ペトラのエルカズネ

先週末のイブの夜、テレビで
映画インディアナ・ジョーンズ・シリーズの第三弾を放送していた。
雑用を片付けながら、あるシーンの間だけテレビに見入った。
あ〜、ここここ!ここ行ったんだよなあ〜!

中東ヨルダンの沙漠の一角に、
古代ナバテア人が開いた都の跡であるというペトラ遺跡 (世界遺産) がある。
朝、巨大な岩盤を走る大きな裂け目をしばらく行くと、
険しく切り立ったその暗い裂け目の向こう側に、
突然明るくバラ色に輝く神殿が現れる・・・。
それが、このインディアナ・ジョーンズの映画にも登場した
神殿『エルカズネ』だった。

f0229926_22341327.jpg

今思い出しても、そのドラマティックな登場の仕方に鳥肌がたつ。
それくらい、ここは感動的な場所だ。

アルバムの日付を見ると2004年3月9日とある。
この時期、中東はいっとき穏やかな状態が続いていて
卒業旅行と思われる大学生なども観光地で見かけたりした。
けれども、これよりほんの数年で、
この時にまわったシリアやレバノンはまた渡航が難しくなってしまった。

でも、いつの日かまた、観光客らが安心して
旅行ができる時期がきっと来るだろう。
ときおりイスラム文化圏のニュースをチェックしながら、
そういう安定した時期が訪れるのを
祈りながら待つしかないなあ・・・と思うのである。
Commented by りら at 2011-12-26 06:38 x
お!この時季のお約束なんでしょうか?
こちらでも先日インディ・ジョーンズがTV放映されてました。
ハリソン・フォード、好きなんです~♪

陰陽が活きた素敵な写真ですねぇ。
中東にはまだ行ったことが無いのですが、平穏になったら是非一度行ってみたいと思いました。

今、世界は激動の時期に入っているように思えますが、なんとかそれぞれの宗教や価値観を認め合いながら平和に共存していく術は無いのか?といつも感じます。
Commented by すいれん at 2011-12-26 17:55 x
tomokoさま
おお何と素敵な・・・!そうでしたか「エルカズネ」 いらしたんですね~、映画とかで行った場所が映ると、俄然テンション上がりますよね。 そこの空気感まで蘇ってきて、旅の思い出は 一生の宝物です。   リラさんも書いてらっしゃる様にいつの日か、世界中がお互いの価値観を認めあえる日が来ますように! 
Commented by team-osubachi2 at 2011-12-27 01:06
りらさん
あら!それは偶然!今見ても、あの頃のハリソン・フォード、よかったですよね〜。ちなみにうちの相方は「ブレードランナー」狂でもありまして、あっちのハリソンフォード(&ルトガー・ハウアー!)も魅力的であります。
’03年からイスラム文化圏を旅しましたが、あの文化圏のことを自分たちは知らなさすぎる、と感じました。中東も本当に魅力的なところでしたよ〜♫ 私的にはですが、どの地域もご飯が美味しかった〜!
しかし、お互いに認めあうには、まずは無関心でいないこと。そしてもっと知ること・・・からですよね、きっと。
Commented by team-osubachi2 at 2011-12-27 01:15
すいれんさん
もしもいま平和な時代のままなら、すいれんさんにもオススメしたいところです。ペトラは素晴らしい遺跡でした。これ、岩盤を彫って作られた神殿ですよ。すごいですよね〜?!
私は宗教には傾倒しないのですが、旧約聖書やイスラム教や古代キリスト教のからみあう広大な荒れ地からは、なぜか「祈り」という言葉が湧いてきました。あの不毛の地を生き抜くには、やっぱり一神教のような絶対的な神を必要としたのかもしれないなあ〜って、そんなことを感じたものでした。
by team-osubachi2 | 2011-12-26 00:51 | 旅をする | Comments(4)