青山で紅葉狩り

昨日2日の朝のこと。それまでお天気とのにらみ合いが続き、
予定を二転三転させたあと、どうやら日中はお天気が保ちそうだというので
「今日行きましょうか?」ということになり、
それからエイヤッと着物に着替えて、
ブログ仲間のすいれんさんと、青山の根津美術館へ行ってきた。

f0229926_1831160.jpg

表参道で愉しいおしゃべりとランチをしたあと、根津美術館へ移動し、
いま開催中のコレクション展「絵のなかに生きる」を見た。
ことに好きな屏風「曽我物語図屏風」と「犬追物図屏風」を
細部にまでわたってよ〜〜〜く見ると
本当に隅々の人物から草一本にいたるまでていねいに
神経がゆきとどいて描かれているコトに頭が下がる思いがした。
ああ、物語などの挿し絵を描くのに、
自分はずいぶんと勉強が足りないなあ〜。ううう〜む・・・。

f0229926_18272175.jpg

そのあと、この美術館の名物庭園を散歩した。
秋口にぐっと冷え込んだのがさいわいしたのだろうか、
今年の紅葉はひさしぶりのあたり年だったようだ。
茶色でなく真っ赤に染まったモミジを見たのは何年ぶりだろう?
まあ〜そのキレイなこと!あでやかなこと!しばしウットリ・・・。

ところで、この日のすいれんさんの装いは、焦茶色の無地紬に、
タペストリーを織る作家さんのものだというぬくもり色の八寸帯。
そしてシックな小紋の長羽織を、細い肩にしっとりと羽織っていらした。
私の方は、ざざんざ織りのやたら縞に、草木染めのざっくりとした無地八寸帯。
そして、この春、友だち主宰の「たんすの肥やし交換会」でいただいてきた
引田絞りの羽織という格好。

着物の裾を揺らしながら、紅葉が散り敷く小径を歩いてまわるなんて、
ガサツな私でも、うふふ、おほほで、なんだかとってもいい心持ちだった。
しかし、何度訪れてみても、この庭は
都会のド真ん中にあるとは思えないほど木々の緑が深い。

f0229926_18292090.jpg

青山での紅葉狩りをたっぷりと満喫したあと、
骨董通りにある「古民藝もりた」さんへ向かった。
すいれんさんも布好きだけあって、二人であれがいいのこれがいいのと
しばらくの間アドレナリンを放出しながら、古裂を見て楽しんだ。

結果、すいれんさんは、ご自分によく似合いそうな
大人色の深くて赤いインド更紗の布を、帯にするためお買い上げ。
ひとの買い物ながら、仕上がりがとても楽しみだ。

f0229926_18432438.jpg

最後に所用があって、ちょこっと「青山ゑり華」さんに立ち寄ってから
暮れゆく青山をあとにして家路についた。
おだやかな初冬の一日を、のんびりと楽しんだ一日だった。

根津美術館
http://www.nezu-muse.or.jp/
Commented by すいれん at 2010-12-03 11:16 x
tomokoさん
昨日はありがとうございました。
素敵な一日でしたね~。
また、美術館巡りしましょうね。
それにしても、ざざんざ織り、素敵でした!
お写真もたくさん、送ってくださってありがとう。
Commented by sogno-3080 at 2010-12-03 17:12
お着物で美術館巡り、いいですね~
根津美術館、お庭が見事ですものね。一度行ったことが
ありますが、館内より庭で過ごした時間の方が長かった
記憶があります。ざざんざ織り、気になるお名前!!
お写真、つつーーっとも少し上のほうまで見せて
頂きたかったです。
ところで、昨日某所で聞いた話しの中に、河合隼雄さんの名前が出てきたので、ハッとしました。tomokoさんが挿絵を描いた本の著者の方でしたよね。
Commented by team-osubachi2 at 2010-12-03 20:49 x
すいれんさん
こちらこそ、お誘いいただいてありがとうございました〜!おかげさまでようやく新しくなった根津美術館へ行けました。
また、こちらからも緑の多い場所での面白そうな美術展を見つけたら、お誘いしますデス。
ざざんざ織り、プロパーではとても手が出ませんが、大好きなので、なんとか存続していってもらいたいな〜って思っています。
Commented by team-osubachi2 at 2010-12-03 23:44 x
sognoさん
美術館でも有名画家展は近年もの凄い大勢の観客が押し寄せるのにくらべて、根津美術館、人もスッキリ適度な人数で、ゆ〜っくりと観賞できてとてもよかったです。
ざざんざ織り、大好きな着物です!枝分かれした伊兵衛織りとまったく同じ柄もあるのに、ざざんざ織りの方がマイナー扱いなので、ついざざんざの方を応援したくなっちゃうんです。私の着姿はすいれんさんが撮ってくださいましたので、上記コメント欄のすいれんさんのお名前をクリックしていただくと、すいれんさんのブログで見ていただけます〜。
河合隼雄さん、はい、遺作「泣き虫ハァちゃん」でご一緒させていただきました。今でもあのご縁が嘘みたいに思いますデス。
Commented by 神奈川絵美 at 2010-12-04 01:29 x
こんにちは! きゃー行かれたのですね根津美術館。私は5月の新緑の時期に行きましたが、ホント都会のド真ん中とは思えない風情ですよね…うーん紅葉の下にたたずむすいれんさん、雑誌の1ページみたいだわ☆
Commented by team-osubachi2 at 2010-12-05 10:21
絵美さん
はい〜、行って参りました。すいれんさん、絵になってますデスね〜!
あちらのお庭もカエデ科の樹木が多いので、新緑の季節もいいですよね〜!燕子花図屏風の展示期にぴったりです。
根津美術館と五島美術館は茶道とも所縁の深い美術館ですから、もし機会がありましたら、お茶会で行けるとさらによろしいですよ〜。各茶室からの眺めも素晴らしいです。
by team-osubachi2 | 2010-12-03 00:09 | 着物のこと | Comments(6)