巣立ち

世の中の大型連休も終わって、リビングの大窓の向こうに見える
丘の緑のすっかりあざやかな緑色になった週明け11日のこと。
朝のベランダに出て、我が家の小さな草むら園を見てまわり、
チラリと見たときにはまだ変化のなかった「それ」が
小一時間ほど後に洗濯物を干して、気がついたときにはもう遅かった!

しっ、しまったああああ〜〜!!!

f0229926_7551589.jpg

去年の秋に、なんと物干しのホルダー部分に
親トックリバチが半付け状態のトックリの巣をこしらえた。
それから待つこと数ヶ月・・・。
そろそろかなあ〜?と、この子トックリバチの巣立ちを
心待ちにしていたのだけど・・・。
一瞬の隙に、成虫になった子トックリバチは穴をくりぬいて出て、
今度は自分の子孫を残すためのパートナーを探しに飛んでいってしまった。

ハチは鳥のように戻ってきて
またあの見事な巣を作ったりはしないものかしらん?
・・・ないだろうなあ〜。そんなコト。
一年で命を終える虫たちの短い夏がはじまった。

(昨秋の巣作りの様子)
http://okakara.exblog.jp/14791018/
Commented by すいれん at 2011-05-14 10:12 x
tomokoさま
覚えてますよ、あのトックリ蜂さん。 どうしたかな~って思ってました。 そーですか、巣立ったのですね~。自然は素晴らしいです。 うちの日本蜜蜂は、今年は駄目そうです。 残念ですが・・・。
Commented by team-osubachi2 at 2011-05-14 11:10
すいれんさん
ううう〜残念です〜(笑)。外出してたのならまだあきらめもつくんですけど、家にいながらみすみす・・・ってカンジで。穴をあける瞬間を観察したかったんですけどね〜。
日本蜜蜂さん、難しいですか・・・。今週に入って、ミツバチの激減は携帯の電磁波のせいか、といった報道が世界をかけめぐったようですね。「なんででしょう?」と訊けるものならミツバチさんたちの口からお話きいてみたいものですよね、ホント。
by team-osubachi2 | 2011-05-13 08:16 | 生きものの世界 | Comments(2)