熊本城の石垣

旅の二日目18日の土曜日は、
熊本市内へと移動してから、まず熊本城をまわった。
学生のころから歴史小説が大好きで、その歴史的眼鏡と妄想力(?)のおかげで
訪れる先がどんな地味であっても、充分にその場所を楽しめるのだが、
こんな超メジャーな観光地では、ことさら歴史に興味がない人であっても
あの立派な天守閣の偉容を見ただけで、
観光するという満足感を得られる場所ではないかと思う。

f0229926_8361484.jpg

そういう私も、熊本市内を歩いていて、街中のあちらこちら、
ビルとビルのすき間から、ちょっとでも高い天守閣が見えると、
見えるたびに「おお〜おっ!カッコイイ〜!」と感動してしまう。
このお城は肥後の國の、熊本の街の、まさにシンボルなのだなあ。

ホテルに荷物を預けて、そこからほど近いところにある
櫨方門(はぜかたもん)から城内に入った。

f0229926_8351565.jpg

私がここで一番見たかったのは、なんといっても石垣だ。
美しいカーブを描いてせり上がってゆく隅石の角を舐めるように見上げる。
う〜んん、なんと見事な石垣だろうか!・・・と、ウットリする。

残念ながら、歴史は好きでも、お城の世界には無知なのでよくわからないが、
関ヶ原の合戦とそれ以降の時代、当時の名だたる武将たちによって
たくさんのお城が築かれたのだろうとは思うけれど、
あてずっぽうに言うと、こんな大きな天守閣を築くようになったのは
織田信長公の時代ぐらいからではないのだろうか?
信長公のそれより以前の時代、上杉謙信公の春日山城は
お山の上に築かれているせいもあり、こんな途方もないほど立派な石垣はなく、
むしろ山の斜面に残っている土塁がリアルだったのを思い出す。

f0229926_8334276.jpg

清正公が築いた勾配の揺るやかな石垣(写真右側)の、その同じところへ、
細川時代に急勾配の石垣(写真左側)が加えられたという
「二様」といわれる部分を見ると、時代を追って石工たちの技術の向上と
組み方も洗練されていく様子がわかるようになっているそうだ。

熊本在住の知人によると、「この築城に携わった肥後の石工たちの技術が
九州のあちらこちらに今も残る石橋に受け継がれているのだと思う」
と言っていたけれど、なるほど、そういうこともあるかもしれない。

f0229926_8373889.jpg

そして、石垣をたっぷりと楽しんでから天守閣に上ってみた。
(まあ、内部の展示もざっとだけ拝見し、新築でキラキラな本丸御殿はパスして)
前々からこの天守閣からの眺めもぜひ見てみたい!と思っていた。
なぜなら、ここから見る肥後の山々の景色こそは、
寸分違わず築城当時そのままの景色だから・・・。

時代とともに、領主をはじめ、城の規模や建物や、
城下の様子や人々の暮らしぶりがどんなに変わろうと、
そういうことにまったく関係なく、
そこに在り続ける不動の山々の姿を見ながら、
はるかな古に想像をめぐらすのが、私はとても好きだ。

熊本城公式ホームページ
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
Commented by よしだ at 2010-12-21 10:56 x
おお!熊本城!!!そこにありながら、なかなか中までいけません!
熊本に来てくださって、熊本を楽しんでくださって、こうして紹介してくださって、本当にありがとう!!!!ものすっごくうれしいです!
(やっとネットつながりました。おそ~~)
Commented by sogno at 2010-12-21 17:10 x
遅ればせながら、お帰りなさいませ!
お二人で熊本旅行楽しまれてきたのですね。いいな~
そういえば私も30年前に熊本城行ったかも。
食べ物の記憶しかなくて情けないです・・
石垣のカーブ、よく見たらホントに美しいですよね!!
あのようなカーブを作り上げた知恵と技術って驚異です。
Commented by team-osubachi2 at 2010-12-21 19:15
よしださ〜ん
まだ会期中ではありますが、おっつかれさまでした〜!くまもと、よかところじゃね〜!相方は「また行くっ!」と言っています(笑)。今度は、その田舎にある石橋を見てみたいな〜って思いました。
Commented by team-osubachi2 at 2010-12-21 19:21
sognoさん
ただいまで〜す!はい、二人で熊本行ってきました。仕事でもないのに、もしも一人で行っていたら、行けるところも限られて、食事時間もつまんなかったろうな〜って思います。(いやしんぼ根性なら負けないつもりです〜、あは!)
今度、皇居でもいいですから、石垣のあたり見てみてください。そして石工のそういう仕事を見たあとにでも、よかったら有吉佐和子の「真砂屋お峰」読んでみてくださいませ〜。

by team-osubachi2 | 2010-12-21 00:10 | 旅をする | Comments(4)