すんですが、植物だけじゃなくいろんな分野の名付け学者さんたちというのは、あまり言葉のセンスがないんじゃないか、と(笑)。
青い花の光の反射って本当に不思議ですよね。これから登場する若葉も、晴天の日差し下よりも、雨天や曇天の方がポウときれいな光を放ってるような気がするんですけど、何か共通項あるんでしょうかねえ?
by team-osubachi2 | 2012-03-22 00:10 | 生きものの世界 | Comments(4)