リフォームひかえ組

目下、世の中も我が家も節電中である。
個人事業主としての自分も、緊縮財政発令中につき「節銭中」である。
今年の着物のわずかな予算はすべて黒紋付の手入れに費やされ、
もう鼻血も出ないありさまだ。
・・・な〜んて、そもそもそんな予算はどこにもなくて
いつもいきあたりばったりでやりくりしてきた。

私の着物のベースは、実家の母親が
まだ私が着物に興味を持つ以前から誂えてくれたもので、
それに自分で買い足して数を増やしていったものの、
その大半は古着屋さんやリサイクル店で買ったものだ。

f0229926_22421871.jpg

いつか直そうと思って余裕のあるときに買っておいたものの、
私の懐具合が改善されるまで、箪笥にも納めてもらえずに
着物箱に入れられたまま日の目を見ずにひかえている
古着や新古品や襦袢地なんかが何点かある。

この格子アンサンブルは平紬だし、羽裏を二枚用意して
二代目の袷コートにしよう。丈はフルレングスにして。
今あるのはもうボロボロになってきたしなあ〜。
からし色に飛び絞りの小紋は、寸法直してこのまま着物として着るべきか?
でも焦茶色のざざんざ織りにあわせて羽織にしたいのよね〜。
濃桃色と紫の絞りは、カメラマン女子の友だちの家で
いただいてきたんだったっけ。
錦紗みたいに柔らかくて薄いから、これは自分でほどいて洗って
二部式の襦袢袖と裾よけにしようかな〜。
木綿の下に着るのに良さそうだし。(でも、それっていつやる?)
・・・などと、あれこれ使い道を考えている。

どんなに早くても、次に洗い張りに出せるまでには
けっこう時間がかかりそうだ。
ときおり風にあたったりしながらも、リフォームのひかえ組は
それまでジッと箱の中で辛抱強く待っている。
Commented by すいれん at 2011-04-15 07:06 x
tomokoさま
控え組、いろいろありますよね。でも、きものは直すと言ってもなかなかお金がかかるものです。そう簡単に次から次へとは、いきませんね(笑) でも、先日、義父の大島をとうとう山本さんに送りました。tomokoさんのような道中着が欲しくて・・・。冬にはきっと素敵なのが出来る筈。楽しみです。 からし色のきもの、個性的ですね~、お似合いになりそう。
Commented by team-osubachi2 at 2011-04-15 16:50
すいれんさん
着物は金喰い虫です〜!ホントに。でも、その分だけ喜びも大きいのですけど〜、いやあ〜、一生懸命に働かなくてはいけませんね。もう馬車馬です。
からし色の小紋、私によく映ります。着物にすべきか悩むところですが、羽織のほうが長く愛用できそうな気がしています。そうそう直してばかりもいられませんし。やっぱり馬車馬でしょうか(笑)。
Commented by 神奈川絵美 at 2011-04-15 22:10 x
こんにちは! 私もかなりの量、スタンバってます。お直しやお手入れに(笑)。きもの歴5年を超えて、こうしたものにも結構予算がとられるもんだなーと痛感しています。
からし色、私も羽織に一票かなぁ。

sognoさんとこ、今日行ってきましたよ。とーっても楽しかったです。絵が描けると、人生5割増しくらい楽しくなるだろうなあと心から思いました。
Commented by team-osubachi2 at 2011-04-15 23:02
絵美さん
お直しも、ひかえ組の他に現役のがあるワケで。それ全部合わせると新しいのが余裕で買えるくらいになっちゃうんですよね。とはいえ、お直しにはお直しの悦びがあるからやっちゃうんですけどネ。いやはや、底なしですね〜。(苦笑)

>絵が描けると、人生5割増しくらい楽しくなるだろうなあと・・・
sognoさんの絵は人生の喜びですもんね。でも、文章が書けるというのも、人生五割増しくらい味わい深くなるんだろうな〜って思いますよ〜(笑)。隣の芝生って青いんです〜。
Commented by sachiko at 2011-04-16 09:51 x
私も羽織に一票~(●^o^●)
ざざんざ織りに羽織られたところ 素敵・素敵!!と妄想しております

私も母のお着物手入れしながら纏っていますと
新しく自分好み・・・ と思っても お手入れ代にお小遣い消えていきますぅ
そこで小物いろいろ駆使しております
Commented by team-osubachi2 at 2011-04-16 23:18
sachikoさん
そうですね〜、やっぱり羽織ですかね〜。黒と茶が交差して焦茶色のざざんざ織り、かっこいい〜んです。この小紋の羽織がピッタリ合いそうなので、早く直して着たいんですけどもね〜。本当お直しものってそれはそれで大変ですよね。頑張って働かねば!!

sognoさんのところで拝見しましたよ。押し花の額、丁寧で華のある作品ですね〜。お人柄が想像されるようでした。
by team-osubachi2 | 2011-04-15 00:13 | 着物のこと | Comments(6)