赤い実を食べた?

冬の京都を訪れるたびに、不思議に思うことがひとつ。

なんで京都の南天は、こんなにたわわに実るの・・・?

f0229926_20203254.jpg

関東じゃこんなに実ってない気がする。
寒くなって、実が赤く色付くころには、
肝心の実がなくなってしまっている枝もたくさんある。

土が違うからかな?
種類が違うんじゃないの?
そうかな?・・・そうかもなあ。

f0229926_20163582.jpg

赤い実がいっぱいあるね。小鳥は食べないのかな?
おいしくないんじゃない?

私が小鳥だったら食べたいなあ〜!
そんでもって、真っ赤っかな羽になるといいなあ〜。

赤い鳥、小鳥。なぜなぜ赤い、ってね。

f0229926_7102958.jpg

でも、おいしくなかったら、やっぱり食べない・・・か。
じゃ、湯どうふにしとこ。
Commented by りら at 2012-02-23 14:41 x
そう言えば・・・・こんなにたわわな南天って絵とか写真でしか見たことが無いような・・・
この地にもありますけど、こんなに実りませんねぇ。

おお!!赤のトレンチ!グレーのショールと黒の小物類でぐっとシックに見えます。
Commented by team-osubachi2 at 2012-02-23 22:52
りらさん
そうなんですよ、粒ぞろいの真っ赤っかな実がい〜っぱいなってるんですよねえ。葉っぱなんかも、おせち料理のお重に使えそうなくらいみずみずしくて。南天は20種類くらいあるとネットでかいてありましたけど、やっぱり種類が違うのかもしれませんねえ。
赤いコートにショールを頭に巻いて、まるで赤弁慶(?)みたいにして歩いてました。絵にならない写真ばっか撮れました〜(笑)。
by team-osubachi2 | 2012-02-23 10:37 | 旅をする | Comments(2)