ちゃちゃっとちらし寿司

今日の朝刊・土曜版を見て笑ってしまった記事がある。
サトウハチロー作詞『うれしいひなまつり』
人形売りの業界でも、この歌の歌詞は困りものだという話。
「みなさん、この歌の通りだと思い込まれていて」・・・だそうな。

この記事を読むまで考えてもみなかった。
「お内裏さまとおひなさま」はあり得ない呼び名だ、と。
正しくは「男雛と女雛、一対で内裏雛」だという。
そう言われて、あ〜そうか〜!と、こちらも今頃になって気がつく始末だ。

「すこし白酒召されたか、赤いお顔の右大臣」は、本当は左大臣。
この間違いはなんとなく分かる気がする。
左近の桜と右近の橘もよく間違われることだから。

何より面白かったのが、作詞のサトウハチロー本人が
誰よりこの歌を嫌っていたというエピソード。
歌詞って、一度発表したらもう修正がきかないものなの?
この歌が流れるたびに苦虫を噛み潰していたらしい。
自分の失敗を永遠に直せないまま・・・というのは
生み出した人間にとっては痛恨の極みかもしれない。
笑っては気の毒だろうか。

f0229926_10474563.jpg

うちではもう何日も前に
ちゃっちゃとちらし寿司をこさえて食べてしまった。
市販のちらし寿司の素を買ってきて、炊きたてご飯に混ぜ合わせ、
金糸卵を焼き、でんぶがわりに人参しりしりをこさえ、
冷蔵庫にあったプチトマトをのっけて出来上がり〜♬

あとは、菜の花のおひたし、レンコンの甘酢炒め、
はんぺんと三つ葉のお吸いもの。
でもって、飲み物はビールか純米酒をほんの少し。
大人のしみじみご飯は、まあ、そんなところで。
Commented by すいれん at 2012-03-03 17:40 x
tomokoさま
いつもながら、しみじみご飯、おいしそう。 うちもお雛様に限らずちらし寿司は私が好きなので、時々作ります。
なんかこのちらし寿司、プチトマトのせいかイタリアンな感じで新鮮ですね、今度やってみよっと。
Commented by team-osubachi2 at 2012-03-03 21:20
すいれんさん
お飾りよりもやっぱり食い気の我が家です〜(苦笑)。
ぜんぶ手作りのちらし寿司は数えるほどしかやっていないので、市販をてきとーに利用しますが、やっぱり味が濃くなりがち。プチトマトがちょうどいい緩和材になってくれました。・・・って、冷蔵庫にあるもので済ませただけのお話でして(笑)。
Commented by りら at 2012-03-04 18:24 x
いつもこちらにお邪魔しては食欲を刺激されている私・・・
ちらし寿司の上にプチトマト!なるほど!!
お雛祭り・・・それらしいことは何もせずに終わっちゃいました。
来週辺り、ちらし寿司にしようかな~?
Commented by team-osubachi2 at 2012-03-04 22:32
りらさん
いやしんぼのしょうもない(メモも兼ねた)記事ですが、見てくださってありがとうございます。
私も結局今年はお雛さま、なにもせずに終わってしまいました。今度実家に帰ったら、一対の立ち雛、引き取ってこようかと思います〜。
by team-osubachi2 | 2012-03-03 11:09 | しみじみご飯 | Comments(4)