いとし椿

                   
つらつら つばき はる すぎぬまに

きみもいざ はやゆきて 見よ こせやまの
いさはやと いふ つばきの うつしえを みて

                  「いさはや」水戸光圀



f0229926_19232529.jpg


椿の花が大好きだ。
香りではバラの花に負けるけれど
ある種は華麗さ、またある種は可憐さにおいて、
決してバラに引けを取らないと思う。
個人的には、バラはそう描きたいとは思わないのに
(描くより嗅いでいた〜い ♪ )
椿は何度描いてもまだまだ飽きないでいる。

先だって根津美術館へ『百椿図(ひゃくちんず)』を観に行ってきた。
二巻からなるこの絵巻の華麗さには本当にびっくりした!
燃えるような赤い花の色に感覚がシビレた。
各々の花に添えられた賛もとても素晴らしかった。

ことに手跡が見事な序文の冒頭にはこう記してある。
「此のころ花の中に椿をもてはやす思いをたてて
もろともに競ひもて遊びものとなれり」
江戸時代は園芸の時代でもあるそうだが
1600年代前半の寛永年間に椿の一大ブームが起こったという。
『百椿図』はそうして生まれた綺麗な絵巻物だった。

春を迎えて咲く椿の、その可憐な姿を見れば
自然と愛でずにはいられないではないか。
きっと四百年前の愛椿家もキモチの根っこは同じだろう。


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
Commented by りら at 2012-02-11 09:19 x
ついこの間年が明けたと思ったら・・・もう椿の季節なんですよねぇ。
この地でも人気の高い花で、近所を散歩するといろんな椿が見られます。

大きな鉢に盛られたいろんな椿・・・良いですねぇ。
Commented by はつき at 2012-02-11 19:10 x
お茶をならいはじめて、椿が茶花頻繁に使われること、種類がたくさんあることに興味を掻き立てられています。余談ですが、椿油も使いでありますよね!えらいぞ、椿!
Commented by team-osubachi2 at 2012-02-11 22:41
りらさん
椿の季節ともなれば、氷もゆるみ始めますねえ。日本の椿がやっぱり好きですが、西洋のカメリアも、中にはバラ以上に華麗なのもあって、西洋のべっぴんさんの髪に差したらさぞステキだろうな〜って妄想してます。(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2012-02-11 22:46
はつきさん
わかります〜!私もお茶の世界と椿との深い関係にググッときました。西王母の白玉なんて、ポッと床に活けてあるのを見ると、なんて無駄がなくて研ぎすまされていて、それでいて優しい様子になるんだろうって感心しますもんねえ。
あ、椿油、私も愛用していますよ〜。いろいろ整髪剤試してみましたが、椿油に落ち着きました。本当にエラいですよね椿って。
Commented by やっぴー at 2012-02-12 09:41 x
さすが江戸前期、華麗な絵巻物でしたね〜。
あんなに種類があるとは思いませんでした (@_@;
江戸の園芸ブームで有名どころは朝顔もありますが
朝顔のこういうのもあったら見に行きますね。
面白かったですもの (^-^)v
Commented by team-osubachi2 at 2012-02-12 10:07
やっぴーさん
ひとっ走り行ってきたんですね〜♪ お江戸の園芸ってなかなかですよねえ。桜に朝顔に椿にetc・・・。面白いなって思うのはオランダでもそのころチューリップが大ブームだったじゃないですか。そんな時代も、もしかしたら「植物」の意志だったりして?なんて思いますが。まあ、単に戦乱が終わって泰平になった印なだけかもですが。江戸の前期の着物の意匠もたまりませんよねえ♬
あ、根津美の冒頭にあった龍の屏風、さっき日曜美術館に出てましたね。雪村だったのか!って今ごろ認識。あの独特な顔の龍、「こんなふうに頭の毛がショボショボのじいいちゃんっているよな〜」って思いながら見てました。雪村、すんません(ぺこり)。
Commented by すいれん at 2012-02-12 11:02 x
tomokoさま
やっぱりtomokoさんの描いた椿、好きだわ。 tomokoさんが椿、大好きだからなのか 「愛」が溢れてる感じ。
好きなものを描くと、それが絵に伝わって絵から溢れてくるから不思議なものですね。 
Commented by team-osubachi2 at 2012-02-12 14:36
すいれんさん
ありがとうございます。でも私だけでなくきっとモノ作りをする人たちはそうなんでしょうねえ。好きなものには愛情がこもる。まわりのものすべてに共通していえることなんだろうなあって思いました。
by team-osubachi2 | 2012-02-10 23:24 | らくがき帖 | Comments(8)