榛原の千代紙

手すき和紙が大好きで(洋の水彩紙も大好きだが)、
ひと頃さまざまな種類の和紙をふんだんに買いだめしておいて
いろいろ遊んだ時期があった。

和菓子の空き箱に張って小物入れにしたり、
笊に一閑張りするやらして日用に使ったり、
廉価なスナップ写真アルバムや、旅のアルバムの表紙にしたり、
愛用している漆紙の乱れ箱の角が破れたら、そこを補修したり、
奉書の祝儀袋を用意したり、
巻き紙のお手紙をしたためたり・・・。
また、名刺はずっと手すき和紙に手書きと決めている。

f0229926_926489.jpg

先週末の朝、先日「モーニングサービス」が上梓されたばかりの
作家の三田完さんから四角い荷物が届いた。
はて?と思って包みをあけてみたらば、御礼ののし紙がかけられて
日本橋の和紙舗「榛原(はいばら)」の立派な手文庫が登場した。
その蓋をとってみたらば、中にはキレイな江戸千代紙!?
ひゃあ〜!!・・・望外のことである。

後にいただいたメールによると、
三田さんのお祖母さんは日本橋高島屋の裏で育った方だそうで
この榛原の千代紙がお好きだったとのこと。
三田さんご自身も榛原のファンでいらっしゃるようだ。

一介のイラストレーターにこの心遣い。
恐縮しつつも、頂戴したものはありがたく遠慮なく使わせていただく。
すでにいくつものちいさな菓子箱が
押し入れにひかえて出番を待っているのだが、
ま、しばらくはこのまま眺めて楽しんでからにしよう♬

日本橋・榛原
http://www.haibara.co.jp/
Commented by sogno-3080 at 2012-01-24 17:27
まあ、素敵なお話し!嬉しい心配りですよね~
こうやってどんどんTomokoさんのお付き合いの
世界が広がっていくのでしょうね。
日本橋高島屋の裏でお育ちになった方・・・・
お話しを伺いたいくらいです。
Commented by ソラカラ at 2012-01-24 18:24 x
手文庫入りの千代紙、綺麗ですねぇ。
私も和紙や綺麗な包装紙が大好きで、菓子箱に貼ったり、ブックカバーにしたりします。
紹介されている榛原さんのホームページを拝見して、榛原製 絵はがき 柴田是真「花くらべ」が欲しくなりました。
Commented by team-osubachi2 at 2012-01-24 22:40
sognoさん
仕事を長くやってきて、こんなコトはまずもって無い事なんですが、今回のお仕事はなんだか本当に面白いご縁が重なっております。
ね、昔の日本橋の暮らし、どんなだったのか興味がわきますよね。お話聞いてみたいものです。
Commented by team-osubachi2 at 2012-01-24 22:43
ソラカラさん
この文庫そのものも綺麗な赤い色でパッと目が覚めるようでしたが、ふたを開けてビックリ玉手箱な気分でした〜♬
>絵はがき 柴田是真「花くらべ」が欲しくなりました。
私も見てみましたが、綺麗ですよね。榛原へは時間がないときにほんの数度しか行ったことがないので、商品の大半はまだまだ見ておりません。時間があるとキケンかもです(笑)。
Commented by りら at 2012-01-25 09:04 x
榛原、懐かしいです・・・・
ぽち袋を集めていたりしましたので、よく見に行ってました。
独特な藍色木版のお正月の子供の絵のカードなど、今でもハッキリ覚えています。

素敵なお心遣いをなさる方なんですねぇ。
このエピソードを伺ってすっかり三田完さんのファンになりました。
そして、こういう気持ちを自分も持っていたいものだと思いました。
Commented by team-osubachi2 at 2012-01-25 13:01
りらさん
そうでしたか。昔の銀座や日本橋など、江戸東京らしいそれぞれの町に育った人達のお話、聞いてみたいものです。
しかし三田さんのお気遣いには驚かされましたが、ホントにそうですね、自分も持っていたいです。抜け作をやらかしてしまうばっかりですけども〜(笑)。
Commented by すいれん at 2012-01-26 16:28 x
tomokoさま
ま~、懐かしいです 榛原。 私もよく母の店のご用で行ってましたよ。母の店も 最初は日本橋の白木屋の近くだったのですよ。
その頃、私はまだ幼児でしたけどね。 な~んとなく あの雰囲気というか、匂いというか、思いだします。
あんまり明るいイメージでは ないんですけどね。
久々に聞きました「榛原」という名前。 まだあるんですね~。
Commented by team-osubachi2 at 2012-01-26 20:08
すいれんさん
まあ〜〜そうでしたか、榛原。なんですか日本橋再開発のためちょっと前に店舗が近くに変わったようですね。三田さんのお祖母さんの時代や、昭和までの日本橋のお話、いろいろ聞いてみたいな〜って思います。
和紙はあちらこちらで買いましたが、日本橋の榛原も小津和紙も数えるほどにしか行ったことがありません。いくつか好みはあるんですが、麻紙のドーサ引きが一番好きでした。
by team-osubachi2 | 2012-01-24 12:46 | これが好き | Comments(8)