ピーコさんに褒められた縞

浜松に、ざざんざ織りという着物がある。
20年ほど前に買った講談社の「美しい朝夕」という本の着物編の一冊の中に、
時代裂のコレクターの方が着ている着物に見入ったことがあった。
すばらしい光沢感で、ところどころネップのような
節がでているこの着物はいったいなに?と思っていた。
(当時の私は、この節糸が布の傷みだと勘違いしてたけど)
写真で見ても、ものすごい存在感がある。
なんだかすごく素敵!と思ってしまう。
コレクターの方も、見るなり着てみたくなったという
その着物がざざんざ織りだった。

f0229926_1022893.jpg

実際にそのざざんざ織りを手にしたのはほんの数年前のことだ。
伊兵衛織りとざざんざ織りを見てみたくて訪れた銀座の灯屋さんで
店長のSさんに「これがあなたに似合うと思います」と薦められたのが
深緑色を中心としたやたら縞のざざんざ織りだった。
え〜?これ、アタシに似合いますか〜?
それまでの私では手を出さないような色みだったけれど、
でも、羽織ってみると、オトコ顔の私の顔が柔らかにたつ。へえぇ〜!

一見無骨で、ものすごくクセのある着物なのに、見れば見るほど、
絹ならでは光沢と、人を惹きつける不思議なチカラ強さがあって、
すっかり頭の中がグルグルしてしまった。
プロパーで買うのはとうてい無理な代物でも、
リサイクルでならどうにかこうにか可能だ!
・・・というコトで、エイやっ!で手込めにすることにした。

(蛇足:この縞とまったく同じ縞の伊兵衛織りも市場には出回っている。
ざざんざ織りと伊兵衛織り、どこでどう枝別れしてしまったのか、
私などにはよくわからない・・・)

f0229926_16115747.jpg

新宿二丁目の路地の一角に、品のいいカウンターだけの小さなバーがあり、
独身時代、たいして飲めもしないのに、どこかガス抜きしたい気分もあってか、
よく一人で飲みに立ち寄った。
お店には、二丁目のほがらかな人々(?)の中でも
ひときわ強烈なピーコさんもよく寛ぎにいらしていて、
もちろん女の私はピーコさんの視界にはまったく入らないのだけれど、
あるとき、この着物を着て出かけた帰りにバーへ寄ったところ、
ピーコさんが私のなりを見て「あら、いい縞着てるわね」と言ったのだ。

うわっ!めずらしいコトもあるもんだ!
思わず「ありがとうゴザイマス!」と返事したものの、
褒められたのは私ではない。この縞だ。
妻がピーコに褒めら〜れた♫♪・・・という某着付け学校のCFがあったけれど
縞がピーコに褒めら〜れた♫♪・・・というざざんざ織りである。
Commented by すいれん at 2010-12-07 10:07 x
tomokoさま
本当に見るたびに表情の変わる織りで、見とれてしまいます。
時々、ぼこっと出る横糸もなんだか味わいがあって、素朴なんだけど、そこはやっぱり絹の優しさもあり、すっかりファンになってしまいました。ざざんざと、伊兵衛織りの違いは何なんでしょうか?
今度、講義してくださいませ。
Commented by team-osubachi2 at 2010-12-07 16:37
すいれんさん
伊兵衛織り(高林家)と、ざざんざ織り(平松家)の違い、よくわからないんです。それぞれの由来や出だしの話がネットで探すと出てくるんですが、世間には流出しない「何か」があって枝分かれしたのではないかと勝手に考えています。まったく同じ柄や織りがあるのに、どうしてだか、お互い頑なに決して交わろうとしない雰囲気がありますね。
伊兵衛織りの方はプロデューサーがついていましたし、洗練された感があって、マスコミにもおおいに受けていますよね。
多少泥臭さが残るのはざざんざ織りの方ではないかと思います。
どちらも見本裂からオーダーで織ってもらう織物なので、現物ではありませんが、来春、機会がありましたら、まめに展示会をやっている伊兵衛織りを見に行ってみましょう。ただし、見るだけ、ですが・・・。誰かオーダーするとこ、いっぺん見てみた〜い!!(笑)。
Commented by 神奈川絵美 at 2010-12-07 22:38 x
こんにちは! 灯屋さんGood Job!ですねぇ、ピーコさんに褒められるとは大した縞ですわ(笑)。
でもホント、不思議な色のマジックがあるような…ピンク色が入っているのが、優しく見せるポイントなのかしら。
Commented by sogno at 2010-12-08 08:12 x
存在感たっぷりのお着物ですね。初めてみた時から
強烈な印象がありました。色のバランス、布の表情が
なんとも言えない魅力があるような気がします。
ピーコさんの気持ち分かるわ~
銀座の灯屋さん、時々遊びに行きます。
よく、つきあたり奥の喫茶店で珈琲いただいて帰りますよ ♪
Commented by team-osubachi2 at 2010-12-08 09:31
絵美さん
通常の4倍もあるといわれる糸だと、織りの組織も大きくて、それだけ見る方向によって色の表情が変わるのがよくわかる、なんとも魅力的な布です。
以前、ある女性芸能プロデューサーの方に云われたのは、普通、女性らしいものを着て女らしさを出すと考えがちだけれど、(私みたいな)ボーイッシュな人には、ボーイッシュらしい、またはマニッシュでカチッとした服装の方がいいのよ、と。その方がかえってボーイッシュの奥にある内面の女性らしさが現れるものなの、と云われました。以後、ずっと参考にしているアドバイスです。
この着物を薦めてくれた灯屋さんのアドバイスにホント感謝です〜。
Commented by team-osubachi2 at 2010-12-08 09:31
sognoさん
インパクトのある一枚ですよね。着ていると、布好きと思われる人たちから「コレは何ですか?」とよく訊かれます。
先日、銀座店の新しいお店に初めて寄って、Sさんに今ごろになってピーコさんのコトをお話をしましたら喜んでいました。別のお客さまは着物を着ていて、デパートだかで、美輪のおオネエ様(笑)に褒められたそうですヨ。男女中間(?)を問わず、褒めていただくって、やっぱり嬉しいものですね〜。
by team-osubachi2 | 2010-12-07 09:53 | 着物のこと | Comments(6)