ヤモリの帯留め

一日中曇って、南からジメジメとした湿気っぽい空気が流れてくる中、
カメラマン女子・武藤嬢のお誘いで、昨秋に続き、
劇団花組の楽しいオトコ芝居を観に行ってきた。
(花組ヌーベル『番町皿屋敷』/座 高円寺にて)

お芝居は楽しく観つつも、途中むさぼり寝てしまったりもしたので、
まあ、その話は置いておくとして。
この日の武藤嬢は、キレイな緑色の濃淡と白い線が効いた格子紬に
爽やかな生成り色地にポップな花鳥が型で小紋染めにされた
カワイイ名古屋帯といういでたち。
私の方は、着慣れてきたゆみはま絣に、少し早いが、生成りと藍色で
ざっくりと市松に織られた麻の八寸帯という組み合わせ。
そしてこの日は「ヤモリ」の帯留めをつけた。

一昨年、青山ゑり華さんの店頭で見つけ、すぐに気に入って買った
日野譲さんの「電車」と「ヤモリ」の木彫の帯留めだ。
(レーザー彫刻ならではの細密さとお手頃価格が気に入って、
その後「帆船」もリクエストして作ってもらった)
とくにトカゲものが好きというのではないが、
なんとな〜くオンナっぽくない辛口の雰囲気が気に入っている。

f0229926_21463576.jpg

ちなみに、イモリとヤモリは違う生きものだ。
(イモリは両生類。ヤモリは爬虫類)
都会の住宅街でも、夏の夜などに
どちらかを見たことがある人は多いだろう。
6月に入って、緑の色もだんだん濃くなり、それにともなって
小さな生きものたちの動きがますます活発になってきている。
私にとってはこんな帯留めも、夏から秋の間、
季節の装いを楽しむアイテムのひとつなんである。
Commented by すいれん at 2011-06-08 09:43 x
tomokoさま
キャ~、マニアック! でも、なんかカッコ良いです。 私も好きですねぇ。これを見て 私はワニの帯留、欲しいと思いました(笑)

ところで、長平庵の門にいつもくっついていて、門を開けるとボタッと落ちるあれは、ヤモリなのか、イモリなのか? どこで見分けるのでしょうか?
Commented by team-osubachi2 at 2011-06-08 10:01
すいれんさん
すごい、ワニも良さそう!なかったかなあ?ワニ・・・。(笑)
いいないいな〜イモリもヤモリも長平庵にはいっぱいいそうですもんね〜!(笑)
イモリとヤモリの違い、コレを見るとわかりやすいかも。
http://www.htokai.com/imori/chigai.html
お時間のあるときにでも、検索窓にコピペして検索してみて〜。(笑)
Commented by 神奈川絵美 at 2011-06-08 22:18 x
こんにちは! 私、Tomokoさんの帯留めコレクション、大好きです! ヤモリとは、これまたツウですね~小さな生き物好き(?)のTomokoさんにぴったりですし、決してチープでないところが素敵です。
うちの実家には、この季節になるとヤモリが決まって台所のスリガラスの窓、ほぼ決まった場所にへばりついています。いつも同じヤモリなのかどうかは謎です(笑)。
Commented by team-osubachi2 at 2011-06-09 08:51
絵美さん
実際にはこれ、ヤモリだかイモリだかハッキリしないんですけど、ま、背中が爬虫類ぽいからヤモリにしておくか、と。(笑)
イモリとヤモリの寿命、どれくらいなんでしょうね?絵美さんのご実家のもだいぶ世代交代したでしょうが、たぶん縄張りを持つ生きものですから、その場所界隈では同じ奴じゃないですかね?店子みたいに思って可愛がってあげてください(笑)
by team-osubachi2 | 2011-06-07 22:33 | 着物のこと | Comments(4)