カメラマン女子の写真展へ

今日は仕事のオフ日。友だちと待ち合わせて、
カメラマン女子・武藤奈緒美嬢の写真展「ハハニナル」を見に出かけた。

京成曳舟駅から明治通り沿いに歩いてゆくと「爬虫類館分館」という
不思議な名前のカフェにたどり着く。
(ちなみに爬虫類の類いはココにはいっさいいません)
居心地のいいテーブルやイス、懐かしいような雑貨に囲まれて、
昼間営業の珈琲店主が淹れる香ばしいコーヒーと、
小ぶりで美味しいベーグル(具は黒豆とクリームチーズのサンド)を
いただきながら、壁や棚にほどよく展示されている作品を拝見した。

f0229926_1831023.jpg

武藤嬢が写しだす妊娠中や出産後の女性たちはみんなキレイだ。
モデルさんたち自身の良さを引き出しつつも
彼女の目線は、ある一瞬を彼女なりの感性でもって
しっかりと捉えている気がした。

それは、もしかしたら、モデルである人それぞれが
(被写体であったそのときにはわからなかったとしても)
人生の山や海をいくつも越えて後に見てみたらば、
きっと、女として、“産む”という能力を持って生まれた身として、
「ああ、私にもこんなに美しいときがあったんだ〜」
・・・と思い出すであろう瞬間がここに写っているんじゃないのかな、と
そんなことを感じた作品だった。

f0229926_18224657.jpg

毎度のことながら、私よりも若い彼女とのおしゃべりは楽しく、
また、その仕事っぷりからは、いつもいい刺激をいただいている。
我が着付け道場の卒業生でもある武藤嬢は、現在
着物の「七緒」やフードの「うかたま」各誌などでも活躍中である。

その武藤嬢のこの日の装いは、清水の舞台からダイブして手込めにした(?)という
琉球は南風原(はえばる)花織の紬に、黄色い絞りの帯。
チャコールがかった灰紫のようなシックな色の紬にあわせた帯の
きっぱりとした黄色が、溌剌とした彼女によく映えていた。

f0229926_1951952.jpg

きっと今後も着物熱のために(もちろん、それだけじゃないけど〜)
精力的に動きまわることだろう。ますますの活躍を祈る!

武藤奈緒美写真展
1月26日(水)〜2月1日(火)/8時〜22時(最終日17時まで)
「爬虫類館分館」(京成曳舟駅下車)
墨田区京島3−17ー7
*カフェギャラリーにつき何か1品ご注文願います
TEL 050-3496-5108
http://www.bunkan.com/blog/
(1/29にイベントあり)

むーちょ写真日記
http://muucyo.exblog.jp/
Commented by すいれん at 2011-01-28 10:16 x
tomokoさま
そーですよね、武藤さんてご本人も七緒とかに載ってらっしゃいましたよね? どこかでお見かけしたような・・・。
お若いのに、素敵にきものを着こなしてらして嬉しくなります。
こういう若い方達に、きもの熱、どんどん感染させたいです。
それにしても、爬虫類館分館、奇妙な名前。
Commented by team-osubachi2 at 2011-01-28 12:51
すいれんさん
さいです。七緒、撮影だけでなく、本人も二度ほど登場しています。
着物を着始めて、たしか4年目になりますか、しょっぱなからものスゴイ勢いで深みにハマってくれまして(笑)。このごろは本質の良い物の見分けがだんだん出来るようになりました。
着物を楽しく着ていると、もうそれだけで他の人に「私も着たいな」って思わせるものがありますから、これからも本業だけでなく着物業(?)も、おおいに活躍してもらいたいものです〜。
Commented by sogno-3080 at 2011-01-28 16:54
こんにちわ。
なにやら気になるカフェに気になる写真展ですね。
その昔出産を経験した私としては惹かれるテーマですわ。
テーブルの上の花器とお花も素敵です。
そしてTomokoさんの横顔写真がなんともイイ感じですね。絵になってますよ!できたら着物や帯も見たかったです。帯留しているのかしら?
Commented by team-osubachi2 at 2011-01-28 19:13
sognoさん
すいません、紛らわしい写真を掲載してしまいまして・・・。写真に写っているのが当の武藤奈緒美嬢です〜。ついでに彼女の南風原花織の着物のアップも付け足してみました。カワイイ織りですよね〜!写ってはいませんが、帯留めは小鳥のブローチでしたヨ。

おかしな名前のカフェですが、ここ、珈琲も美味しいんですけど、日替わりでやってるフード担当がまたよろしくて、この日は焼きたてのパン屋さんの日でしたが、これがまた美味しいのなんのって!!よかったらお友達を誘ってぜひ行ってみてくださ〜い。このお店のすぐ脇にある商店街も下町らしくて、お惣菜やさんもいっぱいですからショッピングバッグ持参でぜひ!
Commented by 神奈川絵美 at 2011-01-29 15:03 x
こんにちは! 南風原の花織ってちょっと土の香りがするような(ネガティブな意味ではないです)素朴さというか、人の良さみたいなのを感じます。着ている人をあったかく包んでくれる感じかなあ。首里花織は少しすました感じ(好きですが)。
同じ花織なのに、不思議~。
お召しのお着物、飽きのこない色づかいでお星さまのようにも見えて可愛いですね。帯の黄色とも相性が良いですね。
Commented by team-osubachi2 at 2011-01-29 19:34
絵美さん
ああ〜、たしかに首里と南風原の花織の違いってそうかもしれないですね。どちらかといえば、私は「土の香り」の方が好みですが、花織に関しては、ダントツに読谷山が憧れですわあ〜。って、おいそれと手が出せる代物ではありませんけども・・・。(笑)
花織は単彩ものよりも、こんなふうにぱっちりとカワイイ色の糸が織りこんである方が好きかもです。
by team-osubachi2 | 2011-01-27 18:54 | 着物のこと | Comments(6)