お雛さま

今日から弥生、3月だ。・・・はやっ!
ということで、3月に入ってまずやってくるのが桃の節句。

私のお雛さまは、若かりし頃に京都のお土産として買ってきた
手のひらにのっかるくらいのかわいらしい豆雛で、
お内裏さまとお雛さまの高さはわずか15ミリしかない。
しょぼい作りながら、それでも三人官女との二段雛ではあるし、
小さな金屏風もセットになっていて、私の大のお気に入りだ。

f0229926_18143371.jpg

もっとも、小さな箱に入ったセットはそこまでで、
ちょっとばかり物足りなくて、後日、画材屋さんで見つけた菱餅と、
左近の桜、右近の橘を買い足してあげたら、
それなりに雛飾りらしい体裁が整って嬉しかった。

f0229926_1817347.jpg

幅がわずか5ミリというお雛さまのお顔(ちょ〜小顔!)は
春のまどろみか、または白酒でちょいとお酔いあそばしたのか(?)
心持ちお目めがトロ〜ンとなっているのがご愛嬌。
ついでながら三人官女のお目めもまどろみ気味であるのに対して、
ひとりお内裏さまだけはニコニコして上機嫌のご様子。
どうやらお内裏さまは寛大なお方でいらっしゃるようだ。

・・・などと、ほのぼのとした豆雛を見ては
阿呆な想像をめぐらせて、一人悦に入っている。
小さきものを愛でるというのは、いくつになっても愉しいものだ。
Commented by ひぐ at 2011-03-01 09:34 x
あぁぁあああ~~~お雛様
私も大好きで、小さな雛人形を毎年ひとつずつ買い足していこうと計画中
まだ2体ですけど・・・・
私が生まれた頃に買ってもらった立派なものもありますが
結局出さないですもんね。
小さなお雛様大好き。
三人官女まで揃ってうらやましいですわ~~
Commented by team-osubachi2 at 2011-03-01 10:46
ひぐさ~ん
集めたくなりますよね〜小さいお雛さま。見るたびにグッと我慢してますけど。
憧れは一刀彫りで五人囃子くらいまで揃ってるのなんですけど、それですら我が家では収納に困るので(苦笑)、まあ、こんくらいがいいのかもデス~。
Commented by はつき at 2011-03-01 18:11 x
ああ、もうそんな季節。私も会社の組織変更があったりでばたばたしていました。

豆雛、ちょっと形は違いますが、先日退職する同僚にプレゼントしました。以前にも、男雛、女雛の一体を、やはり結婚して外国に行く友人にプレゼントしたことも。考えてみると、お雛様は私にとって、春の別れの記憶と結びついているようです。
Commented by すいれん at 2011-03-01 19:46 x
tomokoさま
ちっちゃいものクラブですね。tomokoさんらしいです。こういう小さなお雛様は、無邪気でかわいいけど、年数のたった長平庵のお雛様は時々、怖い(笑)です。
Commented by team-osubachi2 at 2011-03-02 01:02
はつきさん
ねえ、いつのまにかこんな季節になってました!桃の花よりはジンチョウゲの香りが漂い、転勤だの卒業だのの話題があちらこちらにありますもんね。
なるほど、こんな季節の贈り物に、小さなお雛さまを贈るってステキかもです。何かのときに私もそうしてみようかとアイデア拝借させていたします〜。
Commented by team-osubachi2 at 2011-03-02 01:05
すいれんさん
>こういう小さなお雛様は、無邪気でかわいいけど、年数のたった長平庵のお雛様は時々、怖い(笑)です。
うわ〜〜そうかもですね。豆雛程度ならこの程度ですけども、たしかに時代がかってくると、怖いようなお雛さま、ありますよね。でも、長平庵に飾られた立派そうなの、ご縁があれば一度拝見してみたいものです〜(笑)。
Commented by 神奈川絵美 at 2011-03-02 23:48 x
こんにちは! 眺めているだけで笑みがこぼれてくるよな、可愛いお雛様ですねー。豆雛ということですから、視力の弱い私では、この表情は見逃してしまうかも。寒い夜に、ほっこりした気持ちになれました☆
Commented by team-osubachi2 at 2011-03-03 13:12
絵美さん
大丈夫、お顔、メガネだのルーペを駆使すればよ~く見えます。
たまたま手にした豆雛、ほんにほっこり癒してくれますわ~。
by team-osubachi2 | 2011-03-01 00:05 | これが好き | Comments(8)