小芋がいっぱいあったから

昨日4日は自分の仕事始め。
でもって5日は着物でまた遊びに出かけたのだけれど、
(年賀状はいったいど〜なったわけ?ああ〜・・・)
夕方に帰宅して着替えたとたん、ドッと疲れてしまった。
う〜ん、年末年始の疲れがいまごろ出てきたのかもしれない・・・。

重いカラダにカツを入れて、さて夕飯は何にしよう?と
冷蔵庫や野菜箱を見てみた。
暮れに実家から送られてきた
たくさんの小さな里芋を見ていたら気がついた。
そうだ、茹でればいいんじゃん!

f0229926_23342050.jpg

ということで、おかずの一品は茹でた小芋に
ゲランダの塩と、めんたいマヨネーズを添えてみた。
泥をよ〜く落として茹でただけとはいえ、
つるりと皮が剥けて食べやすい上に、小芋そのものの旨味というのか、
まあそのおいしいこと、美味しいこと!
添えた塩もめんたいマヨも、ほんのちょびっとだけにした方が
よりいっそう美味しいんである。

ニコニコと舌鼓を打っている間、
疲れのことはすっかり忘れてしまっていた
今夜のしみじみご飯だった。
Commented by すいれん at 2011-01-06 10:28 x
tomokoさま
分かります。こういうのって、ほんと、おいしいんですよね~。
私も同じ日、残った八つ頭で煮っ転がしを作りました。
Commented by team-osubachi2 at 2011-01-06 14:42
すいれんさん
昨日はおつきあいいただいてありがとうゴザイマシタ〜!
北陸には出回らないものなので、八つ頭、実は私、相方と一緒になるまで知らなかったんです。でも前回のお正月で初めて食して以来、すっかり大ファンになりました。季節の限り、八つ頭、私も炊いていただきます〜。
by team-osubachi2 | 2011-01-05 23:48 | しみじみご飯 | Comments(2)