冬の間に

10日の成人の日、いつもの休日には大寝坊を決め込む私も
この日はちょこっと早めに起きて、軽く朝食をとった後
いそいそと着物に着替えて赤坂ACTシアターへと出かけた。

地下鉄溜池山王駅から地上に出ると、
寒風吹きすさぶ赤坂通りは閑散としていて、人も車もまばらだったが
TBSや赤坂サカスの一帯には人出もあり、
大振り袖の新成人の女のコたちが、定番の白いショールだけで
寒さを物ともせず、あちこちに色をふりまいていてにぎやかだった。

そんな中で、山王日枝神社の鳥居のあたりで、キリッと冴えた青空の下、
透明感のある水色の古典的な大振り袖を着たお嬢さんが
つき添いのお母さんと一緒に楚々と石段をあがってゆく姿を見たが、
ああ、こんな風景もいいものだなあ〜と思った。

f0229926_1484043.jpg

この日締めた帯については、
これももう15年ほども前の話になるだろうか。
友だちと一緒にとある呉服店の売り出しに出かけ
ちりめん地にポップでカワイイ鶴が並んで描かれた帯を見つけた。

地色がグレーのものとパステルグリーンのもの二反があったので
先に見つけた私は、迷わずグレーの方を買うことにしたものの、
一緒に見ていた友だちもこの柄を気に入って、買いたいという。
私は、同じ柄の帯を友だちも持つことにもちろん異存はなかった。
が、友だちとしては、残った方の地色のグリーンがどうも気に入らない。
そこで、その友だちは店主にお願いして
同じくグレーの地色のものを、一反メーカーに染めてもらうお願いをした。

そして染め上がったものは、鶴の下段にならぶ花の色がボルドー色で、
同じ型の染め帯ながら、ほんのちょっとした色の違いで、
私のものとは異なる印象の帯に仕上がった。
私のものは赤茶色の花が並び、これは私向きだし、
ボルドー色の花の並ぶ方は、彼女のつややかな黒髪によく似合っていた。
後日、写真でその姿を見て、この鶴の染め帯は
どちらにもいい納まり方をしたと思った。

鶴の柄はめでたさの象徴として、祝いの席などで
季節を問わず身につけられるものだけれど、
ちりめん地のポップな印象の染め帯だし、気分としては
冬の間に、あえて白い小物を雪に見立てて締めるのが好きだ。
あわせる着物は、なぜか毎度毎度
黒地に細く白い格子のはいった駒結城を選んでしまう。
このひと揃いを着付けるとき、いつも頭のすみっこに
北海道の雪原にいる丹頂鶴の甲高い鳴き声がよぎるんである。
Commented by 植田伊津子 at 2011-01-12 14:20 x
Tomokoさん、こんにちは。

いい帯ですね。とても可愛い!
どちらかといえば鶴のモチーフは仰々しくなりがちですが、こちらは軽い感じで、普段に使えるところがうれしい。

たとえば……結城とかの亀甲紬と合わせて、「鶴亀」というさりげないコーディネートもできそうです(^_^;)。……なんとなく運気がアップしそう!
Commented by すいれん at 2011-01-12 17:31 x
tomokoさま
可愛い帯ですね。tomokoさんが描かれたみたい、なんかほっこりします。地色もいいし、黒地の駒結城と好相性。
Commented by team-osubachi2 at 2011-01-12 17:33
伊津子さん
こんにちは!この帯、伊津子さんにそう言っていただけるなんて、なんだかこそばゆいです。
うわ!結城の亀甲とで「鶴亀」なんて、思いつきませんでした〜。でも、いいですねえ〜それ。ああぁ・・・どこかからすごく大きなお仕事降ってこないかなあ〜?!(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2011-01-12 17:36
すいれんさん
ありがとうございます。私の手持ちの中ではめずらしいタイプの柄ですが、これ、今後もご縁があるなら、おばあちゃんになっても締めていたいな〜、な〜んて思ってます〜。ひとまず大事にしておきます〜。
Commented by sogno at 2011-01-12 21:46 x
鶴、いいですね!色々な動きをしているので、じーっと
観察してしまいました(笑)こんな帯を持っていたら
楽しいでしょうね~ 「白い小物を雪に見立てて・・」
そんな愉しみ方もあるのですね。そういえば帯締めも
白!どこか、きりりとした風情もある印象。
Tomokoさんの帯や着物に纏わるお話し、毎回とても
興味深いです。
Commented by team-osubachi2 at 2011-01-13 00:08
sognoさん
ありがとうございます〜。こういうポップ系のものって、買うときには熱がいっぱいでも、じきに飽きるんじゃないかと思った時期もありましたが、思いのほかいまだ飽きずに締めております〜。(笑)
でも、たいした代物でもないのに、鶴をメインにするとなかなか他の着物とうまく合わせられなくて・・・。
単に自分が釈然としないだけの話なんですけど、もっと年齢がいくと、また違った合わせ方が出来るようになるかもですね。
着物を着てると、年齢をとるコトがちょっと待ち遠しいような楽しさを覚えます。洋服ではなかなか味わえない妙味かもですね〜。
Commented by 神奈川絵美 at 2011-01-13 00:36 x
こんにちは! 微笑ましいエピソードですね。まったくおそろよりも、ちょっとだけ違う方が連帯感?も増すような。
鶴がいっぱいで賑やかな構図なのに、色やタッチがさらっとしているせいか、とても端正に見える素敵な帯ですね。
Commented by team-osubachi2 at 2011-01-13 08:56
絵美さん
ありがとうゴザイマス〜。
昨年暮れ頃の某雑誌の着物人コーナーでもその友だちが登場してたんですが、他にも睫毛のついたカワイイ龍だの、絵文字松竹梅だのといった帯が紹介されていました。若いときからそんな遊び心のあふれた帯が好きな人なので、そんな彼女のテイストにこの鶴もマッチしたんだな〜って思います。
Commented by sachiko at 2011-01-13 23:42 x
可愛い動き&表情 ほっこり鶴さん帯のファンになってしまいました。

同じ図柄でも挿し色で雰囲気変わりますよね。
それぞれにぴったり・・・ 取り出すたびに思い出しては(●^o^●)
「大人可愛い」で年を重ねても登場させてくださいね。


Commented by team-osubachi2 at 2011-01-14 00:51
sachikoさ〜ん
ありがとうございます〜。
この帯、おばあちゃんになって締めてもカワイイかな〜と思ってるんです〜。
まわりに「大人可愛い」着物のセンパイがたくさんいらして、われわれ後輩も続いてがんばりたいと思います〜。
by team-osubachi2 | 2011-01-12 09:21 | 着物のこと | Comments(10)